せっかく仕事にも慣れてきたのに異動!?

しかも異動先には良い噂がなくて正直不安・・・

 

SPONSORED LINK

 

せっかく利用者の方ともいい関係を築けているのに異動を告げられた。

職場環境も問題なくやれているのに異動をしなければならない。

しかも、移動先には怖い上司がいて、人間関係も厳しいという噂。

 

利用者との付き合いや同僚との人間関係など、それまでに積み上げたものを

また一から始める必要があるなど、異動では不安になりますよね。

 

異動先で目を付けられて、仕事がしにくくなるケースもあり得ます。

そのような事にならないように、ここでは異動におけるトラブルやその回避方法についてまとめました。

 

介護職で異動を宣言された時、まずすべきことは何?

7

Original update by : 写真AC

介護職で異動を宣言されたときに、すべきこととはどのようなものでしょうか?

 

異動にあたっては、

 

・今までの通勤時間と変化はあるのか

・異動の目的を確認する

・異動先でどのような知識や経験が求められているのか確認する

 

といったことを確認しておく必要があります。

 

○今までの通勤時間と変化はあるのか

異動初日から遅刻をすると、目を付けられてしまいます。

始業の何分前に出社するべきなのか?

通勤時間に変化はないのか?

異動先に同期がいる場合は、最初に注意するべきことがないのか確認をするようにしましょう。

 

○異動の目的を確認する

異動の目的を確認する事で、周囲との温度差なく業務にあたる事ができるようになります。

退職した人員の補充であれば、その穴埋めができるように立ち振る舞いをしなければなりませんし、組織の活性化を求められているのであれば業務改善などの提案を行う必要があります。

周囲から何を求められているのか?を認識しておくと最初に失敗する可能性を低くする事ができます。

 

○異動先でどのような知識や経験が求められているのか確認する

今までの知識や経験が全く活かせない場合は、自分で勉強をしなければなりません。

異動先での具体的な業務内容や、必要な知識などを事前に聞いておき少しでも勉強をしておくと、異動してからの評価が高く周囲になじみやすくなります。

 

介護職の異動でよくあるトラブルは何?

介護職の異動でよくあるトラブルには、どのようなものがあるのでしょうか?

 

介護職の異動でよく起こりがちなトラブルには、

 

・仕事の効率が悪くなる

・モチベーションの低下

・異動によるストレスの増加

 

などがあげられます。

 

○仕事の効率が落ちる

新しい異動先で仕事に慣れるまではどうしても仕事の効率は悪くなります。

また受け入れる先でも、一から人間関係を作り上げる必要がでてくるため、

全体的に仕事の効率が一時期は落ちてしまうことを念頭においておく必要があります。

 

○異動によるモチベーションの低下

異動先の業務に馴染めずに、仕事に対するモチベーションが下がってしまう方もいます。

今までの業務が楽しかったのであればなおさら、比較をして気持ちが落ちてしまうケースがあります。

 

○異動によるストレス

慣れていた前の部署と比較してしまいがちになるため、精神的に負担が増えると共に

慣れない仕事で身体的にもストレスが増加しがちです。

 

このような不安を持ったままでは、萎縮してしまい異動先で良いパフォーマンスを発揮できません。

では異動先でうまくやっていくためにはどうすれば良いのでしょうか?

そのポイントについて詳しく見ていきましょう。

 

介護職の異動先とうまくやっていくための秘訣はある?

88

Original update by : 写真AC

 

異動した先でうまくやっていくには、どうすればよいのでしょうか?

 

異動となると不安が先行して、後ろ向きに考えがちです。

 

・新たなスキルアップが出来ると気持ちを切り替える

・挨拶をかかさない、人の顔と名前を早く覚える

・大変な業務こそ率先して担当して仕事を覚える

 

異動は受け入れる側も不安を抱えています。それを解消することが

異動先で受け入れられ上手くやっていく秘訣となります。

 

○気持ちを切り替える

異動したくなかった、元の部署に戻りたい、そんな気持ちで仕事に

取り組むとその気持ちは利用者や職員にも伝わります。

新しい知識を身につけて経験を積む事で、将来的に給料アップや転職時に有利になります。

苦労は必ず将来自分の利益として返ってきます。まず自分が異動先で新たな気持ちになって仕事をすることがポイントです。

 

○人の顔や名前を早く覚えるために、挨拶を欠かさないようにする

人とのかかわりが多い介護職では、良好な人間関係を築くことが重要なポイントになります。

挨拶をされて嫌な思いをする人はほとんどいないので、顔や名前を覚えて積極的にコミュニケーションを取るようにしましょう。

 

○大変な業務こそ率先して担当して仕事を覚える

仕事を覚える事が、異動先でうまくやっていく一番のポイントです。

大変な業務や、他の人が面倒と思う業務こそ率先して担当しましょう。

そのような姿勢があればたとえ失敗をしても、むげに責められる事はありません。

早く仕事を覚える為には、実際に経験をするのが一番手っ取り早いです。

最初は大変でも、なるべく多くの仕事に携わるようにしましょう。

 

介護職での職場異動|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

異動に関しては現場ではなく管理者の側から行われるため、

不安や不満を抱えてしまいがちです。

 

そのまま異動してしまうと、自分だけでなく周りにも迷惑がかかることになります。

異動に際して不満や心配があるのであれば、事前にそれを解消することも

必要です。

 

様々な部署での経験を積むことは、自分自身のスキルアップにもつながります。

悲観的になるのではなく、前向きに受け取って新たな場所でも頑張りたいですね。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです