福祉の仕事を辞めたい!どうやって?その先は?

福祉業界から離れて他業種に行くリスクを知りたい・・・

 

SPONSORED LINK

 

人間関係で悩んでいませんか?

肉体労働に夜勤に体力面でも精神面でも辛いと感じていませんか?

 

もう福祉の仕事を辞めたい・・・と思っても、

せっかく取得した資格や今後の転職を考えると

中々辞めるという決断が出来ないのではないでしょうか。

 

ここでは、福祉の仕事を辞めると決めた時にどんな選択肢があるのか、また退職にあたりどのようなリスクがあるのかをまとめました。

 

福祉の仕事を辞めたい理由とは?

 1

Original update by : 写真AC

福祉を辞めたい人の理由には、どんなものがあるのでしょうか。

 

・体力的な問題

主な問題が体力的な面です。

低姿勢での作業がどうしても多いので腰痛などを起こして体が思うように動かせなくなり退職を考え始めることがあります。ただ、それだけが退職の理由になるかというとそうでもなく、

そこに精神面でも苦痛を感じて心を病む人が多いと聞きます。

 

・人間関係

介護の職場は、人を相手に仕事をします。

利用者さんとの間柄だけでなくその家族とも深い関わりを持ちますし、さらには同僚や上司との人間関係も仕事をする上では影響が大きいです。

いじめや嫌がらせなどで人間関係が上手く行かずに、うつ病になってしまう方は介護業界では特に多いです。

 

・お給料の問題

そもそもお給料も他業界に比べると低いのに激務を余儀なくされるため、

常に時間にも余裕なく業務に追われます。

そうなると心にも余裕がなくなり自分の理想の介護ができなくなる上に横のつながりがギスギスしたり上司からいじめを受けたり精神的にボロボロになりがち。

その結果、「もう限界で辞めたい・・・」と悩んでしまうのです。

中には、もう介護職自体に絶望してしまい業界そのものから離れてしまう人もいるのが現状です。

 

福祉の仕事を辞めたい!どんな選択肢がある?

それでは、福祉の仕事を辞めたいと思った時にどんな選択肢があるのでしょうか。

単に嫌だから退職するというのでももちろん良いのでしょうが、

働くということを大前提で考えると次の3つしか選択肢としては考えられません。

それでは、今の自分にはどの選択肢が最適なのでしょうか。

 

・我慢をして続ける

そのまま我慢して耐えながら今の職場で頑張るという選択肢です。

例えば、自分が生活を支えているとか借金があるとか職場の現状を考えてなかなか退職を切り出せずに我慢して働いているという人は実際にたくさんいます。

不満はたくさんあるが、続けていけなくもないというのであれば波風を立てずにやり過ごすというのもアリです。

 

・他の介護施設に転職する

他の介護施設に転職するという選択肢です。

ブラック施設もありますが、中には人材育成に力を入れている施設もありますし、

規模が大きいと福利厚生面でましな施設はあります。

どこも人材不足ですから、経験者の需要は特に高いです。

ただし、前職場での働いた期間が短い場合は採用側も「うちに来てもまたすぐに辞めてしまうのでは?」という疑念を持ってしまいますので転職理由を体力的にきついとか人間関係が・・・

というネガティブなものだけでなく介護職のキャリアアップや目標など前向きな志望理由を全面にアピールする工夫が必要でしょう。

 

・違う業種に転職する

思い切って介護職ではなく他業種への転職をしてみるという選択肢です。

他業界への転職は介護の仕事をやめようと悩んでいる人ならだれでも考えたことあるのではないでしょうか。

ただ、未経験の職種への転職は年齢制限も正直あります。

他業種でも中途採用者は未経験者よりも即戦力になる経験者を欲しがりますから採用自体のハードルは上がります。

未経験者OKで探すと今よりも条件が格段に上がるというのはなかなかなく、妥協して転職してもその後の仕事や生活が苦しくなりまたすぐに退職してしまうケースも多くみられるのが実状です。

 

福祉の仕事を辞めることのメリットデメリットは?

2

Original update by : 写真AC

 

福祉の仕事を辞めたい人にとっては、今の苦しみや悩みから解放されるだけで大きなメリットかもしれません。

一方、辞めることによってのデメリットもしっかり認識したうえで退職という決断はしなければいけません。

 

次が決まっていなければ、単純に収入を絶たれることになります。

また、転職となれば職歴が一つ増えます。

それがある程度の期間なら「経験」という武器になりますが、

数か月の短期間であれば「わがまま」とか「飽きっぽい」という偏見に取られることもあります。

 

メリット デメリット
・悩みから解放される

・心機一転して仕事に打ち込める

・やりたい仕事ができる

・資格が無駄になる

・「飽きやすい」などの偏見に取られる事もある

・仕事が見つからない可能性もある

 

 

福祉の仕事を辞めて後悔しないために!

どんな選択をする場合も後悔はしたくないですよね?

そのために、一時の感情で即行動はやめましょう。

 

転職をする前のチェックポイント

・今の悩みは本当に解決出来ない事なのか検討をしたか?

・今の職場で少しでも希望の持てる良い所が無いかを探したか?

・改善してほしい所をまとめて上司に提言をしたか?

 

転職という選択をする時に、上記の内容は面接で聞かれたり、履歴書を作成するときに役立ちます。

転職サイトなどに登録してみて、今の自分の希望を言葉にしてみるとさらに頭の中が整理されて良いかもしれません。

 

福祉の仕事を辞めたい|まとめ

 

・体力的な限界を感じた時や人間関係に悩んだ時、お給料の問題で福祉の仕事を辞めたいと思う介護士は多い

・辞めたい時の選択として、他の施設に転職をする事、他業種への転職をする事、我慢して続ける事が上げられる

・福祉の仕事を辞める一番のメリットは、今の悩みから解放される事や心機一転する事

・一方で、福祉の仕事を辞めるデメリットとして、資格が無駄になる事や希望の職種に就けないというリスクもある

 

これから後悔しないために・・・

人生は一度きりです。介護職は、誰でもができる仕事ではありません。

誇りを持ってください。でも、もしも悩み苦しんでいるのなら他の選択肢を探ってみるのも良いと思います。

施設によっては待遇が良かったり、人間関係が良好であったりします。

 

働く施設を変えるだけで今の悩みを解決できる可能性もあるので、

感情的に行動するのでなく、冷静に今の状況を見つめなおして、後悔しない選択をしてください。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです