介護福祉士の仕事はどうしてきついと言われるの?

介護の仕事にはやりがいは無いの?

良い介護施設で働くにはどうしたらいい?

 

SPONSORED LINK

 

介護福祉士の仕事と言われて、
あなたはどのようなイメージを抱きますか?

 

高齢化社会が進む中で、景気に左右されることもなく、
一生働けるという良いイメージもありますが、
仕事内容がきつそう、待遇が悪いらしい…などといった、
悪いイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

 

ここでは介護福祉士の仕事内容にスポットをあてて、
実際に介護の現場で働いている方達の「」を集めてきました。

どのような点がきつくて悩んでいるのか、
また、やりがいを感じる時はどのような時なのか、
介護福祉士の現状をお伝えしたいと思います。

良い介護施設の見分け方もご紹介しますので、
是非、参考にしてください。

 

介護福祉士の仕事内容とは?

Original update by : 写真AC

 

まずは介護福祉士の仕事内容を見ていきましょう。

 

勤務する施設によって仕事内容に差はありますが、
どの施設でも基本的は、「介護が必要な方へのサポート」です。

具体的なサポート範囲は以下の通りです。

  • 身体介護
  • 生活のサポート
  • メンタルケア
  • 相談や指導、助言
  • チームマネージメント

 

身体介護

介護福祉士のメインの仕事です。

着替えの補助・食事補助・入浴補助・排泄補助などが挙げられます。

利用者の介護度や性格、環境などによって、
どこまで介助するべきなのかが変わってきますので、
臨機応変さが必要となってきます。

また、介護が必要な方は高齢者だけではありません。

身体が不自由な子供や、障害をもった人の介護も、
介護福祉士の仕事の範囲ですので、
幅広い知識と技術が求められます。

生活のサポート

在宅介護や訪問介護の現場では、
生活のサポートがメインになってきます。

調理・食事の準備・部屋の掃除・身の回りの整理整頓・洗濯・買い物など、
日々の生活に必要な作業をサポートしていきます。

家事の延長のようにも見えますが、
利用者の家庭によってやり方などが異なりますので、
ニーズをくみ取る力が求められます。

メンタルケア

介護士の仕事は身体介助にとどまりません。

話し相手になったり、レクリエーションを行ったり、周りの人との交流を促すなど、
利用者の気持ちに安らぎを与え、心の問題をサポートするのも、
介護福祉士の大切な仕事です。

そのためには高いコミュニケーション能力が必要となってきます。

相談や指導、助言

利用者やその家族から、
介護の方針や介護用具の指導、助言などの相談に乗ることも、
介護福祉士の仕事です。

チームマネージメント

介護福祉士の資格は介護職の中で上位資格となり、
出来る仕事の範囲が広くなります。

そのため、職場のチームリーダーとしての役割も期待されるようになります。

チームメンバーのタスク管理、後輩メンバーへの指導、
チームの士気向上などマネージメント能力が求められます。

 

勤務のサイクルはどんな感じ?

介護福祉士の勤務サイクルは、介護施設によって違います。

特別養護老人ホームなどの年中無休で24時間体制の施設では、
夜勤を含む4交代勤務のシフト制が一般的です。

デイサービスなどの通所施設では、
日勤のみ、土日休みの施設も多いです。

介護福祉士の資格がない人でも同じ仕事をしているけれど?

介護の現場では、無資格・未経験の方でも働くことが出来ます。

しかし、資格によって出来る業務の範囲が違ってきます。

資格には、「介護職員初任者研修」「実務者研修」「介護福祉士」などがあります。

介護福祉士の資格は国家資格であり、介護職の中では上位資格に当ります。

一見同じような仕事をしているように見えますが、
介護福祉士にしか出来ない業務があり、
また、介護福祉士であれば、ほぼすべての仕事に関わることができます。

 

介護福祉士の仕事がきついと言われる理由は?

では、なぜ「介護福祉士の仕事がきつい」と言われてしまうのでしょうか。

実際に現場で働いている介護福祉士の方達の声を聞いてみましょう。

業務上の悩み

人間関係がきつい!

人間関係がめちゃくちゃです。

気が強い方が多くて、派閥の対立もあり、口を開けば悪口ばかりと、雰囲気は最悪です。

Aさんのご機嫌伺いながら仕事をして、Bさんのテンションの上下に合わせて働いて、
さらに看護士のご機嫌も伺っている毎日で疲れます。

施設長は知らんぷりです。

患者さんを主体に仕事が出来ない自分が悔しいです。

 

排泄介助や入浴介助もかなりきつい仕事だと思われますが、
殆どの方が「慣れてくれば大丈夫」と口を揃えます。

しかし、介護職の職場環境は、

  • 女性が多い
  • ストレスが溜まる
  • 資格によって序列が生まれやすい

 

など、ドロドロした人間関係が生まれやすい土壌があり、
排泄介助などの仕事より、ずっとつらいと感じる方が多いです。

一方で、周囲の方が素晴らしいので介護職を続けてこられた、
という人間関係に恵まれた職場も存在します。

福利厚生の悩み

休みが取れない!

世間が、夏休みだGWだ正月だと長期休暇を取って楽しんでいる時に、
自分は仕事をしなければなりません。

面接のときには、福利厚生もバッチリで、有給休暇も法定以上にあると言っていたけれど、
実際に有給なんて取れる状況ではありません。

夜勤明けに駆り出されることもあり、常に疲れ切った状況です。

学生時代の友人とも休みが合わなくて、疎遠になってしまいました。

 

深刻な人手不足に陥っている施設では、
職員一人一人の負担が重く、
簡単に休みが取れない状況になっている事が多いです。

特に介護福祉士の資格を持っている方は、
その方にしか出来ない業務もあるために、
周りに迷惑がかかることを考えて休むことを躊躇してしまう傾向が多いようです。

就業規則などに書いてある福利厚生が「絵に描いた餅」でしかなく、
現場で機能していないのですね。

一方で、職員を十分に確保している施設も存在します。

そのような施設では、リフレッシュ休暇などのまとまった休みを取らせて、
職員の士気を高めています。

利用者・入居者の悩み

利用者の暴力が酷い

特養で働いていますが、認知症の利用者からの暴力が酷くて悩んでいます。

噛みつく、蹴る、殴るはあたりまえ。

本人は力加減が分からなくなっているので、本当に痛いんです。

いつも生傷が絶えない状況ですが、施設長に訴えても「我慢して」と言われるだけです。

こちらから利用者への暴力や虐待は絶対に許されないのに、
認知症の利用者なら職員に暴力をふるってもお咎めなしだなんて、やり切れません。

 

利用者やその家族から、
暴言や暴力を振るわれた経験のある介護職員はかなり多いようです。

長野県での調査では、
「罵声・叱責を浴びせられた」が80.5%
「殴られた」が36.7%と、深刻な数字が出ています。

相手が認知症であると、その行為自体を認識してないことや、
注意してもすぐに忘れてしまうこともあるため、
対策を立てずに職員に我慢を強いる施設も多いようです。

 

一方で、「利用者の理不尽な要求、暴言、暴力は絶対に許さない!」
と、毅然とした態度の施設も存在します。

優秀な人材を守るために、
証拠を残した上で家族に提示し、退去を勧告してくれるのです。

 

介護福祉士で多い辞める理由3つ!

Original update by : 写真AC

 

深刻な悩みを抱えている介護福祉士ですが、
やはり辞めてしまう方もいらっしゃいます。

辞める理由としは、どのようなものが多いのでしょうか。

 

公益財団法人社会福祉振興・試験センターが行った、
「平成27年度 社会福祉士・介護福祉士就労状況調査結果の実施概要」
を見ていきましょう。

 

介護福祉士が、
「前の福祉・介護・医療分野の職場を辞めた理由」として、
次のようなものが上位になっています。

  • 1位 … 法人・事業所の理念や運営のあり方に不満があった (33.5%)
  • 2位 … 職場の人間関係に問題があった (29.4%)
  • 3位 … 収入が少なかった (28.0%)

 

注目ポイントとして、次の2つが挙げられます。

  • 介護福祉士の仕事内容がきついから辞めた、という方はほとんどいない
  • 収入が少ない事よりも、事業所の理念や人間関係への不満の方が大きい

 

介護福祉士の資格を取る方は志の高い方が多く、
仕事内容についてきちんと理解した上で介護職に就いている方が殆どです。

ですから、身体介助などといった、
仕事内容が嫌になって辞める方は本当に少数派です。

 

また、高度な知識や介護技術が求められる割に、
収入が少ない事を不満に思っている方も多いのですが、それ以上に、
お金儲け主義に走る事業所や複雑な人間関係の方が、
辞める理由として上位に来ています。

逆に、それらの点が満たされていれば、
長く続けたいと思っている方が多いと言えます。

 

介護福祉士は本当にやりがいがないの?

介護福祉士の仕事はつらいことばかり多い印象ですが、
「やりがい」という点ではどうなのでしょうか。

何をもってやりがいとするのかは、人それぞれですが、
実際に介護福祉士経験者から聞いた内容を見ていくと、
ある回答が多いことが分かります。

それは、「人の役に立てること」です。

 

介護福祉士として利用者と係わっていると、
次のような瞬間に立ち会うことがあります。

  • 利用者の方が、口から食事が取れるようになった。
  • 日中だけでもオムツが外れ、トイレに行けるようになった。
  • 全く歩けなかったのに、歩けるようになった。
  • 眠剤を飲まなくても、環境を変えたら眠るようになった。
  • 無表情だったのに、笑うようになった。

 

・・・など。

 

自分のケアが利用者の笑顔に繋がった時に、
「人の役に立つ」喜びを実感できるのではないでしょうか。

世の中にはたくさんの仕事がありますが、
「ありがとう」と言われる仕事ってそんなにありません。

介護の仕事は感謝されることが非常に多いため、
それをモチベーションに頑張っている介護福祉士はたくさんいるのです。

 

人の役に立てること以外にも、やりがいを感じる場面はあります。

  • 今後の高齢化社会の波で需要が高く、一生続けていけること
  • 経験を積めば、将来的に活躍できる場面が増えていくこと
  • 自分の身内に介護者が現れた時にも、役立てることができること

 

このように、介護の仕事の良い面を積極的に見ることで、
やりがいを見出すことは可能です。

実際に、先ほどの「社会福祉士・介護福祉士就労状況調査結果の実施概要」中でも、
「今の仕事が好きなのでこの先も続けたい」と回答している方が、50%を超えています。

仕事でつらいことがあるのは確かだけれど、
それ以上にやりがいのある仕事だ、と言えるのではないでしょうか。

 

介護福祉士の就職で失敗しない為に!良い介護施設の見分け方!

今まで見てきたことから、介護福祉士として就職するのなら、
職場環境がとても大切だということが分かります。

 

良い介護施設の条件として、次の9つが挙げられます。

  • 定期的なミーティングで問題点を話しあう場がある
  • 休みがしっかり取れる(有給休暇も含む)
  • 助け合う習慣がしっかり社風として確立されている
  • 上司がしっかりしている
  • 急な休みが発生しても助け合うシステムが構築されている
  • 定期昇給がある
  • 処遇改善加算が給料に反映されている
  • 賞与の支給がある
  • 各種手当が充実している

 

しかし、求人情報には悪い点は記載されていませんし、
面接で良い施設かどうかを見分けることは難しいのではないでしょうか。

 

そこで賢く利用したいのが、
介護職専門の人材紹介エージェントです。

人材紹介エージェントには、
ハローワークや転職情報誌に載らないような、
優良施設からの求人が「非公開」で集まっています。

また、専任のコンサルタントが希望条件に見合う職場を探して、
就職活動を親身にサポートしてくれます。

 

これから介護福祉士を目指そうと思う方なら、
「かいご畑」などの資格取得支援に力を入れているエージェントを選ぶと、
収入アップとキャリアアップの両方が可能になります。

かいご畑とは?

かいご畑は、福祉系の人材サービスや教育事業を手掛ける、
「ニッソーネット」が運営している紹介予定派遣中心の求人サイトです。

 

特徴として次の3つが挙げられます。

  1. 介護専門の人材コーディネーターが対応してくれる
  2. 介護資格が0円で取得できる
  3. 求人件数が7,000件以上と豊富である

 

登録すると専任のコーディネーターが付いて、
あなたの希望を細かく聞いてくれます。

求人件数が7,000件以上と豊富なので、
わがままな条件にも対応してくれる職場が見つかる可能性が高いのです。

また、職場の雰囲気や人間関係を重視したいのであれば、
面接では聞きづらい、離職率や新人の研修制度について、
コーディネーターに事前に確認してもらうことも可能です。

 

今の時点で無資格・未経験でも、0円で受講できる講座がありますので、
資格の勉強をしながら就職活動を行うことも可能です。

定期的に開催される介護セミナーにも無料で参加できますので、
キャリアアップを目指したい方への応援態勢もバッチリです。

登録はもちろん無料です。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

介護福祉士の仕事は「介護が必要な方へのサポート」がメインです。

しかし、職場の人間関係が悪かったり、
休みが取りづらかったり、利用者から暴力を振るわれたり、
と辛い事も多く、辞めてしまう方もいらっしゃいます。

しかし、自分のケアが利用者の笑顔に繋がった時には、
非常にやりがいを感じる仕事でもあります。

 

辞めてしまう理由の上位は、

  • 1位 事業所の理念や運営のあり方に不満
  • 2位 職場の人間関係に問題
  • 3位 収入が少ない

 

となっており、
職場の雰囲気に大きく左右されることが分かります。

ですから、介護福祉士を目指すなら、
良い介護施設で働くことが重要になります。

求人情報や面接だけで良い職場を見分けるのは難しいので、
介護職専門の転職エージェントを賢く活用することをお勧めします。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです