介護業界って色々な資格がある・・・

社会福祉士って一体どんな仕事をするの?

 

SPONSORED LINK

 

介護業界には社会福祉士や介護福祉士、
ヘルパーやコーディネーターなど色々な資格がある為、
仕事内容に混乱をしてしまいませんか?

 

利用者の相談を受けて、
日常生活のサポートを行うのが社会福祉士の仕事
と言いますがイマイチ具体的なイメージがつかみづらいですよね。

 

今回は、そんな社会福祉士の仕事内容についてまとめています。

社会福祉士の仕事内容とは?

1

Original update by:acworks

 

社会福祉士と介護福祉士って何が違うの?

社会福祉士は
病気や障害、生活状況など、さまざまな理由により

日常生活を送る上で困難になった人の相談を受けて
安定した生活ができるようにサポートする仕事です。

 

社会福祉士が受ける相談内容は

 

・高齢者介護

・障碍者支援

・生活保護

・児童福祉

など、福祉分野のすべてが対象になります。

主な相談内容は以下の通りです。

 

・介護保険制度

・障害者自立支援給付などの補助金制度

・福祉施設の入居

・介護士の派遣

保険制度など、
利用者が抱える介護に関する
不安や悩みを取り除いてあげるお仕事なのですね。

 

実際に利用者の介護に携わる介護福祉士に対して、
社会福祉士は福祉分野のあらゆる知識を必要とします。

介護の基礎知識や介助の仕方だけでなく、
一般的な医学や心理学など、勉強することも数多くあります。

 

まさに福祉分野のエキスパートともいえる存在なのですね。

社会福祉士の資格は必須なのかな?

実際に社会福祉士と名乗ることができるのは、
福祉分野の国家試験に合格した人のみです。

一方で、
社会福祉士の資格を習得しなければできない、
という業務があるわけではありません。

 

相談業務については
働く場所に関する知識があれば、必ずしも資格が必要ではないのです。

 

病院なら「医療ソーシャルワーカー」、
老人福祉施設なら「生活相談員」、
児童相談所なら「児童福祉司」と言った感じで
働く場所によって呼び方は異なります。

社会福祉士の活躍の場所とは?

社会福祉士の活躍の場はどんな場所なのでしょうか。

福祉の世界も広いので、社会福祉士になると、
様々な場所で仕事をしている人がいます。

 

その中でも
社会福祉士が最も多く活躍しているのは「生活相談員」です。

生活相談員をもっと具体的に知りたい!

生活相談員は
高齢者や障がい者の生活に関する相談を受け、
安全かつ安定した生活を送れるように指導していく仕事です。

 

主な勤務先としては、

 

・養護老人ホーム

・肢体不自由者更生施設

・知的障がい者授産施設

があげられます。

 

現在、全国に約10万人の生活相談員が活躍していて、
施設内のリーダー的存在として多くの社会福祉士が活躍しています。

 

そんな生活相談員の主な仕事内容としては…

 

・施設で暮らす利用者やその家族に対して生活上の相談を受ける

・利用者が自立した生活を送るための援助計画を立てる

・援助計画に沿った施設生活を実行に移し、定期的な評価や必要であれば見直しを行う

・利用者に関わる必要な公的手続きの代行や、公的な支援を利用者やその家族に情報提供する

 

 

社会福祉士は施設を利用する人の頼りになる存在でいなければなりません。

利用者の困りごとや不安などの解決にあたることも大切な仕事のひとつです。

 

他にも児童福祉施設や医療関係など様々な方向に活躍の場が存在します。

自分のやりたいことと合わせて、方向性を決めていくことができますよ。

社会福祉士にはどうやったらなれるの?

2

Original update by:acworks

 

社会福祉士になるためには、
社会福祉士の国家試験に合格して

社会福祉士の資格を取得する必要があります。

 

介護の相談員として働くときに必ずしも資格は必要ではありませんが

「社会福祉士」と名乗るためには国家資格を取得しなければなりません。

社会福祉士になるためにはどんなルートがあるのかな?

社会福祉士になるためには、いくつかの方法が存在します。

まずは
国家資格を取得するための受験資格を取得する必要があります。

 

それは年齢や現在の生活の状態にも
関わってくるとは思いますが、大きく4つです。

 

福祉系の4年制大学で決められた過程を修了すること

・福祉系の短期大学で決められた過程を修了し、
実務を1年~2年経験すること

・一般の4年制大学を卒業して、一般養成施設に1年以上通学すること

・一般の短期大学を卒業して、
実務を1年~2年経験し、一般養成施設に1年以上通学すること

福祉系の4年制大学に進んで
4年間みっちりと勉強しながら実習を行うと

卒業と同時
社会福祉士国家試験の受験資格を取得することができます。

 

一般の大学を卒業しても
実務経験を積むことで国家試験の受験資格を得ることができますが

やはり
福祉系の大学、短期大学、専門大学などに進学するのが1番スムーズです。

社会福祉士経験者に学ぶ仕事のやりがいとは?

仕事をするならやりがいを感じたいと思うのは誰でも同じですね。

社会福祉士の仕事はどんなところにやりがいを感じているのでしょうか。

 

社会福祉士経験を持つ人の話を聞いてみましょう。

社会福祉士をしていて、やりがいとはどんなところですか?

今の日本はどんどん高齢化が進んでいます。

 

これから急増するであろう介護を必要とする
高齢者のケアや社会全体で障害者の生活を支援する
そんな社会福祉の仕事は需要が増えていくはずです。

 

相談者1人1人の人生を左右する仕事なので、
長期に渡る関わりが必要です。

相手のことを知ったうえで、
1番良いアドバイスをしていかなければなりません。

 

そんな中で、
相談・援助をすることによって
相談者がより良い生き方にたどり着いた時には

口では言い表せないほどの達成感を感じることができます。

 

その為には、

 

・ひとつの案件に真摯に向き合う

・常に自分の知識を増やすための勉強を怠らない

・相談者の気持ちになって、どうすれば良い方向に進むのかを考える

・失敗も今後の肥やしにしていく

など、日々、自分自身を成長させていくことも必要です。

 

社会福祉士の仕事は常に人が相手になる仕事です。

相手の役に立つことができた時には感謝をされることも多く

ありがとう」という声は何よりもの励みになります。

 

モノづくりと違い感謝の気持ちを
ダイレクトに聞くことができる社会福祉士は

その言葉や笑顔がやりがいに直結するという人もいるほどです。

 

また、努力次第では大きくステップアップすることもできます。

豊かな経験と実績から、
大学や専門学校の教授に招かれたり、
国の機関に特別採用される人もいます。

 

これまでの努力が報われて
良い方向へ進んだ時が、1番のやりがいを感じるでしょう。

年齢に関係なくキャリアアップの道が無限に広がる仕事といえます。

社会福祉士とは|まとめ

いかがでしたか?

 

社会福祉士は
福祉関連の幅広い知識をもったエキスパートといえます。

 

介護を必要とする人、
助けを必要とする人の相談に乗り、
1人1人に合ったアドバイスをしていく

そして、
安定した生活ができるようにサポートしていくのが主な仕事です。

 

社会福祉士になるには
国家試験を受けることになりますが、受験資格を得るためには

福祉系の大学や短期大学を卒業する必要があります。

 

多くの人がやりがいを感じている仕事でもあるので、
これから目指してみようと考えている人や

転職を考えている人にも需要の高い仕事になるのではないでしょうか。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです