介護業界に転職するなら資格が必要なのかな?

介護福祉士ってどんな仕事なのだろう?

 

SPONSORED LINK

 

今、若い女性の間で注目されているのが介護業界への転職です。

転職をするなら若いうちに、
将来性のある職業を見つけておきたいですよね。

 

高齢化が進む現状を見て、
介護職に目を付ける人は多いのでしょう。

介護職につくにしても資格があった方が待遇は変わってきます。

 

いくつかある介護職の資格の中でも、
今回は知名度の高い介護福祉士を取り上げます。

 

介護福祉士はどんな仕事をするのか、
どのように資格を取得するのかなど

介護福祉士についてまとめていきます。

介護福祉士ってこんな仕事

1

Original update by:acworks

 

介護職や介護の現場で
よく聞かれるのが「介護福祉士」という言葉です。

知名度のある言葉ですが実際にどんな仕事をしているのかご存知ですか。

 

介護福祉士は介護の専門的知識技術を持っていて

身体上または精神上の障害があり
日常生活を営むのに支障がある人の介護をします。

 

ここまで聞くと通常の介護職と
何も変わらないという印象ですね。

しかし介護福祉士はただ介護をするというだけではありません。

 

更に介護を必要とする人の
家族のケアや相談にのることもあります。

介護を必要とする人がいる家族に
介護についての知識やアドバイスを指導することができるのです。

 

この指導できる立場にあるというところが、
介護福祉士がプロフェッショナルであるという証です。

指導ができるということは、
専門的な知識を持っていなければなりません。

 

介護福祉士は的確な指導やアドバイスをするためにも、
介護における専門的な知識や技術が必要となります。

また、介護福祉士は国家資格なので、
当たり前ですが無資格者は介護福祉士と名乗ることはできません。

 

介護職は資格がなくても就くことができるので、
いわばやる気があれば誰でもできるでしょう。

しかし「介護福祉士」と名乗ることで、
利用者からの信頼を得やすいのは確かです。

介護福祉士の職場の種類や特徴

介護福祉士が活躍できる職場と言えば、
やはり介護施設や訪問介護ということになります。

介護現場にいることで、
身につけた知識や技術を発揮できるからです。

 

またリハビリセンターや療養所などの
病院で活躍する人も増えています。

介護福祉士の活躍の幅は広がっているといえるでしょう。

 

介護福祉士の資格を持っている人と
持っていない人とでは、現場で求められる内容が異なります。

 

無資格の場合は自分が介護をする相手と
しっかりと向き合うことや、相手が求めているものを
理解しようとする思いやりの気持ちなどが重視されます。

 

介護が必要な相手と自分との間に
信頼関係を築いていくのも大切な仕事です。

1人1人に合わせた対応ができるようになると、とても喜ばれますね。

 

それに対して介護福祉士の場合は、
介護の技術はもちろんのこと、相談援助や社会活動援助の面でも
専門知識を発揮することが求められます。

 

相談援助では要介護者の家族や親族の相談にのったり、
それに対して自分の知識をもって的確にアドバイスをします。

 

介護食の調理方法や、どんな杖が安全なのか、
どんな福祉用具があるのかなど介護を送る上で
日常的に必要な介護の知識が要求されるのです。

 

社会活動援助とは、
介護を受ける人が孤立しないように援助していく活動です。

家族や近隣の人たちと良い対人関係が築けるように支援する必要があります。

 

また地域のサークル活動などの
社会生活の情報を提供してあげることで、
要介護者の生きがいを作ってあげることも重要な役割です。

 

他にも、同じ施設で働く医師や看護師と
連携を取るためのコミュニケーション力も身につけておきたいところです。

どうやって介護福祉士の資格を取るの?

2

Original update by:kotoM

介護福祉士の資格を取るには2つの方法があります。

国家試験を受験する」と「養成施設を卒業する」です。

 

それぞれ詳しく見ていきましょう。

・国家試験を受験する

介護福祉士は国家資格なので、
国家試験にパスすれば基本的には取得できます。

しかし介護福祉士の国家試験は誰でもうけられるわけではありません。

 

必ず満たされていないと受験できない条件があります。

それが
3年以上の実務経験を積む」か「福祉系高校を卒業する」です。

 

このどちらかが満たされていれば、
介護福祉士を受験することが出来ます。

 

3年以上の実務経験を積んでいる人は、
筆記試験と実技試験を受験します。

または、
介護技術講習を受け、筆記試験を受験するか、
実務者研修を受け、筆記試験を受験する方法もあります。

この場合実務試験は免除になります。

 

福祉系高校を卒業した場合、
その内容が旧カリキュラムの場合は筆記試験と実技試験を受験します。

新カリキュラムの場合は、筆記試験のみで実技試験は免除されます。

・養成施設を卒業する

国家試験を受験しなくても
厚生労働省が指定する介護福祉士の養成施設を卒業することで

介護福祉士の資格を取得することが可能です。

 

いわゆる専門学校や大学のことで、
新卒の人であればこの方法が多いでしょう。

2年以上の養成施設(専門学校、短期大学、大学)を
卒業すれば、介護福祉士の資格を取得できます。

介護福祉士の今後の動向

日本は他の国に比べて
長寿の人が多く、高齢化が進んでいます。

高齢化が進むのに子供を産む人は少ないので、
少子化という問題も同時に抱えています。

 

通常、家族として生活すれば
子供が年老いた両親の面倒をみていくという流れが出来上がります。

しかし未婚の人が増え、
子供がいない家族が増えることで、
高齢者の面倒を見る人がいなくなります。

 

自分に子供がいなければ、
自分が高齢者になって介護が必要な状態になっても

1人での生活を余儀なくされるのです。

 

その結果、孤独死という言葉も
近年ではよく耳にするようになりました。

そんな高齢者を増やさないためにも、
今後の介護職や介護福祉士の需要は高まります。

 

現状でも介護福祉士は数が足りないと言われるくらいなので、
介護職に就きたいというひとは、ほぼ就職に困らないでしょう。

 

しかしその反面、
介護福祉士の数が増えすぎることに懸念が生まれています。

誰でも介護福祉士になれる、
となれば、数は増えても質は低下していきます。

 

すると、知識の浅い人が無責任に発言したことで、
問題になったり事件や事故を起こしてしまうこともあります。

 

ですから、質の高い介護福祉士を求めるあまり
介護福祉士の資格試験を難しくしようとする傾向にあります。

 

介護福祉士は人間の命を扱うお仕事です。

職がないから介護福祉士になる、のではなく、
介護福祉士になりたいという気持ちが大切ですね。

介護福祉士とはどんな仕事か|まとめ

いかがでしたか?

 

介護職は資格がなくても就くことが可能ですが
国家資格である介護福祉士の資格を取得することで、
利用者の信頼度や仕事の幅は広がります。

 

介護福祉士になるには、国家試験を受けるか、
介護福祉士の大学や専門学校を卒業する必要があります。

介護職への転職を考えているのであれば、
資格取得も視野に入れておきたいですね。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです