旦那が介護職で働いているけど体と精神が心配・・・

お給料も高くないし、他の方はどうしているのかな?

 

SPONSORED LINK

 

介護職は給料が安く、また夜勤などでシフトが不規則なことから、

結婚すると家を預かる主婦は大変だという話を聞きます。

 

しかし本当にそうなのでしょうか。

 

実際に介護職同士で職場結婚し、子供もいる家庭もありますし、

やりくりし貯金が出来ている家庭も多くあります。

 

また安いといわれている介護職の給与ですが、働く施設によっても違いがあり、

キャリアアップして昇給している介護職の男性もいます。

 

ではどうして介護職との男性の結婚が不安視されるのか、

実際に結婚している人の体験談なども含めてまとめました。

 

介護職の旦那が不安な理由とは?

3

Original update by : 写真AC

 

介護職をしている旦那との生活が不安な理由には、どのようなものがあるのでしょうか?

 

介護職は仕事のきつさの割に給与が低いことが多く、またシフトも不規則となっています。

さらに一般的には介護職は大変な仕事だというイメージが定着していることにも、

不安を感じる一因となっています。

 

○介護職は給与が安い

介護職は仕事が大変なのに給料が安いとよく言われます。

厚生労働省の統計で、全産業の平均給与よりも介護職は11万円ほど低くなっていて、

それがニュースにもなりました。そのことから介護職は給与が安くて生活が出来ないと

考える人が多いことも現実です。

 

○シフトが不規則

介護職は施設によっては日勤だけではなく、夜勤や早出、遅出といった不規則なシフトで仕事をすることになります。

そのため一緒に生活をする主婦も食事の支度や家事をそのシフトに合わせなくてはならず、

子供がいればさらに大変になります。

 

○介護の仕事はきつくて大変

介護の仕事は肉体労働でもあります。

そのため腰痛や肩こりに悩まされる人や、年齢が上がると体力的に仕事を続けるのが難しくなるといった現実もあります。

またうつ病など精神疾患が多いことも、介護職ではよく聞かれます。

 

介護職は高齢化社会には欠かせない仕事だと言われる一方で、

そんな大変な仕事をしている男性と結婚すれば苦労するのが目に見えている、

と周囲から反対されることも少なくありません。

 

では実際に介護職の給与はどれぐらいなのか、詳しく見ていきましょう。

 

介護職の旦那の給与事情は?年収や手取りはいくら?

介護職の旦那の給与事情はどのようになっているのでしょうか?

また年収や手取りはいくらぐらいなのでしょうか?

 

○施設によっても給与体系に違いがある

2015年の厚生労働省の統計によると、福祉施設で働く介護職員の税引き前の給与は平均22万円となっています。

実際の手取りは17万円ほどになり、ボーナスと合わせた年収は300万円前後です。

しかしこれはあくまでも平均であり、地域や施設の経営母体によっても大きな差があるのが実情となっています。

さらにボーナスがなく毎月の手当てに含まれる事業所などもあります。

 

○資格保持者だと給与に手当が付く

未経験で介護職に就いた場合は、給与はかなり低めです。

しかし経験を積み、介護福祉士やケアマネといった資格を取得すると、

資格手当が給与に付くようになります。

資格手当については施設によって違いがあり、つかないところもあります。

また金額も7000円から10000円と差があります。

しかし有資格者であれば、将来的に管理職へステップアップすることが可能になります。

 

介護職の上位資格を取得することで給与がアップする可能性が大きく、

また施設の中でもサービス付き高齢者向け住宅や有料老人ホームの正社員の給与は高めなのに比べ、介護老人保健施設などでは給与が低いといった差があるのが介護職の給与の現実となっています。

 

では介護職の旦那と結婚してからの生活について、詳しく見ていきましょう。

 

介護職の旦那を持つとどんな生活?結婚しても大丈夫?

4

Original update by : 写真AC

 

介護職との旦那と暮らすとどのような生活になるのでしょうか?

また結婚しても大丈夫なのでしょうか?

 

○専業主婦として旦那を支える

給与が低めであっても、将来的に資格取得を目指しキャリアアップを考えているのなら昇給も不可能ではありません。

またリストラや倒産といったリスクが少ないことが、介護職の強みです。

不規則なシフトであっても、専業主婦として働く旦那を支えることが可能です。

また介護職は施設によって給与体系に大きな差がありますので、資格を取得した後に待遇の良い施設へ転職することで、年収アップの可能性もあります。

 

○共働きを目指す

子供が欲しい、貯金をしたい、マイホームが欲しい、そういった人生プランを考えているのなら、

主婦であるあなたもパートや正社員の道を考える必要があります。

これは旦那が介護職だから、ということだけではなく、一般企業で働いている旦那を持つ主婦であっても必要に迫られることがありますので、特殊なことではありません。

 

介護職に関わらず、高収入の職業に就いている人はそれほど多くありません。

さらにお金に関する価値観や仕事に対する価値観は、変化しています。

 

周りの声に流されず、将来的なことも含め、二人でしっかりと話し合うことで結婚が現実のものとなります。

また一生にかかる金額をきちんと把握した上で、二人でそれが実現できるかどうか冷静に考えるようにしましょう。

 

では実際に、介護職の旦那と結婚した先輩主婦たちの節約術を詳しく見ていきましょう。

 

介護職の旦那をもつ先輩たちに学ぶ!おすすめ節約術とは?

介護職の旦那を持つ主婦の先輩たちは、どのように節約しているのでしょうか?

 

○買い物はまとめ買いで無駄なものを買わない

毎日のちょこちょこ買いは無駄なものを買ってしまいがち。

週に一度の買い出しで、冷凍庫をフル活用します。

 

○旦那のお弁当や飲み物は準備する

夜勤や日勤など不規則なシフトがある介護職は、健康面も心配です。

それに加え、お茶やジュースはほんのわずかな金額でも積もり積もればかなりの金額になります。

勤務先に持っていくお弁当やお茶は家で作り、持参するだけでも節約になります。

 

○目的をもって貯金する

残ったお金を貯金しよう、ではお金はたまりません。

少ない介護職の給与でも、毎月きちんと貯金が出来ている人はたくさんいます。

何のために貯金するのか、目的がはっきりしている方が確実にたまります

 

節約しなきゃ、と思い詰めると逆にストレスにもなりかねません。

たまには外で食事をする、手抜きのする、といった息抜きもしながら生活していくことが必要です。

 

旦那が介護職だと不安|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

給与が安いといわれる介護職ですが、実際には結婚して子供がたくさんいる家庭や、

マイホームを持ち、明るく楽しい生活を送っている人も多くいます。

 

介護職にマイナスのイメージを持っていると、周りへの説明もマイナスになりがちです。

将来さらに必要とされる仕事であること、リストラや倒産といった不安要素が少ない業種であることを、夫婦共々周りに理解してもらえるよう伝えていきたいですね。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです