ついにうちの親が認知症と言われてしまった!

これからどう接すればいいの?24時間介護しなければいけないの?

 

SPONSORED LINK

 

年齢を重ねて高齢になれば、誰もが通る道である認知症。

年を重ねた自分の両親も、もちろん例外ではありません。

 

認知症=介護というイメージですが、診断されたからすぐに介護が始まるわけではありません。

不安を安心に変えるためには、まずあなた自身が認知症を知ることが大切です。

 

認知症の症状やどう接すればいいかを分かっていれば、症状を遅らせることも可能です。

ここでは認知症の中核症状について考えていきましょう。

 

認知症ってどんな病気?主な症状は?

%ef%bc%91

Original update by:はむぱん

 

認知症と聞くと、どんな症状を思い浮かべますか。

物忘れが激しくなる、フラフラと出歩いてしまう、怒りっぽくなるなど、思い当たる節があるのではないでしょうか。

 

認知症は様々な原因で脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなることで障害がおこり生活するうえで支障が出ている状態のことをいいます。

 

いくつかの種類に分けられますが、大きく分けると4つです。

 

 

・アルツハイマー型認知症

・脳血管型認知症

・レビー小体型認知症

・前頭側頭型認知症

 

主な症状としては、大きく2つに分けられます。

行動や心理症状に現れるBPSDと中核症状です。

 

妄想を抱く、暴力をふるう、徘徊する、無気力になるなどの症状は本人の性格や環境の変化などが加わって起こる症状です。

 

これは周辺症状、別名BPSDと呼ばれていて、認知症と言われた時に想像しやすい症状が多く含まれます。

 

そして、もうひとつは中核症状です。

中核症状は「脳の細胞が壊れる」ことで起こる症状を指します。

 

具体的にはどんな症状なのでしょうか。

 

認知症の中核症状ってどんなもの?

認知症の中核症状は上記した通り、脳の細胞が壊れることで出てくる症状です。

脳の細胞が壊れると言っても簡単に想像できることではありません。

 

周りの人に影響されることもなく、過去の記憶に左右されることもなく脳が壊れることで直接起こる症状を表わしています。

 

もっと具体的な症状は…

 

 

・直前に起きたことも忘れてしまう記憶障害

・筋道を立てて思考ができなくなる判断力の障害

・予想外のことに対応できなくなる問題解決能力の障害

・計画的に何かを実行できなくなる実行機能障害

・自分がどこにいるのか分からなくなる見当識障害

 

 

他にも服が着れない、道具の使い方が分からない、物の名前が分からないなど認知症になると誰にでも中核症状が表れます。

 

このような症状が進行することで、不安から幻覚が見えたり、急に怒りだしたり言っている事に脈略がなかったり、混乱するといった多動的な症状に繋がっていくのです。

 

認知症の中核症状に有効な治療法はある?

%ef%bc%92

Original update by:笑い鬼

 

自分の親が認知症だと判断されたからといって、すぐに介護をしなければいけないなどと悲観的になる必要はありません。

 

認知症は長い時間をかけて緩やかに進行していく病気です。

病気の進行をできるだけ遅らせて、本人が少しでも長くその人らしく暮らしていくことは可能です。

 

そういった支えがあることで、家族の介護の負担を軽減することができます。

元の状態に戻すことは困難ですが、病気の進行を遅らせることは可能なのです。

 

認知症の治療には「薬による治療」と「薬を使わない治療」があります。

 

  • 薬による治療

 

認知症の薬物治療には認知機能を増強して、中核症状を少しでも改善して病気の進行を遅らせる治療と行動・心理症状を抑える治療があります。

 

強い薬を使うので薬の効果と副作用を定期的にチェックしながら症状に合わせて使っていくことになります。

 

薬を飲んでいても認知症の症状は進行しているので気になることがあれば、すぐに医師に相談することによって、より良い治療に繋がります。

 

  • 薬を使わない治療

 

認知症と診断された後でも、本人にできることはたくさん残っています。

家庭内で本人の役割や出番を設けて、前向きに日常生活を送ることが大切になってきます。

 

認知症の治療には脳を活性化させることが必要になります。

書き取りやドリルなどのリハビリを始め、昔の出来事を思いだしたり、家族以外に人との交流も良い刺激です。

 

 

・昔から続けている趣味を継続させる

・ウォーキングなどの軽い運動を続ける

・ペットを飼う

 

 

このようなことを家族が上手にサポートしてあげることで、脳の活性化に繋がります。

家族や周囲の接し方次第で、認知症の症状を遅らせることも不可能ではないのです。

 

認知症の中核症状が現れた場合の接し方は?

 

認知症の中核症状が現れ始めた場合、周りの家族の接し方によっては本人をより不安にさせて、症状が悪化してしまうことになりかねません。

 

そこで、中核症状の主な症状別に接し方を見ていきましょう。

 

  • 記憶が思い出せない

 

認知症の人にとって記憶が思い出せないのは、忘れているのではなく記憶に残らないためです。

残らない記憶は本人にとっては「なかったこと」と同じなのです。

 

ですから思い出せない場合や記憶違いがあっても、間違いを指摘したり責めたりするのはタブーです。

その時に感じた嫌な感情は長く残ってしまうので、嫌な気持ちがずっと記憶に残ってしまいます。

 

1番不安なのは本人なので、不安をあおるようなことを言うのではなく

安心させてあげるような対応を心がけましょう。

 

  • 怒って大声で奇声を上げる

 

認知症だからと言って意味もなく怒ったり、奇声を上げているわけではありません。

何故、そんな行動を起こすのか原因を探してみることから始めましょう。

 

 

・自分の気持ちを上手く伝えることができないイライラ

・痛い、痒い、暑い、寒いなどの不快感

・漠然とした不安

 

 

これらが大きくなることで叫んだり攻撃的になってしまうのです。

本人が落ち着ける環境へ移動してみたり、別の人が対応することで症状を軽減できるようになります。

 

  • 徘徊をする

 

認知症の症状の中で徘徊を始めてしまうと、いよいよどうしたらいいか分からないと感じる人も多いでしょう。

徘徊の理由はその人の性格や置かれている状況によって様々です。

 

動き回るのを無理やり止めようとすると逆効果なので、まずは優しく話しかけましょう。

「どこへ行きたいのか」「何か不安なのか」「どうしたのか」イライラしながら話すのではなくあくまで語りかけるように話しかけます。

 

よく話を聞いてあげることで、溜め込んでいた不安が解消されておさまることもあります。

また、デイサービスなどで仲間を作ったり、趣味を見つけることで徘徊が減ることもあるのです。

 

無理に閉じ込めるのではなく不安や焦燥が軽くなるように穏やかに受け止めてあげましょう。

万が一のことを考えて洋服などに氏名や連絡先が分かるものを縫い付けておくと安心です。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

家族が認知症になってしまったら、そこからは家族の接し方が重要になります。

接し方によっては症状を緩和することも悪化させることもできるからです。

 

認知症の相手に接する時のポイントは…

 

 

・本人を責めたり、否定したり、閉じ込めたりしないこと

・まずは話を聞いてあげることで、本人の世界観を認めてあげること

・医師に相談して薬物治療を行ったり、家庭の中での役割を決めてあげる

 

 

認知症を完全に治す薬は残念ながら発明されていませんが周りの家族の接し方次第では、症状を遅らせて穏やかに生活することが可能なのです。

 



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです