夏のレクリエーションってどんなものがある?

どんな点に注意すればいい?

 

SPONSORED LINK

 

介護施設では、利用者の要介護度に合わせてさまざまなレクリエーションを行っていますが、ワンパターンにならないように企画するのって、結構大変ですよね。

 

せっかくですから、季節を感じてもらえるレクリエーションを提案したいですが、夏だったらどんなレクリエーションが喜ばれるでしょう。

 

今回は夏ならではの高齢者向けのレクリエーションを調べてみました。

いろいろなアイデアを駆使して、皆で楽しめるレクリエーションを企画してみましょう。

 

夏に高齢者とレクリエーションをする場合の注意点は?

22222222

Original update by :写真AC

 

夏はアクティブに体を動かしたくなる季節ですが、最近の猛暑はお年寄りの体力を奪います。

要介護度もそれぞれ違いますから、細心の注意を払わなくてはいけません。

外でのレクリエーションを企画する場合は、熱中症などを考慮して特に以下の点に注意しましょう。

 

1. 必ず日陰を確保すること

2. こまめな水分補給を忘れないこと

3. 遠出する場合は、最高気温・湿度などをチェックすること

 

1. 必ず日陰を確保すること

体を動かさなくても太陽の日差しに当たるだけで体は疲労します。

屋外でのレクリエーションは必ず日陰で行うようにしましょう。

木陰が無ければテントやタープなど、日差しを遮るものを使いましょう。

 

2. こまめな水分補給をわすれない

年齢を重ねると喉の渇きを感じなくなってきます。喉の渇きを訴えていなくて、水分補給する時間をこまめに取りましょう。

これは室内に居ても同じです。

大量に汗をかいていたら、塩分も補給できるよう準備しておきましょう。

 

3.  遠出する場合は、最高気温・湿度などをチェックすること

具合が悪くなってもすぐにエアコンのある室内に退避できるような場所ならまだ良いのですが、遠出する場合は天気だけではなく気温や湿度も必ずチェックしてください。

環境省の熱中症予防情報サイトでは、31度を超えたら「高齢者なら安静状態でも危険。外出は避け涼しい室内に移動する」となっています。

この季節に咲くヒマワリなどを見に行く場合は、少し曇っているぐらいの方がちょうど良いかもしれませんね。

 

以上の点を踏まえて、夏にピッタリなレクリエーションをご紹介していきましょう。

 

夏を大いに満喫できる高齢者向けのレクリエーションとは?運動系

夏のレクリエーションとして、色々な施設で紹介されている企画をご紹介します。

入所者の年齢や要介護度に合わせて、向き不向きがありますのでアレンジしてみる事をおすすめします。

 

○盆踊り

夏の風物詩である盆踊り。たくさん種類があるのをご存知ですか?

伝統的な踊り、例えば炭坑節や八木節などの他にも、東京音頭や名古屋ばやしなどその地方独自の踊り。チャンチキおけさなどの歌謡系、更にはアニメソングの盆踊りもあります。

入所者さんの出身地の踊りをマスターすれば、話も弾んで盛り上がりますね。

 

○スイカ割り

こちらも夏の定番ですが、スイカ割りって簡単そうに見えて実は結構体力を使います。

事前にしっかりと準備運動を行いましょう。

目隠しが危険な場合は、一人ひとりにバットや竹刀を握ってもらい交代で叩いていくスイカ割もあります。

あまりにも早くに割れてしまわないように、叩く順番には注意をしましょう。

もちろん、割ったスイカはおやつに頂きましょう。

 

○海水浴ゲーム

大きめのシーツを波に見立てて遊ぶゲームです。

2チームに分かれて、それぞれシーツの端を持ちます。

シーツの中に籠と人形を投げ入れて、籠の中に上手に人形を入れた方が勝ちです。

シーツの色を青系にすれば、より海っぽくなって気分も盛り上がりますね。

 

夏を大いに満喫できる高齢者向けのレクリエーションとは?ゆったり系

2323232

Original update by :イラストAC
室内でゆったりと行えるレクリエーションなら、こちらはいかがでしょうか。

 

○夏の歌を歌う

夏は皆で合唱するのにふさわしい名曲が揃っています。

「夏の思い出」「われは海の子」「浜辺の歌」などの懐かしい歌も良いですし、

「アルプス一万尺」や「みかんの花咲く丘」などは、女性の入所者さんなら手遊びを思い出してくれるかもしれません。

 

○風鈴づくり

銅板を使った本格的な風鈴づくりはいかがでしょうか。

銅板は柔らかいのでお年寄りの力でも加工しやすいです。

手先の器用な方なら模様を彫ったり文字を入れたりできますので、世界に一つだけの風鈴が作れます。

 

○壁一面を花火に!

施設の壁を大きな打ち上げ花火でいっぱいにしてしまいましょう。

入所者お一人お一人に折り紙でパーツを作ってもらい、重ねながら貼りつけていくと、見事な花火が出来上がります。

皆で協力して大きな作品が出来れば達成感も得られますし、絆も深まりますね。

 

高齢者も出来る夏のレクリエーション|まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

高齢者施設で入所者さんに喜んでもらえるレクリエーションを考えるのは大変な事ですが、レクリエーションを通して「夏」を満喫してもらえたら嬉しいですよね。

 

ポイントは、

 

・熱中症対策を怠らないこと

・日本人が古くから大切にしてきた夏の文化を基本にすること

・年齢や要介護度に合わせてアレンジすること

 

 

以上の点を踏まえて、素敵な企画を考えてみて下さい。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです