最近親の様子がどうもおかしい・・・

もしかして認知症!?

 

SPONSORED LINK

 

2025年には65歳以上の5人に1人
認知症になると言われています。

 

今や総人口の26.7%を65歳以上の高齢者が占めるようになり、

2025年には認知症患者は700万人を超えると予想されています。

 

決して他人事ではなくなる認知症ですが、
事前にしっかりと知識を持っておけば

いざという時に焦らず対応することが出来ます。

今回は、認知症の種類やその対処法を詳しくご紹介していきます。

まずは認知症の概要を知ろう!

 1

Original update by : イラストAC

認知症とは一言でいえば、脳の病気です。

ですが、病名ではありません。

 

脳の細胞が死んでしまったり、働きが悪くなってしまうために
生活に支障が出ている状態」のことを認知症とよびます。

 

具体的には次のような認知機能に影響が出てきます。

 

・物を覚えること(記憶)

・会話を理解すること(言語理解)

・出来事を判断すること(判断)

認知症といっても、
原因となる脳の病気や影響を受ける脳の部位によって、
症状も治療方法も異なります。

 

ですから、
身近な人が認知症かなと思ったら、
医療機関で次の事を確認することが大切です。

 

・原因となる脳の病気と、影響を受ける脳の部位を診断してもらう

・それによってどのような「認知機能」に支障が出ているかを確認する

認知症の原因となる脳の病気はたくさんあります。

頻度の高いものから順番に見ていきましょう。

最も発症しやすい認知症といえば?

認知症の原因となる脳の病気で、
最も発症しやすいものは、アルツハイマー病です。

認知症患者の約60%がアルツハイマー型だと言われています。

男性よりも女性の方が発症率が高いです。

 

アルツハイマー病は、
脳にアミロイドベータとタウと呼ばれる
異常なタンパク質が溜まり、正常な神経細胞がダメージを受け、
脳萎縮がおこることが原因だとされています。

アミロイドベータなどのタンパク質が
蓄積する原因はまだ分かっていません。

 

発症には加齢や遺伝が関係するということは、
以前から明らかになっていました。

それに加えて、
糖尿病高血圧などの方もアルツハイマー型認知症に
なりやすいことが科学的に証明されています。

そのため、生活習慣の改善が重要視されています。

 

アルツハイマー型以外の脳の病気では、他に3つが挙げられます。

 

・脳血管型認知症

・レビー小体型認知症

・前頭側頭型認知症

・脳血管型認知症

脳梗塞や脳出血、くも膜下出血などが原因です。

脳の血管が詰まったり出血したりして、
脳の細胞に酸素が送られなくなり、
神経細胞が死んでしまうことで認知症が起こります。

・レビー小体型認知症

レビー小体とは、
神経細胞に出来る特殊なたんぱく質です。

レビー小体が脳の大脳皮質や脳幹にたくさん集まると
神経細胞が壊れてしまうため、神経を上手く伝えられなくなり
認知症の症状が起こります。

女性より男性の方が発症率が高いです。

・前頭側頭型認知症

若年性認知症など若い人でも発症する認知症です。

脳の前にある
前頭葉と横にある側頭葉の委縮によって認知症が起こります。

 

原因となる脳の病気によって、症状も対処法も違ってきます。

次のチェックシートで確認してみて下さい。

主な症状や対処法を認知症の種類ごとにご紹介!

2

Original update by :イラストAC

認知症は初期段階できちんと対処すれば、
進行を遅らせることが出来ます。

次のチェックシートを利用して、早期発見に役立てて下さい。

○アルツハイマー型認知症

症状

□ 数分前、数時間前の出来事をすぐに忘れる

□ 同じ内容の話や質問を繰返す

□ 日付や曜日がわからなくなる(見当識障害)

□ きちんと薬をのむことができなくなる

□ 仕事や家事の要領が悪くなる(実行機能障害)

□ 通い慣れた場所で道に迷う

対処法

・同じ話題を繰り返したり、要領が悪く失敗しても怒らない

・否定せず話を合わせる

・カレンダーやメモを活用する

・薬を管理する

無理強いせず安心できる言葉がけをする

 

アルツハイマー型認知症は、
本人がいくら努力しても物忘れを防ぐことは出来ません

それに対して怒ってしまうと、
怒られたと言う不快な感情だけが残り、症状の悪化に繋がってしまいます。

○脳血管型認知症

症状

□ 酷い物忘れがあるが、
しっかり受け答えが出来ることもある(まだら認知)

□ 1日の中でも調子の良い時と悪い時がある

□ 感情のコントロールが出来なくなり、キレやすくなる

対処法

・自分が認知症だと理解出来ているため、より配慮が必要

・出来ないことは無理強いしない

・怒りのポイントを掴む

・脳梗塞などを繰り返さないように定期的に受診させる

・リハビリをして脳を活性化させる

 

しっかり受け答えが出来る時があるので、
出来ない時は怠けているだけのように見えてしまいます。

しかし、
出来ない時は認知症の症状が出ている時だと理解することが大切です。

脳梗塞を繰り返すと
症状はどんどん悪化してしまうので、定期的な受診が必要です。

○レビー小体型認知症

症状

□ 実際にはないものが見える(幻視)

□ もの忘れがある

□ 頭がはっきりしているときと、そうでないときの差が激しい

□ うつ的である

□ 動作がゆっくりになった

□ 小股で小刻みに歩く

□ 睡眠時に異常な言動をとる

□ 転倒や失神を繰り返す

対処法

・幻視を訴えられても否定せず、話を合わせて安心させる

・動作がゆっくりでも急かさない

・出来ないことは無理強いしない

・日中適度に体を動かす

・転倒しないように、家の中の段差を取り除き手すりなどを付ける

 

周りの人には何も見えなくても、
本人には確実に見えているのが幻視です。

否定すると余計に混乱するので、
まずは安心させることを優先させます。

○前頭側頭型認知症

症状

□ 同じ行動を脈略なく、何度も繰り返す

□ 砂糖を全部食べてしまうなど、食にまつわる異常行動

□ 集中力や自発性が無くなる

□ 万引きなどの反社会行為がみられる

対処法

・何度も同じ行動を取ろうとしますが、
無理にやめさせたりしない

・イライラしている時は笑顔で対応すると、
影響されて笑顔になることがある

・食べ物の管理をする

・反社会行為には専門家に相談する

 

周りに影響されやすいので、
騒がしい場所ではイライラすることが多いです。

言葉を理解しない時もあるので、
ジェスチャーを交え優しく接することを心がけましょう。

実は違う!認知症と間違えやすい病気の種類とは?

一見認知症に良く似た症状なのですが、
医師でも診断を間違えやすい病気が存在します。

対処法など全く違ってきますので、
よく理解しておく必要があります。

特に次の4つの病気が代表的です。

 

・仮性認知症

・せん妄

・うつ鬱病

・妄想と幻覚

・仮性認知症

一過性の認知症ですが、
認知症特有の記憶障害が無く、適切な治療をすれば正常な状態に戻る病気です。

心因性精神疾患や精神病、そううつ病などが原因で、
周囲に無関心になったり集中力がなくなることがあるので、

認知症とよく間違われます。

・せん妄

軽い意識障害が起こり、頭が混乱した状態をいいます。

何らかの原因で脳の機能が低下して幻覚を見ることもあり、
認知症の症状とよく間違われます。

症状が急に発生し、数時間から数日掛けて
進行していくのが特徴ですが、一時的なものなので治療が可能です。

・うつ病

高齢者のうつ病は、
不安・焦燥感が強い、制止症状が強い、妄想を形成しやすいなど、
認知症の症状によく似ています。

認知症は比較的ゆっくり進行していくのに比べて、
うつ病は急速に症状が進んでいきます

うつ病には安静と休息が必要で、
励ましはしてはいけないと言われていますので、
認知症ときちんと区別する必要が出てきます。

・妄想と幻覚

高齢期は、退職や知人との離別などの喪失体験があるため、
他の世代に比べて妄想や幻覚が起こりやすくなります。

認知症の症状によく似ているため、
誤診されやすいのですが、環境を変える
劇的に改善されることがあるのが、認知症と違うところです。

 

気になる症状が出ていたら、
認知症か他の病気かを判断するためにも
早目に受診することが大切です。

 

「その場合、何科に行けばよいの?」

 

認知症の治療を専門的に行う
「物忘れ外来」や、精神科、神経科、神経内科、老年内科
などで診断してもらえます。

「病院に行こう」と言うと、本人が拒むことも考えられますが、
症状を細かくメモして先に家族だけで相談に行くことも有効です。

認知症の種類について|まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

一口に認知症と言ってもさまざまな種類があり、
症状や対処法も違ってきます。

家族に気になる症状が出てきたら、

 

1. 受診して認知症かどうかをはっきりさせる

2. 認知症には種類別によって症状が違う事を理解する

3. これ以上進行しないように、対処法を守る

 

 

しかし、
何もかも一人で抱え込んでは家族の方が倒れてしまいます。

困った時には専門機関に相談することを忘れないでください。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです