訪問介護ならではの悩みってどんなものがあるんだろう?

訪問介護で抱える悩みの解決の方法を知りたい。

 

SPONSORED LINK

 

どんな職場にも悩みはつきものですが、人と直接触れあい専門的な知識や技術も要する介護職の悩みにはどんなものがあるのでしょうか。

さらに職場環境でも施設介護と訪問介護では、悩みの内容が違ってくるのではないでしょうか。

今回は、そんな介護のお悩みの中でも訪問介護(ヘルパー)の方が抱える悩みとその解決方法についてまとめてみました。

 

・訪問介護(ヘルパー)ってどんな仕事?

 %ef%bc%91

Original update by : 写真AC

高齢化が進む中で介護のお仕事は引く手あまたの職業です。

さらに介護内容の多様化で介護士さんのお仕事も施設内だけにとどまらず利用者さんのお宅に訪問してそこで介護をする「訪問介護」というスタイルもますます需要が高まっています。

 

訪問介護では、利用者さんが可能な限り自宅で自立した日常生活を送れるようにというのがコンセプトになっています。

なので、ヘルパーさんは基本的な生活支援を行います。

 

例えば、食事・入浴介助・排泄・通院送迎などの身体的な介護や掃除・洗濯・買い物・調理など生活全般の支援が主だったお仕事です。

介護という面で考えても介護する側の目線に立って作られた施設と異なり、健常者が住むために建てられた自宅ではバリアフリーが整ってないお宅も多いでしょうし、基本的に間口が狭いなどの物理的な悩みも多そうです。

さらに自宅という狭い空間で利用者さんと一対一の介護です。利用者さんとの距離感についても悩みそうですし何かあった時の瞬時の判断などにも困ることがあるのではないでしょうか。

次に訪問介護ならではの悩みにはどんなものがあるのかを考えていきましょう。

 

・訪問介護(ヘルパー)によくある悩みとは?

訪問介護でよくある悩みをいくつか挙げてみましょう。

 

・「担当者を変えてほしい」というクレームが利用者さんから入った

施設介護とは違って一対一で行う訪問介護。

施設であれば利用者さんも他の職員がたくさんいて気がまぎれることも第三者に話して冷静な意見を聞くことのできますよね。

訪問介護では、自宅という狭い空間でどうしてもお互いの距離感が近くなり利用者さんも逃げ場がないので一度目につきはじめると気になってしょうがなくなります。

直接ヘルパーに文句を言ったり、事業所にクレームを入れたり、そういったトラブルはよくあることのようです。

 

・訪問介護が初めてなのに初日から一人で介護することになり、緊張感と負担感が半端ない

まず安心してもらいたいのは、新人ヘルパーが最初から一人で訪問介護をするなんでケースはほとんどないということです。

最初は、先輩ヘルパーやサービス提供責任者が同行訪問して、そこのお宅でのやり方を教えてくれるのが基本です。

しかし、その同行訪問が何日あるかはその事業所の方針によりますし、同行訪問後は一人で利用者さんの自宅に行くわけで、咄嗟の判断は自分一人で行わなければいけません。

何かが起こるかもという緊張感は、施設介護よりも訪問介護の方が何倍も強く感じるのではないでしょうか。

 

・移動が多く疲れる

これは見落としがちな所ですが、訪問先ごとの移動がその都度で発生します。その点も勤務時間に含めて考えなければいけません。

特に1日に複数の利用者宅を訪問するシフトを組む場合は、利用者宅と利用者宅の移動が必要になりますし、時には待ち時間が発生します。

移動手段は、事業所のものであったり自己所有のものであったり様々ですが移動の最中に事故に遭うなんてリスクもあるわけです。

 

 

・訪問介護(ヘルパー)の悩みを解決する道とは?

%ef%bc%92

Original update by : 写真AC

それでは、これらのお悩みを解決する道はあるのでしょうか?

もちろん、あります。

自分一人で抱え込まずにまずは所属している事業所やサービス提供責任者に相談してみましょう。

利用者さんからのクレームなどは理由を確認してもらってヘルパーとして改善できることはして、もしも難しいようであれば交代という措置を取ってもらえば済みます。

人間同士のことですので「相性が悪かっただけ」という開き直りも時には必要です。

移動の問題もやはり事業所に相談して移動が少ないルートに変えてもらうとか集合住宅を希望するとか方法はあります。

 

もしも移動手段が自転車であれば電動アシスト付きの自転車に変えるだけでもかなり楽になると思いますよ。

日々の業務内での小さな悩みや困っていることも一人で働いていると出てくると思います。

そんな時は、日本ホームヘルパー協会のサイトを覗いてみるのも一つの手です。

自分と同じことで悩んでいる人がいるんだと励ましにもなりますし、解決の糸口が見つかるかもしれませんよ。

それでも解決しそうにない場合は、サービス付き高齢者向け住宅に併設している事業所や時短勤務やパートで働ける介護施設への転職も選択肢の一つだと思います。

 

訪問介護(ヘルパー)によくある悩み|まとめ

いかがでしたか。

訪問介護には、施設介護にはない悩みが出てきます。

利用者さんとの距離が近い分どうしてもクレームも出てきやすい傾向にあります。

さらに1日に複数人数の利用者さんを介護するとなると移動もしなければいけません。お宅に行けば一人で何でも判断しなければいけません。

訪問介護をされているヘルパーさんは大小さまざまな悩みを抱えながら日々頑張っているわけです。

そんな悩みを解決するには、まずは事業者やサービス提供責任者への相談で解決の糸口を探りましょう。

それでも難しいようなら介護施設や条件面で改善の見込める事業所への転職をオススメします。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです