新人で入ったものの介護の仕事がツライ・・・

誰かに聞いてほしいけれど、誰に相談したらいいのだろう?

 

SPONSORED LINK

 

学生の頃は介護の仕事に様々な夢を抱いていたものの理想と現実は違った・・・。

 

介護業界も新人で入った時は張り切っているものの毎日の忙しさや肉体労働に疲れ果て、

更には人間関係で悩んでしまう新入社員は多いです。

 

新人には新人ならではの悩みというのもがあります。

そこで新人が介護職の中で悩みやすいことや、誰に相談するのがベストなのかなど新人の悩みについて取り上げていきます。

 

新人が介護職を辞めやすい原因とは?

55555

Original update by:acworks

 

最初は介護業界に夢と理想を描いていた。

しかし半年もたたないうちに「辞めたい」と相談をする新人の事例は多いのです。

 

「ゆくゆくは祖父母の面倒を自分で見たい」と目を輝かせていた人が数か月後には「お年寄りが嫌いになりました」と退職届を出すのが現実です。

 

新人が介護職を辞めるには原因があるの?

 

特に多い原因は以下の通りです。

 

・理想と現実のギャップに耐えられなくなった

・肉体労働が続いて睡眠不足になり身体が耐えられない

・精神的にツライことがあり、立ち直れない

・人間関係が悪く仕事をしていてもやりがいを感じられない

 

学生の間に知識として頭に入れたことや、自分の中で「なりたい介護士像」があっても実際に現場に出ると思い通りに動けない、なりたい自分とは離れていく、などギャップを感じることが多いです。

 

お年寄りの心無い言葉に傷ついたり、暴力によりショックを受けたり精神的にも厳しい状況になることも考えられます。

 

特に新人は経験も浅いので、そういった出来事を聞き流すことができずに正面から受け止めて大きなダメージを受けます。

 

それらに耐え切れなくなった時に、新人が辞めるという選択を選んでしまうのです。

 

介護職でよくある新人の悩みとは?

 

それでは介護職についた新人によくある悩みを具体的に見ていきましょう。

 

・利用者の心無い言葉に傷ついた

 

新人のAさんは新人ながら日夜頑張って在宅介護の仕事に励んでいました。

しかし利用者からは心無い言葉を受けました。

 

・グズでのろまだ!

・使いものにならない!

・何しに来たんだ!

 

こんな言葉を受けても介護士として笑顔で対応しなければならないこと感謝の言葉どころか仕事なのだから世話されて当然という態度に限界を感じました。

 

上司に相談しても「我慢しなさい」と言われて余計に落ち込んでしまいました。

このように、利用者からの容赦ない言葉の嵐が新人介護士を悩ませている原因になっています。

 

・人間関係の険悪さに嫌気がさした

 

新人のBさんは老人保険施設で働き始めました。

しかし女性ばかりの職場だったせいか、陰口や嫌がらせが多くストレスを抱えていました。

 

勤務時間が毎日バラバラなことも肉体的にキツイと思っていたところ嫌がらせはエスカレートし、施設の職員すべてが敵のように見えてしまったと言います。

 

どちらかというと女性の多い職場でもある介護業界は、女性特有の空気というものがあります。

嫌がらせを趣味にしているような人が1人でもいると、職場の雰囲気や人間関係は悪くなっていきます

 

働く上で人間関係が円滑でないのは、かなりのストレスとなり退職を考えるようになるのです。

 

・自分の未熟さに自己嫌悪の毎日

 

新人のCさんは介護施設で働き始めて、まだ半年です。

しっかり学校に行って介護の勉強をして、実際に介護施設での実習も経験していました。

 

しかし実際に現場に入ると初めての介護に何度も戸惑ったといいます。

そんな中、自分の未熟さから介護のやり方が悪く、利用者に迷惑をかけてしまうのが嫌で毎日自己嫌悪です。

 

技術面で圧倒的に足りない自分はこのまま介護を続けてもいいのか悩んでいます。

机の上での勉強と実際の実務が違うことに戸惑う新人は多いです。

 

利用者を転倒させてしまったり、怪我などあれば更に落ち込んでしまうでしょう。

自分で自分を責めている毎日が嫌になって辞めてしまう新人も多いのです。

 

介護職の悩みは誰に相談すればいい?

66666

Original update by:acworks

 

新人に悩みは付きものですが、1人で悩むよりも誰かに相談するのが1番です。

1人では答えが出ないことでも、経験者の話を聞いたり、愚痴として吐き出すことで光が見えることもあります。

 

実際に誰に相談したらいいか分からない人もいると思うので介護職の悩みを相談する相手の例をあげていきます。

 

職場の人に相談できるなら…

 

初めての介護という仕事に戸惑っている場合や、利用者との信頼関係の構築に悩んでいるなら同じ職場の人に相談してみましょう。

 

特に経験を積んだ先輩やリーダー的な人であれば、きっと同じような体験をしているはずです。

自分の経験を踏まえてアドバイスをもらえるかもしれません。

 

よく直属の上司に相談しようという声もありますが、あまりおすすめできません。

特に年配の上司の場合、自分が新人の頃の話など忘れている場合が多いからです。

 

あなたがもう少しベテランになってから、参考に話を聞く程度ならいいのですが、

新人の相談には向かないでしょう。

1番良いのは新人から入所して3年~5年目の先輩です。

 

まだ自分が新人だった頃の記憶が新しいですし、自分がどうやって切り抜けたかなどまさに今の新人である自分にダイレクトに響くアドバイスがもらえる可能性が高いです。

 

忙しい職場なので、空いた時間を見極めて相談しましょう。

その時には…

・ダラダラ話さないで簡潔に伝える

・何に困っているのかが分かるように伝える

・アドバイスが欲しい旨を伝える

 

これらの点に注意して相談するようにしてくださいね。

 

職場に相談できる人がいないなら…

 

職場の人間関係で悩んでいたり、利用者の悪口になってしまいそうで同じ職場の人に相談できないという場合もあるでしょう。

 

そんな時には・・・

 

・家族に話す

・友達に話す

・SNSなど介護職のコミュニティで相談する

 

このような方法があります。

家族や友達に話す場合は、ほとんど愚痴のようになってしまうかもしれません。

 

でも、それでいいんです。

大変さやツラさを共感してもらい、あなたの味方でいてくれるだけでも気持ちはずっと楽になります。

 

1番やってはいけないのは誰にも言わずに1人で溜めてしまうことです。

とにかく誰かに話すという行動だけでも、あなたの助けになるはずです。

 

悩みを解決したい場合は、同じ介護職をしている人が集まるコミュニティに参加してみましょう。

今はSNSなどで簡単にやり取りをすることができます。

 

個人情報にだけは気を付けながら、同じような悩みを持っている人、それを克服した人と話をすることで考え方が変わったり、解決策が見えてくるかもしれません。

 

「みんな一緒なんだ」と気づくだけでも気持ちは軽くなります。

 

介護職の新人悩み|まとめ

いかがでしたか?

 

新人ならではの悩みはどこの職場に就いてもあるものですが介護職となると結構、深刻なお悩みが多いようです。

 

利用者との信頼関係、職場の人間関係、自分の未熟さなど、

様々な要因が重なって頭を悩ませた結果、「辞める」という選択をする人もいます。

 

新人ならではの悩みというのは、同じ介護士であれば誰もが通る道です。

可能であれば職場の先輩に相談したり、難しければSNSなどで同じ介護職の人と交流を取ってみましょう。

 

一人で思い悩むと余計にストレスになってしまうので、絶対にやめましょう。

どんな形であれ、誰かに吐き出すことが悩み解決の第一歩になるのです。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです