毎日、仕事に行くのが憂鬱・・・
介護の仕事を辞めてもなんとかなるかな・・・

 

SPONSORED LINK

 

介護の仕事は
利用者や一緒に働くスタッフとのコミュニケーションが大切です。
しかし言い換えるとそれは、
人間関係のトラブルが多いことも意味しています。

肉体労働であると同時に
精神的にも疲れてしまったという介護士も少なくないでしょう。
もう仕事を辞めたい」と思い悩む人もいるはずです。

ここでは
介護の仕事を辞めたいと悩んでいる人への改善策
辞めた後の選択肢などを考えていきたいと思います。

仕事辞めたい病で悩む人たちの理由は何?

3

Original update by:いらすとや

 

介護職を辞めたいと考えるのは決して珍しいことではありません。
介護という仕事は体力的にも精神的にもキツイ内容だからです。

そんな中、介護の仕事を辞めたいと考える人の
大きな理由を見ていきましょう。

・仕事内容と給料が見合っていない

介護職は
入所した施設またはヘルパーとして高齢者の自宅に行き、
身の回りのお世話をすることが主な仕事内容です。

単純に高齢者の話し相手になればいい、
そばにいて助けてあげればいいという
簡単なものではありません(; ̄ー ̄川 アセアセ

 

時に食事の介助レクリエーションの提供、
そして下のお世話などもしなければいけないのです。

自分よりもはるかに人生経験の多い高齢者に
心無い言葉を浴びせられる場合もあります。

それにも関わらず給料が低いのが現実です。
自分のやったことに対しての見返りが低いと
モチベーションが下がってしまうのは誰でも同じでしょう。

・勤務時間が不規則

特に介護施設で働いていると、
入所している高齢者にとっては家と同じなので
24時間体制でお世話をしなければなりません。

介護職員の勤務もシフト制になり、
もちろん夜勤もあるでしょう。

夜勤は施設によって違いはありますが、
16時間勤務を強いられる施設もあります。

休みも一般企業に比べると少なく、
月に8日前後というところがほとんどです。
こんな不規則な勤務体制のせいで、体調を崩す人もいます。

有給休暇も取りにくいのが現実なので、
せめてしっかり週休2日はもらえる仕事に
シフトしたいという声が高まるのもうなずけます。

・人間関係がツライ

介護の現場では利用者との人間関係と
一緒に働くスタッフとの人間関係があります。

そのどちらか一つでも、
上手くいかないと仕事がツライ状態になってしまいます。

人間だれしも性格はバラバラなので、
すべての人と仲良くできるとは思えません。
しかしこれだけ身近に接する人と
折が合わないのは致命的とも言えます(o ̄∇ ̄)o!!ガーン

利用者からは暴言を吐かれたり、
暴力を振るわれて悩んでいる介護士がいます。

一緒に働くスタッフとの
連携が取れずに孤立してしまう介護士もいいます。

こういったキツイ仕事だからこそ、
人間関係の安定はとても重要です。

上手くいかなければただただ、
キツイことだけが積み重なり、仕事を辞めたいとなってしまいますね。

 

仕事辞めたい病を改善する方法はあるの?

一度、仕事を辞めたい病にかかってしまうと、
何をしている時もそのことばかりが頭を支配します。
それは日々の仕事に
行動となって表れてしまうので注意が必要です。

ではこの仕事辞めたい病を改善する方法はあるのでしょうか。

・不満があるなら上司に直接訴える

どうせ辞めるのだからと思えば、
上司に不満を訴えるのも一つの方法です。

文句や言いたいことがあるのに、
我慢して言えないタイプの人はストレスを溜めてしまいがちです。
遠まわしに近くの同僚に言う、
まったく関係ない友達などに不満をぶつけるよりも
直接上司と話をしてしまえば、
もしかすると解決することもあるかもしれません。

間違っていると感じているのに、我慢して続けるよりも
あなたの正当性を正しておいた方が、
いざ辞める時も心残りなく去ることができますよね(@`▽´@)/ ハイッ

・お金以外の目標を見つける

介護職を辞めたい理由にもあったように、
給料が安いということがあげられます。

確かに介護職は一般企業に比べて
給料が少ない傾向にあるのは事実です。

しかし介護職でないと得られないような
喜びやりがいがあるのも事実なんです。

ですから「介護士としてこうなりたい」とか
あの人のような介護士になりたい」など
お金以外の目標を探してみましょう。
それ以外にも「せめて1年は頑張ろう」とか、
「コレができるようになるまでは続けよう」など

期間を設けるのもひとつの方法です。

・仕事だからと割り切るのは逆効果

よく、
仕事とプライベートを分けた方がいい、という人がいます。
もちろんそれは間違いではありません。

それを実行して上手に切り替えができる人は、
その方法でいいと思うのですが
現実は上手くいかない人がほとんどなはずです。

その理由は簡単で、
仕事というのは1日の中の大半を占めるからです。
介護職であれば尚更、拘束時間が長くなるので
仕事もプライベートもごちゃまぜになってしまいます。

仕事が辛くて家族にあたってしまっては元も子もないので
それならスパッと転職などを考えた方が
精神的にも健康的と言えるでしょう。

仕事辞めたい病の人たちの今後の選択肢は?

2

Original update by:acworks
仕事を辞めたい病の人たちの今後を考えていきましょう。

介護の仕事を辞めたからと言って、
無職でいるわけにはいきません。

多くの人が
「ひとまず今の仕事は辞めたい」と考えていることでしょう。

辞めた後の選択肢としては、大きく分けて2つあります。

 

今の職場に不満がある場合は、
介護職自体を辞めるのではなく別の施設に転職するのが良いです。
これは今の職場の人間関係や経営方針が合わない場合が考えられますね。

同じ介護施設でも
大きな施設と小さな施設では経営方針は大きく異なります。

人間関係も大きな施設なら職員の数も多いので、
それほど気にならないかもしれません。

介護の仕事が嫌いになった訳ではないのであれば、
今後資格を取って給料を上げていくこともできますし
勤続年数を積んだことによる経験が、
あなたの大きな武器になることもあるのです。

 

 

しかし介護の仕事に疲れてしまって
続けられない、これ以上資格などを目指す気力もない

そんな場合は
介護職からはスッパリ縁を切って、違う職種に飛び込むのもありです。

それには一から勉強し直すことが多くありますし、
年下が上司になる可能性もあります。
それでも今の介護職を続けていくよりも
精神的に楽だと感じるなら、迷わず進んでください。

あなたの天職が見つかる可能性が大いにあります。
介護職がツライ、今の職場がツライのであれば、
我慢をして続けていても良い結果は生みません。

うつ病を始めとする体調不良を起こして、
働けなくなることの方が大損害です。
自分を守るためにも、よく考えて決断しましょう。

介護の仕事を辞めたい病|まとめ

いかがでしたか?

介護職は
実際に就いたことがない人から見ても大変なのが伝わります。

本当にこの仕事が好きで、
やりがいがないと続けられないと思います。

ですから「辞めたい」と思うことは
決して恥ずかしいことではありません。

まずは、
不満や割に合わないことがあれば、どんどん声を上げていきましょう。

そして本当に辞めるのであれば、
辞めた後にまた介護職に就くのか別の道に進むのかなど
自分がどうしたいかをしっかりと考えて行動しましょう。

仕事を辞めたい病の人の参考になれば幸いです。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです