訪問介護の仕事が辛い・・・

みんなはどうやって悩みを解決しているの?

ヘルパーの仕事に行き詰ったら辞めるしかない?

 

 

訪問介護は基本的に自分一人で対応しなければならない為、
介護施設で働く方達とは悩みの内容もかなり違ってきます

私が転職エージェントで働いていた時も、
訪問介護で働く方からの相談を数多く受けました。

ここでは、その経験も参考に以下の点についてまとめています。
どのような解決策があるのか?
辞めるかどうか迷った時はどうしたらよいのか?

訪問介護の仕事に行き詰っているのであれば、ぜひ参考にしてみてください。

訪問介護(ヘルパー)の悩みとは?

SPONSORED LINK

 

訪問介護で働く方達が抱える悩みは、
どのようなものなのでしょうか。

よくある悩みを一つ一つ見ていきましょう。

利用者との人間関係に悩む40代/女性

利用者との関係に悩んでいます。

以前のこの家に通っていたヘルパーは、頼まれたことは何でも行っていたようなのですが、
私は事業所からケアプラン以外のことは「一切やってはいけない」と言われているため、
断るようにしています。

何かと以前のヘルパーと比べられ、毎回嫌味を言われてうんざりしています。

 

訪問介護は、利用者と一対一で向き合わなければなりません。

相性が悪くても他の職員に任せることも出来ず、逃げ場がありません。

利用者本人との相性以外にも、
利用者家族との関係にも気を配らなくてはならず、神経を使います。

また、他人の目が無いため、利用者側も些細なことで文句を言いやすく、
事業所にクレームが入ることも良く有ることです。

家政婦扱いされる事に悩む50代/女性

ヘルパーを、家政婦と勘違いしている利用者がいます。

先日は、犬の散歩や孫の遊び相手をさせられました。

完全に介護保険の適用外なのに、
事業所は仕事が減るのが嫌なのか、そんな人のご機嫌を取っています。

 

よく聞くのが「ホームヘルパーは家政婦じゃない」という怒りです。

お金を払っているからといって、
図々しい事を依頼してくる利用者にも呆れますが、
利用者を逃したくない為に断れない事業所にもイライラが募ります。

介護職に誇りとやりがいを持って働いている方には、
この家政婦扱いは非常に傷つく行為です。

一人で決断しなければならないプレッシャーに悩む30代/女性

介護の仕事は初めてなのに、
先輩が一週間同行してくれただけで一人立ちさせられました。

軽度の利用者の場合は指示してもらって何とかなりますが、
重度の利用者には「自分のやり方で大丈夫なのか?」と不安で仕方ないです。

もし何かあったら責任を取らされるのかと思うと、緊張で憂鬱になります。

 

何かが起こるかもという緊張感は、
施設介護よりも訪問介護の方が何倍も強く感じるのではないでしょうか。

そして実際に何かが起こった場合、
一人で判断して対処しなければなりません。

人の命が掛かっていると思うと、
その重圧に押しつぶされそうになってしまうのも仕方ありません。

移動が多く拘束時間が長いのに給料も発生せず疲れる/40代/女性

利用者宅へは自転車で移動するのですが、雨の日や夏の暑い日は本当に大変です。

なるべく近い場所を回れるようにお願いしていますが、なかなかうまくいかず、
時には待機時間が発生することもあります。

拘束時間がやたら長いのに、お給料には反映されないのも悩みです。

 

訪問介護は1日に利用者宅を何件か回るわけですが、
その都度「移動」が発生します。

移動の手段にもよりますが、意外と体力を使います。

この移動もきちんと勤務時間に含めてくれる事業所もありますが、
中には無給の事業所もあります。

そうなると、拘束時間の割にお給料が低くなってしまいます。

仕事内容の割に給料が低いと、割の合わなさに悩んでしまう方は多いのです。

 

訪問介護(ヘルパー)の悩みを解決する道とは?

ヘルパーの悩みを解決する道はいく通りもあります。

最終手段として、
「訪問介護の仕事を辞めてしまう」という方法もあるでしょう。

しかし、そこに至るまでには、
次のような段階を踏むべきです。

  1. サービス提供責任者に相談
  2. ヘルパーが集まるサイトなどを覗いてみる
  3. 転職する

 

1.サービス提供責任者に相談

まずは、サービス提供責任者や直属の上司に、
自分の抱えている悩みを相談してみましょう。

担当を変えてくれたり、移動のルートを変更してくれたりと、
あなたが働きやすいように改善してくれるかもしれません。

しかし、中には利用者を失いたくない為に、
ヘルパーに我慢を強いる事業所もあります

相談しても改善されないようでしたら、次の段階に進みましょう。

2.ヘルパーが集まるサイトなどを覗いてみる

事業所に訴えてもなかなか悩みが解決されない時は、
日本ホームヘルパー協会など、ヘルパーが集まるサイトを覗いてみましょう。

掲示板にはたくさんのヘルパーが、悩みや愚痴を投稿しています。

同じような悩みを抱えている人と共感できると励みになりますし、
解決の糸口が見つかるかもしれません。

一人で悩みを抱え込みすぎるとうつ病など、精神的な病気になってしまう可能性があります。
無理や我慢は禁物です

疲れたら一度立ち止まって、悩みを相談してみてください。

3.転職する

いくら努力しても、その悩みがどうしても解決できないこともあります。

そのような場合は、そのまま続けてもストレスが溜まり体調を崩してしまうこともあります。

今は昔と違って転職が盛んな時代ですし、周りから白い目で見られる事もありません。
転職によって働きやすい環境で満足いく待遇を受ける事も可能ですし、ステップアップして今よりも高い給料の介護施設に就職する事も可能です。

「疲れたな・・・」と感じたのであれば、転職することも選択肢に入れてみましょう

訪問介護(ヘルパー)を辞めるか続けるか迷ったなら?

  • 今の事業所を辞めた後、また訪問介護の仕事に就くのか?
  • 訪問介護の仕事より、他の介護施設で働いた方が良いのでは?
  • 介護職自体が向いていないのでは?

 
転職をするかどうか考えている方は、以下のような悩みを抱えているケースが多いです。

「他の訪問介護の事業所に転職しても、また相性の悪い利用者に当るかもしれない・・・」

「一人で対応しなければならない訪問介護より、介護施設の方が気が楽そう・・・」

人間関係で悩まないか心配・・・」

「いっそのこと介護職を辞めて、他の職種に転職しようかな・・・・」

 

考えれば考えるほど、迷いが出てきます

 

そんな時に賢く利用していただきたいのが、
介護職専門の転職サイトです。

転職サイトに登録すると、専任のコンサルタントが付いて、
二人三脚で転職活動を応援してくれます。

 

コンサルタントは今までの経験をもとに、
今あなたが勤めている事業所やあなたの悩みについて、
客観的にアドバイスをしてくれます

あなたの希望に合った転職先が、今の時点でどのくらいあるのか、
より条件の良い職場へ転職するには、どのようなスキルが足りないのか、
具体的に指摘してくれます。

 

また、待遇が良く、研修制度が整っている優良な介護事業所は、
辞める人が少ないので滅多に求人を出しません。

しかし転職サイトには、そのような優良事業所からの求人が、
「非公開」として集まってきます。

転職サイトに登録をすると、そのような優良事業所に転職するチャンスもあるのです。

 

もちろん、相談はしたけれど、
「やはり転職しないで今の職場で頑張る!」という決断をしても構いません。

転職サイトとコンサルタントのアドバイスは、あくまで今の状況を客観的に見て、「あなたが将来も満足して働いていく為にはどうすれば良いのか」を一度立ち止まって冷静に考える為の手段の一つなのです

転職サイトの中でもメドフィットを薦める理由

転職サイトも数多くありますので、
どのサイトを選べばよいか迷ってしまうと思いますが、
介護職の経験者には「メドフィット」がお勧めです。

理由1. 医療・介護業界に特化している

介護の職場は一般の職場とは違い、独特なものがあります。

医療や介護に特化しているメドフィットなら、介護の現場で働く方達の悩みを熟知しています

転職で良くある失敗が、次の職場でも同じ問題に悩んでしまったという事です。

そのような事が無いように、今何に問題を感じていてそれを解決するにはどのような職場に行かなければならないのかを判断する必要があります。

医療・介護分野に特化しているメドフィットであれば、そのような失敗をしないようにサポートをしてもらう事が出来るのです。

理由2. 業界トップクラスの求人数

メドフィットで扱う求人数は、業界でもトップクラスです。

求人誌などに掲載されない、非公開の優良求人が多い事でも有名です。

求人数が多いという事は、「移動時の交通費支給」とか「土日どちらかは休み」など希望とする条件を提示しても、対応可能な求人が見つかりやすいという事です。

転職は何度もするものでは無いので、自分の希望に合った職場で長く働きたいですよね。その為にも、色々な求人から満足のいく職場を見つけるようにしてください。

理由3. エージェントが「現場の生の情報」を集めている!

メドフィットに登録すると、
専任のエージェントが付いてきめ細やかに対応してくれます。

このエージェントは、求人を出している事業所に直接出向いて、
現場の生の情報を収集しています。

求人情報だけでは分からない、「事業所の生の雰囲気」が分かっているという事は他にはない大きな強みです
「入ってみて失敗した・・・」という後悔をしない為にも、現場の様子は必ず調べるようにしておきましょう。

 

メドフィットの登録料は、もちろん無料です。

会員サイトには履歴書の書き方や好感をもたれる面接の仕方など、
転職に関するノウハウが多数掲載されていますので、
積極的に活用しましょう。
 
メドフィットボタン

まとめ

いかがでしたでしょうか。

訪問介護で働く方は、利用者と一対一で向き合わなければならない為、
介護施設で働く方とかなり違った悩みを抱えています。

悩みを解決するためには、次のような段階を踏みましょう。

  1. サービス提供責任者に相談
  2. ヘルパーが集まるサイトなどを覗いてみる
  3. 転職する

 

今の職場を辞めたいと思ったら、
介護職専門の転職サイトを活用することをお勧めします。

中でも医療・介護に特化した「メドフィット」なら、
介護職特有の悩みにも客観的なアドバイスをしてくれるでしょう。

実際に現場に足を運んでいるエージェントが、
あなたの転職活動を二人三脚で応援してくれますよ。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです