介護の夜勤勤務が続くと体がしんどい。

夜勤をしないと給料も少なくなるし、仕方ないけど

体への負担は大丈夫なのかな?

 

SPONSORED LINK

 

介護職の仕事のきつさのひとつにあげられるのが、施設の夜勤です。

 

長時間の拘束に加え、呼び出しなどで気が休まらないため身体的にも精神的にも負担が大きい勤務といえます。

 

夜勤は日勤と比べ、体にどのような影響があるのでしょうか。

 

さらに実際には夜勤を辞めたくても、そうできないといった場合もあります。

 

その場合、夜勤で体にかかる負担を軽減するために、

どのような対策を取ればいいでしょうか。

 

しんどい夜勤と付き合うために、役立つ情報をまとめました。

 

介護の夜勤がしんどい理由とは?

1

Original update by : 写真AC

介護の夜勤がしんどい理由とはどのようなものでしょうか?

 

拘束時間の長さ、業務を少ない人数でこなさなければならないといったことから夜勤は日勤よりも負担が大きく、それがしんどい理由といえます。

 

○拘束時間が長い

夜勤は施設によっても違いはありますが、長時間拘束されることの多い勤務となります。

夕方17時から翌朝8時、22時から翌朝10時など、10時間以上、施設によっては15時間勤務する場合もあります。

 

○夜勤は一人、もしくは二人など少人数であたることが多い

小規模な施設は夜勤が一人ということも少なくありません。

一人で介護を行わなければならないうえ、ナースコールなどで呼び出しを受けた場合は対応しなくてはいけません。

また徘徊の見回りや、転倒などの事故が起こらないよう些細な音にも気を配る必要があります。

さらに特別養護老人ホームでは、看護師の夜勤業務が義務付けられていないため、

利用者の容態が急変したときの対応を求められることになります。

 

身体的なきつさもありますが、それ以上に責任が重大であることも、

夜勤においては大きな負担となっています。

 

大規模な施設であっても、夜勤の人数は2、3人ほどで、負担は小規模な施設とは変わりはありません。

 

また夜勤をすることで、体調を崩す人も少なくありません。

介護の夜勤は、体にどのような影響を与えるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

介護の夜勤は体に悪影響なの?

介護の夜勤は体に悪影響を与えると聞きましたが、どのような影響があるのでしょうか?

 

体内時計が狂うことによる体のリズムやホルモンバランスの崩れが起こり、

さまざまな疾病の原因となる可能性があります。

 

○身体のリスク

夜勤では朝目覚め、夜眠るといった身体のリズムが逆転してしまいます。

そのため女性などはホルモンバランスが崩れて体調に変調が生じたり、

また睡眠障害や疲労が蓄積するといった影響が出て来ます。

その結果うつ病や胃腸障害が起こり、最悪の場合はガンや心筋梗塞、脳梗塞

いった重篤な疾患が起こる場合があります。

 

○業務に与える影響

夜勤は眠気との戦いともいわれます。しかし日勤以上に気を配らなければならず、

疲労感や眠気から、明け方などに集中力が途切れてしまうことがあります。

特に朝方や交代前などは眠気のピークからミスを起こしがちになります。

 

夜勤のあとは休みといったシフトが組まれていることがほとんどですが、

忙しい職場ではその一日で疲れが取れないといったことも多くあります。

 

出来れば夜勤に入りたくない、夜勤のない仕事をしたいと考えていても、

実際には人手が足りない場合もあります。

また夜勤のない別の施設や業務に就きたいと希望しても、

思うようにはいかないことも少なくありません。

 

では、すぐに夜勤を辞められない場合、なにか対処方法はないのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

介護の夜勤を今すぐに辞められないときの対処法は?

2

Original update by : 写真AC

 

介護の夜勤を今すぐに辞めることが出来ない場合の対処法にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

夜勤に対する自己体調管理が必要となります。

 

○睡眠の取り方を工夫する

生活バランスを崩さない睡眠を取る工夫をしましょう。

朝は夜勤や遅出などのときも変わらず、いつもと同じ時間に起きるようにします。

夜勤の時は出勤の3時間ほど前に仮眠をとり、夜勤明けには3時間だけ寝て昼寝はしないようにします。

また夜はいつも同じ時間に寝るようにします。

朝起きるときと夜寝るときの時間をいつも同じにすることで、体内リズムが狂うことがなくなります。

 

○夜勤中の眠気対策

普段は寝ている時間に起きているため、やはり眠気が問題となります。

対策としては眠くならない程度に軽く食事を取り、仮眠時間中には

少しの時間であっても横になるようにしましょう。

 

○夜勤明けの対策

睡眠は量より質を優先し、寝室は暗くしてアイマスクをして寝ましょう。

また寝る前の1時間前に、お風呂に入ったりテレビ見ることや携帯電話の使用は神経を刺激します。睡眠の質を落としますので使用しないようにしましょう。

また夜勤中や夜勤明けの食事はインスタントやコンビニ弁当ではなく、

野菜ジュースやヨーグルト、スープなど消化に良いものがおすすめです。

 

○夜勤専従という働き方

夜勤と日勤、早出遅出といった変則的な勤務が身体に大きな負担をかける一因になっています。

この場合夜勤専従という働き方もあります。

予定が立てやすい、リズムが決まっていて働きやすいというメリットもあります。

ただし長期に渡って夜勤を続けることは、身体にはあまりよいとはいえません

その点を考慮した上で、ひとつの働き方として考えてもいいでしょう。

 

夜勤は金銭的なメリットもあり、また様々な工夫をして乗り切っている人も多くいます。

しんどい面ばかりが目につきやすい夜勤ですが、体調管理や身体のリズムを考えながら、上手く付き合う方法を考えていきたいですね。

 

介護の夜勤がしんどい|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

夜勤があるから介護職はしんどい、とよくいわれますが、介護の現場において夜勤は切っても切れない関係にあります。

 

夜勤のない現場で働くという選択もありますが、夜勤と付き合う方法を自分で見つけるという方法もあります。

また夜勤に問題点があれば、管理職にその現状を相談することも必要です。

 

職員同士で助け合いながら、無理なく夜勤をこなせるようにしていきたいですね。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです