もうこれ以上は限界!でも辞めさせてもらえない。

いったいどうすれば良いの?

 

SPONSORED LINK

 

・汚れが目立つトイレや床、壁を丁寧に掃除して水拭きもしているのに、「掃除が出来ていない」とクレームが来る。

 

・利用者からはセクハラまがいな言動を浴びせられる。

 

・休日出勤ばかりで、サービス残業も多い。

 

努力をしているのに、クレームばかりを受けていると誰でも嫌になってしまうものです。

 

ここでは、訪問介護で悩んだ時の解決策をまとめました。

 

辞めるかどうか決めてしまう前に、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。

 

訪問介護を辞めたい理由は?

Original update by : 写真AC

 

 

高齢化社会に伴い、注目されている介護の仕事。なかでも訪問介護のヘルパーはその仕事形態が特殊なことから、仕事が難しく辞める人も多いのが現状です。

 

施設での勤務と違い、自宅に訪問する形となる訪問介護のヘルパーには、訪問する仕事ならではの難しさや悩みが多くあります。

 

訪問先の利用者との人間関係の難しさやクレーム

1対1での介護となるため、利用者に苦情を言われることも多くなります。

また契約していた仕事内容とは違うものをさせられたり、また介護先の家族とのトラブルに発展するケースが多いのです。

 

他人の目がありませんので、その悩みを抱えたまま一人で悩んでしまうといったことも多く、

辞めたいと思う気持ちにつながることもあります。

 

周囲(家族)からの理解が得られない

訪問する家への移動で1時間も2時間もかかる事もあります。

休日出勤やサービス残業が多く、家族からの理解が得られずに家庭が崩壊してしまうケースもあります。

悩みを抱えたままの勤務は難しく、自身の体調や精神を患ってしまう方も多くいます。

 

もう辛くて今すぐ辞めたい!

 

いくら訪問介護が辛くても、辞める前にしなければならない事もあります。

とりあえず退職してから考えよう、と思うのは実は大変危険なことなので注意が必要です。

 

訪問介護を辞めたいと思ったらどんな選択肢があるか?

訪問介護を辞めたいと思ったときに、選択肢としてはどのようなものがあるのでしょうか。

 

・現在の訪問介護の仕事の悩みを踏まえ現状を解決して仕事を続ける・同じ訪問介護の仕事でも別の職場を探す

・実務経験を生かしてステップアップできる資格を取る

・訪問介護とは別の介護の仕事をする

・介護業界とは違う業界で働く

 

 

介護は人間同士の仕事なので、利用者の個人的な感情により仕事がやりにくくなることがあります。

人間関係がトラブルの原因であれば、担当者を変える事で解決するので、辞めると決断をする前に遠慮をせずに責任者に相談をしてみる事をおすすめします。

 

非正規の雇用のため、報酬が希望通りではなかったり、移動の際の交通費が支給されないという給与や福利厚生で悩んでしまうケースもあります。

 

介護施設によって給料や待遇は全く異なります。

もし、現状の待遇に満足できていないのであれば、他の施設に転職を考えるのもおすすめです。

 

介護の仕事が辛すぎて、今後もやっていく自信がない・・・

という場合は違う業界への転職も考えられます。

人付き合いの少ない工場の仕事や、肉体労働の少ない事務職など色々な仕事があります。

 

ただし、ネガティブな気持ちのまま辞めてしまうと、後々苦労するケースが多いです。

他の業種に移ったのに、新しい不満が出てきて数か月後には介護職に戻ってくる方もいます。

 

転職で失敗しない為のポイントについて、ご紹介いたします。

 

訪問介護からの転職を成功させるポイント

訪問介護からの転職を成功させるポイントとは、どのようなものでしょうか?

 

・転職理由を明確にする・転職先の労働条件を確認する

・転職先の事業者が優良事業者であるか調べる

といったことが必要です。

 

自分の希望を整理して、転職で実現できるようにする

訪問介護ヘルパーから転職するとき、自分はどのような仕事をしたいのか、

また現状をふまえ、どんな待遇を受けたいのか、具体的な希望をまとめることが必要です。

ただ今の仕事が辛いから、といった理由ではまた次の転職先でも同じことを繰り返す可能性があると受け取られかねません。

 

しかし一口に希望といってもそれをまとめるのは難しいもの。

「今の仕事は夜勤が多くて体力的に辛い。日勤が中心で、利用者の方と向き合える介護の仕事が出来る施設で働きたい」といった具体的なイメージを持つことが必要です。

 

希望する転職条件をまとめておく

施設によって待遇や仕事内容に違いはありますが、自分はどのような環境でどれぐらいの給与がもらいたいのか、具体的に考えておく必要があります。

特に介護職は資格がなくても就くことは可能ですが、給与面で資格の有無は大きく差が出て来てしまいます。

 

資格を持っていないのなら、ある程度給与に関しては妥協し、通勤場所や勤務体系に関してはこれだけは譲れないといった線引きも必要です。

 

転職を希望する施設が優良事業者であるか調べる

転職した後に「こんなはずじゃなかった…」ということにならないためにも、求人の待遇面だけでなく実際の現場を見学することも必要です。

職場の雰囲気や利用者の表情を観察するだけでも、そこで働いている人がやりがいをもって仕事をしているか分かります。

また利用者にとって居心地のいい場所ならば働く人間にとっても、よい環境であることは間違いありません。

 

でもただでさえ忙しいのに転職活動に時間を割くのは難しくありませんか?

そのような時はどうすれば良いのでしょうか?

 

訪問介護からの転職方法

Original update by : 写真AC

時間がない中でも効率良く転職活動をするのであれば、同じ業界、違う業界にかかわらず求人が紹介されている転職サイトの活用がおすすめです。

 

転職サイトには業界によって専門のサイトがあり、介護であれば「メドフィット」

異業種であれば「リクルート」が一番有名です。

 

給料の高い介護施設や待遇の良い介護施設は人気があり、すぐに募集枠が埋まってしまう為、専門サイトの会員に限定で紹介がされています。

 

転職をする場合、履歴書の作成や面接の方法、どのタイミングで辞める事を告げるのかなど疑問に思う事が多いのではないでしょうか?

 

転職サイトではプロのエージェントが転職活動にあたり無料のサポートをしてくれます。

 

面談の調整や履歴書の添削、面談の調整などをしてくれるので忙しい合間でも効率よく転職活動を進める事ができます。

 

さらに、実際に施設に働いている職員の感想や実情を知っているので、希望条件に合った施設があるのか赤裸々に聞く事も可能です。

 

実際に働いている職員の声を聞いてからの転職であれば失敗せずに満足いく転職が出来ると思いませんか?

 

まとめ|訪問介護のヘルパーを辞める方法と転職時の注意点

いかがだったでしょうか?

 

訪問介護のヘルパーを辞めたいと思っても、周りに気を遣ってしまったり、またすぐ辞める人と思われたくない、といったことから一人で悩んでしまいがちです。

 

でも一人で抱え込んでしまい、体や心に負担がかかってしまうのは問題です。

 

思い切って環境を変え、新しい世界に出ていくことも必要です。

今の現状が辛い、仕事を続けていきたくない、と思い詰める前に、転職について考えてみることも大切です。

 

介護求人サイトも増えてきていますし、転職コンサルタントなど転職の専門家に相談するなど、転職の方法も幅広くなってきています。

 

今よりもよい仕事場を見つけて、心機一転して頑張ってみるのはいかがでしょうか?



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです