介護福祉士の合格発表っていつ、どこで行われるの?

合格した後は何をしたらいいの?

 

SPONSORED LINK

 

介護職を続けていくなら是非、
取っておきたいのが介護福祉士の資格。

1年に1度行われる国家試験です。

 

試験のために寝食を忘れて
勉強してきた方もいらっしゃると思います。

試験が終わればホッと一息つきたくなりますよね。

 

でも、気になる合格発表はいつどこで行われるのか、
きちんと把握していますか?

 

今回は介護福祉士の受験後、
合格発表から登録までの流れをご説明していきます。

今後試験を受けようと考えている方も、
是非、参考にしてください。

 

介護福祉士試験の合格発表はいつ?

2_95_1

Original update by : 写真AC

 

第29回(平成28年度)の
試験日及び合格発表日が下記の通り決まりました。

 

  • 筆記試験・・・平成29年1月29日(日)
  • 実技試験・・・平成29年3月5日(日)
  • 合格発表・・・平成29年3月28日(火)

 

まず筆記試験の合否ですが、
2月中旬以降に試験の結果通知が順次郵送されます。
その結果を見て、次の実技試験に挑むことになります。

 

実技試験を免除されている方には、
この通知は届きません。

3月28日の正式な合格発表の日に、
実技試験を受けた方と一緒に発表されます。

 

介護福祉士の合格発表はどこで行われるの?

合格発表当日は
少しでも早く合否を確認したいですよね。

確認方法を早い順にご紹介します。

 

1. 厚生労働省および公益財団法人社会福祉振興・試験センターのホームページで確認

3月28日13時から、ホームページ上
合格者の受験番号が速報で掲載されます。

 

2.厚生労働省と公益財団法人社会福祉振興・試験センターで直接確認

3月28日14時から、合格者の受験番号と
合格基準点および正答が掲示されます。

ホームページより詳しい情報が確認できます。

 

厚労省と試験センターの住所はこちらです。

  • 厚生労働省・・・東京都千代田区霞が関1-1-2、中央合同庁舎第5号館
  • 社会福祉振興・試験センター・・・東京都渋谷区渋谷1-5-6 SEMPOS(センポス)ビル

 

3.郵送されるのを待つ

3月28日に合格者には合格証書が、
不合格者にはその旨の通知が、
試験センターより発送されます。

合格者には封書が、
不合格者にはハガキが届きます。

 

介護福祉士試験に合格した後の流れは?

2_95_2

Original update by : 写真AC

 

晴れて合格したとしても、
それだけでは介護福祉士を名乗ることは出来ません。

介護福祉士として仕事をするには、
登録申請をしなければなりません。

 

合格してから登録までの流れをご説明します。

 

  1. 合格証と一緒に「介護福祉士 新規登録の手引き」という冊子が送られてくる
  2. 登録資格要件を有し、欠格事由に該当していないか確認
  3. 必要書類を簡易書留で提出
  4. 試験センターで受理
  5. 登録証の交付

 

1.合格証と一緒に「介護福祉士 新規登録の手引き」という冊子が送られてくる

合格証に同封されてきます。

介護福祉士養成施設の新規卒業者には、
原則として、卒業した養成施設を通じて配付されます。

登録に必要な書類など重要書類が入っていますので、
紛失しないよう気を付けましょう。

 

2.登録資格要件を有し、欠格事由に該当していないか確認

受験前に介護福祉士の受験資格を
満たしていた方は特に問題ありません。

従業期間・従事日数、単位の修得など、
3月31日までの見込日数で受験資格を満たしていた方は、
登録資格を得たことを証明する書類
提出しなければなりません。
準備しておきましょう。

 

3.必要書類を簡易書留で提出

必要書類を揃えて簡易書留で送ります。

必要書類は以下の通りです。

登録申請書

登録免許税として9千円分の収入印紙を購入し、
この用紙に貼って提出

登録手数料「振替払込受付証明書」貼付用紙

登録手数料3,320円を郵便局などで払い込み、
払い込み用紙を貼付する

介護福祉士養成施設等の卒業(修了)証明書

介護福祉士養成施設卒業(修了)者に限り必要

戸籍抄本、戸籍の個人事項証明書、本籍地を記載した住民票のいずれか1通

書留郵便物受領書は必ず保管しておきましょう。
問い合わせの際に必要になります。

 

4.試験センターで受理

試験センターで書類を審査した後、
問題が無ければ登録名簿に登録されます。

 

5.登録証の交付

登録証の交付は通常1か月程度で、
書類に記載した住所に郵送されます。

ただし、登録申請が集中する3~5月は、
1か月半程度かかる場合があります。

 

登録証が送られて、
初めて介護福祉士を名乗ることが出来ます。

書類送付から1カ月半を過ぎても
何の連絡も無いようでしたら、
試験センターに問い合わせをしてみましょう。

 

介護福祉士試験の合格発表はいつどこで|まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

第29回の介護福祉士の試験の合格発表は
平成29年3月28日です。

合格をいち早く知りたければ、
厚生労働省や試験センターのホームページで確認しましょう。

 

合格後は、「介護福祉士 新規登録の手引き」を元に
必要書類を揃えていきます。
書類に不備が無いように気を付けましょう。

 

登録が終われば、
あなたも晴れて正式な介護福祉士です!



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです