ケアマネージャーの試験が合格しやすくなる裏ワザってあるの!?

どうすれば合格できるのかな??

 

SPONSORED LINK

 

ケアマネージャー試験の合格率は、年々下がっています。

その原因については、様々な意見がありますが、実際に試験を受ける人たちにとっては、合格率は切実な問題です。

 

介護の現場で仕事をしながらケアマネージャーの資格を目指している人たちは、どのような対策を取るべきか悩みを抱えているのではないでしょうか。

 

ここでケアマネージャーの概要や試験内容を改めて見直すと共に、ケアマネージャー試験の合格率の低下の原因と、試験対策について詳しい情報をまとめました。

 

合格率の低さに資格をあきらめることのないよう、今回の記事を参考にしてみてくださいね。

 

ケアマネージャーの概要や試験内容をチェック!

1

Original update by : 写真AC

ケアマネージャーの概要、試験内容とはどのようなものでしょうか?

 

ケアマネージャーは正式には介護支援専門員といい、介護保険制度が導入された際にできた資格です。

 

介護認定を受けた要介護者とその家族と、介護保険サービスをつなぐための相談や関係機関との連絡や調整が主な仕事となります。

 

ケアマネージャーの登録、任用は、まず都道府県の実施する介護支援専門員実務研修受講試験に合格し、介護支援専門員実務研修をすべて受講した上でレポートを提出します。

 

登録を受けると介護支援専門員証が交付されますが、5年ごとに更新が必要となります。

 

また2015年から解答免除制が廃止され、受験者全員がすべての問題を解く試験となりました。

 

試験内容は、

 

○介護支援分野25問

○保健医療福祉サービス分野35問

 

の計60問で、質問に対する5つの答えから2つもしくは3つの正答を選択する五肢複択方式となっています。

 

この試験内容をみても難易度の高い試験であることが考えられますが、ケアマネージャー試験の合格率は実際にどうなっているのか、詳しく見ていきましょう。

 

ケアマネージャー試験の合格率が低いって本当?

ケアマネージャー試験の合格率が低いのは本当のことなのでしょうか?

 

ケアマネージャー試験の合格率が低いことは確かですが、試験内容の違いもあり、他の資格試験と比べて極端に低いとはいいきれません。

 

ケアマネージャー試験は、第1回試験が実施された当初は40%を超える合格率となっていました。

 

その後受験者数は増加傾向にありながら合格率は下降し、現在では15%から20%の合格率となっています。

 

ケアマネージャーと同じく、介護職で求められる資格である介護福祉士は合格率60%とケアマネージャーよりも高くなっています。

 

しかし介護福祉士は、受験資格がケアマネージャーよりも必要とされる経験年数が2年長く、また試験内容も出題数が多くなっています。

 

しかし介護福祉士試験は五肢択一で正答は1つとなっています。

制限時間内で解答するスピードが介護福祉士試験には求められますが、従業期間の短さなどで、十分な試験対策ができていない受験者もケアマネージャー試験には多いとも考えられます。

 

ではケアマネージャー試験の合格率が下がった原因について、さらに詳しく見ていきましょう。

 

ケアマネージャー試験の合格率が低い主な原因とは?

1

Original update by : 写真AC

ケアマネージャー試験の合格率が低い主な原因とはどのようなものでしょうか?

 

合格率の低さに関して、明確な解答は提示されていませんが、以下のような原因が考えられます。

 

○受験資格に達した時点でとりあえず受けてみようと考える受験者が多い

○試験内容の改訂などで受験者が減少している

○試験の解答方法が難しい

 

とりあえずケアマネージャーの資格をとっておこう、という心持ちでは合格するのが難しいのがケアマネージャー試験といえます。

 

また業務に就きながら勉強している受験者が多いため、勉強不足や経験不足といった面も影響しています。

 

ケアマネージャー試験は介護福祉士試験などと違い、複択解答となっています。

そのため福祉や医療に関して幅広い知識と正確な知識があることが求められます。

 

さらに試験内容も、より実践的、実用的な問題が多くなっている現状があります。

今までの過去問対策では合格は難しいともいえるでしょう。

 

では試験に向けた具体的な対策について、詳しく見ていきましょう。

 

ケアマネージャー試験に向けてどんな対策を取るべき?

ケアマネージャー試験に向けてどのような対策を取るべきでしょうか?

 

○受験資格を得られたからといった安易な目標ではなく、長期的な対策を立てる

○介護福祉士の資格を取ってから、ステップアップとしてケアマネージャーを目指す

○ケアマネージャー試験対策の教室や専門学校、また通信教育などを利用する

 

ケアマネージャー試験は幅広い知識が求められる試験です。

そのため実務や基礎知識がおろそかな状態では、合格は難しいのが現状です。

 

またケアマネージャー試験の対策で得た知識は、職場における実務でも必要とされます。

 

ケアマネージャー試験の問題が多く出題されるテキストと問題集を合わせて試験勉強をしましょう。

特にケアマネージャー試験は見直しされることが多いため、必ず受験する年に改定された最新のものを使うことが必要です。

 

試験対策として過去問を何度も解く方法がよくおすすめされていますが、基礎を身につけてから仕上げとして過去問にチャレンジするといいでしょう。

 

業務をこなしながらの受験勉強は難しいかもしれませんが、受験勉強で得た知識は試験だけでなく、合格した後の研修でも必要となります。

 

絶対にケアマネージャーになるといった、強い意志をもって、ケアマネージャー試験にむけてモチベーションを保ち続けて行きたいですね。

 

ケアマネジャーの合格率について|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

国家資格ではなく、更新も必要なケアマネージャーの資格ですが、地域と密着した仕事のため、今後もその資格は必要とされることが考えられます。

 

合格率はあくまでも目安と考え、その数字に振り回されないことが大切です。

 

計画を立てて試験対策を行うことで、合格はそう難しいものではなくなります。

十分な試験対策をたて、安易な考えで受験しないよう、準備期間を長く持つことも大切ですよ。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです