介護職って今から目指しても遅くない?

介護職に就くのに有利な資格ってどんなのがあるのか知りたい!

 

SPONSORED LINK

 

高齢化社会の中で、
介護の仕事は慢性的な人材不足に陥っています。

そのため、
介護士募集欄には「未経験者歓迎」という文言をよく見かけますが、
何も学ばずに飛び込んで本当に介護職に就けるのでしょうか?

介護士職を目指すにあたって、
専門的な知識や技術が無いよりはある方がもちろん仕事はやりやすいはず!

今回は、介護職に取得すると役に立つ資格についてまとめてみました。

介護職になる為にはどうすればいい?

1

Original update by : 写真AC

介護の仕事に興味を持ち、
「やりたい!」と思ってすぐにできるものなのでしょうか?

 

結論、介護の仕事に就く事は可能です。

 

基本的に慢性的な人材が不足している業界で、
介護職専門の転職サイトも充実しています。

情報収集をすると多くの施設が募集をかけているので参考になるでしょう。

 

また、ハローワークなどでも介護士の募集はたくさん掲載されています。

雇用形態も常勤(正社員)だけでなく
非常勤(パート、アルバイト)など様々で、
経験未経験についても不問の事業所もありますので、
やる気のみで採用してくれる所もあります。

 

ただ、掲載詳細の必要資格などを見ると・・・

「不問」のところと「介護福祉士」と書かれていたりします。

 

やはり専門的な業界なので、資格取得は絶対なのでしょうか?

資格の有無によって仕事内容でできるものとできないものがあります。

一般的な介護の仕事は、
ほとんど有資格者ではないとできないものばかりなので、
有資格者に対しては、給与面で無資格者よりも
高額設定になっているか資格手当が付くようになっています。

 

もしもあなたが、介護職に就いて
将来的にその道のスペシャリストを目指しているのであれば、
まず先に最低限の資格取得を取得してから実務経験を積み、
ステップアップした資格を取得していくという流れが堅実でしょう。

介護職にはどのような仕事(職種)があるの?

介護職といっても職種は様々です。

どのようなものがあるのか簡単に紹介します。

・介護職・ホームヘルパー

施設や自宅で利用者さんの生活全般のサポートを行います。
直接身体に触れなければ無資格でもできますが、
基本的には、ヘルパー2級か介護職員初任者研修修了以上の資格が必要です。

・ケアマネージャー(介護支援専門員)

介護を受ける本人や家族と事業者の間に立ち、
一人一人に合わせたケアプランを立てます。

そして、
プランに沿って適切に介護が行われているか定期的に見守ります。

これは、介護の実務経験5年~10年の後に
介護支援専門員術無研修受講試験に合格しなければなりません。

さらに業務研修を受けて県に資格登録してもらって
初めてなれるので、道のりは険しいでしょう。

・相談員・営業関係職

介護利用者やその家族の相談に乗りながら、
連動する機関との連絡や調整、手続きを行います。

施設のサービス以外にも利用中の相談やサポートなど
仕事は広範囲に及びます。

社会福祉士などの資格や一定の介護経験が必要です。

・管理職・管理職候補

介護職での管理職といえば、
まず老人ホームなどの施設長管理者がいます。事業所の責任者です。

大規模な施設だとチームリーダーや
フロアリーダーなどのリーダー職も入ります。

これは、特別な資格というよりも専門知識やマネージメント能力
人柄などソフト面が必要です。

なので、どんな資格や経験が必要なのかは事業者によって異なります。

・事務関係職

主な仕事は、
利用者が負担する費用を計算して請求手続きを行ったり、
国や自治体に対して介護報酬の請求手続きを行います。

介護や医療の専門事務は
その分野の保険手続に関する詳しい知識が必要です。

医療事務については取得できる資格があります。

・調理・清掃・リネン関係職

介護利用者が長時間過ごすために、
生活にまつわる身の回りのサポートを行います。

個室の掃除やベッドメイキング、
調理や配膳、デイサービスの利用者の送迎です。

送迎には、第2種運転免許保有者が有利です。

人気がある介護の職種はどれ?

2

Original update by : 写真AC

介護職の職種を紹介しましたが、
この中で人気がある職種はケアマネージャーです。

 

25歳 Tさん
ケアマネージャーの責任ある業務内容にやりがいと魅力を感じる

 

24歳 Sさん
仕事内容もそうですが、給料面でも待遇が良くなるので
今はケアマネージャーの資格取得を目指して勉強をしています

 

26歳 Aさん
体力的な問題から、ケアマネージャーを目指しています

このように、

 

・業務内容

・お給料や待遇

・体力的な問題

 
からケアマネージャーを目指している方は多いのです。

 

介護の実務経験を積んでいくうちに
利用者一人一人の生き方に触れ、
満足して命を全うしてもらうためには
介護士には何ができるのだろうかという考えに至る方も多いのですね。

 

介護の最高峰である
ケアマネージャーを目指してみてはいかがでしょうか?

介護の仕事がしたい|まとめ

いかがでしたか。

介護職は需要が高く、
転職サイトなどもたくさんあります。

まずは登録して業界研究をしてみましょう。

 

あなたの思い描く介護の仕事や、
やりたい事をしっかり考えて、それに必要な資格は
事前に取得してから介護職に就くことがその先のステップアップにつながります。

 

転職の成功する秘訣は、やはり事前準備をしっかりすることです。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです