介護施設長の求人って、
あまり見ないけどやっぱり給料って高いのかな??

どうすれば施設長になれるの?

 

SPONSORED LINK

 

介護施設の代表者である施設長は、
施設の一番上に立ち、常勤で働いています。

しかし現場で働いている人間からすると、
どのような仕事をしているのか

よくわからない部分が多くあるのではないでしょうか。

 

また未経験者でも応募が可能な
施設長の募集などもありますが、
実際にどんな仕事と責任があるのかを知っておく必要があります。

 

また現場で働いている人間にとって、
施設長の年収は自分たちの年収に少なからず影響があります。

 

施設長となるために必要なスキルや求められるもの、
またその年収や仕事においての
メリットデメリットなどについてまとめました。

介護職の施設長の仕事内容となりかたは?

1

Original update by : イラストAC

介護職の施設長の仕事内容とはどんなものでしょうか。

また施設長になるためにはどのような方法があるのでしょうか?

 

施設長の仕事は、
施設全体を把握し、施設経営に関わるすべてに責任を持つ、
全体管理が主な仕事となります。

そのため、現場である程度経験を積んだ職員が採用される場合と
外部から雇われた施設長が赴任してくる場合があります。

 

有料老人ホームなどでは、
社長や共同出資者が施設長となっているところもありますが、
あまり数は多くないのが実情です。

 

施設長の仕事は、
施設の運営のため、人材の募集や採用
現場の人員配置や人員の確保を行います。

職員の労務管理や労働管理のほか、
施設との取引業者の折衝や交渉も行います。

 

さらに施設運営を行うための
設備投資や、事業計画などにも携わります。

また利用者やその家族との付き合いや
相談といった現場の仕事にも関わるなど、
施設長の仕事は多岐にわたります。

 

施設の売り上げや利益を考え、
また職員の給与の調整なども行わなければなりません。

 

施設長になるためには、
まずその施設を運営している
事業所の求人募集に応募する必要があります。

求人は全くないわけではありませんが一つの施設で一人しか

施設長は置かれないため、狭き門となります。

 

また施設長の仕事をするためには、
全国社会福祉協議会の施設長研修を履修することが必須となります。

 

そのため施設長の募集ではなく、
管理業務や管理責任者として募集をし、

採用後に副施設長などを経て
施設長に昇進するといった形をとっているところもあります。

 

施設の最高責任者として、
施設のあらゆる問題に対応し、責任を果たさなければならない
施設長は、給与面でも職員の一番上に立つことになります。

 

では実際に施設長の年収はどれぐらいなのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

介護職の施設長の年収はいくらくらい?

介護職の施設長の年収はいくらぐらいなのでしょうか?

 

介護施設の中で
最も高い給料をもらっている立場である
施設長の年収は、平均700万円前後です。

 

介護職は専門職のため、
ある程度はどの施設でも給与はあまり変わりはありません。

しかし介護施設長は専門職ではなく、
給与についてはその施設を経営している
法人や事業所によって大きな違いがあります。

 

平均より低めの400万、500万
というところもありますし、
800万を超える年収の施設長も少なくありません。

ただし1000万円を超える年収の施設長の場合は、
施設の出資者などで返済を行っていて、
そのため年収が高くなっているといった事情があることもあります。

 

施設長は年齢によって
給与が大きく変動はしませんので、採用時のモデルケースとして
紹介されている年収を参考にするといいでしょう。

 

では介護職の施設長になるにあたって、
出てくるメリットやデメリットについて詳しく見ていきましょう。

介護職の施設長になることのメリット・デメリットは?

2

Original update by : 写真AC

介護職の施設長になることで
どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

施設長のメリットは、
自分の裁量で施設の管理をすることが出来るので、
他の施設とは違うサービスなどを始めたり、
また自分の理想とする施設作りに関わる事が出来る点といえます。

 

一方施設の最高責任者として、
施設内で事故や災害が発生した場合は、
その対応や責任を一手に引き受けることになります。

また現場の不満や利用者からの苦情にも
対応しなければならず、その責任の重さがデメリットと言えるでしょう。

 

施設長は介護サービスの向上のために
年間計画や事業計画を立てなければなりません。

またその計画を遂行するために、
人員の確保や募集、採用も行わなければなりませんが、

予算との折り合いや他の職員の給与との
兼ね合いなど調整をする責任もあります。

 

やりがいのある仕事ともいえますが、
その分負わなければならない責任も大きく

そのため施設によってはなかなか施設長がさだまらず、
常に募集をしているといったところも少なくありません。

 

また介護職は働く職員の年齢がばらばらなことが多く、
その調整役としての責任が施設長にはあります。

よりよい施設にしていくために、
調整役として苦労することも多い施設長ですが、

実際に施設長として働いた人の経験を詳しく見ていきましょう。

元介護職の施設長に聞く!一番苦労したことは?

元介護職の施設長が
一番苦労したことにはどんなものがあるでしょうか?

 

施設において、
職員と利用者の間に立つ施設長にとって、
一番苦労するのは人間関係といえます。

 

施設において最高責任者である施設長は、
利用者やその家族の相談役であると同時に、
施設で働く職員の相談役という面も持ち合わせています。

 

介護施設長は介護の専門家ではない場合もあり、
介護分野への理解が不足することも少なくありません。

 

しかし介護職員は様々な専門の資格を持ち、
またソーシャルワーカーやケアマネージャーといった
介護管理者や、施設に在籍する看護師などとも
連携をとってサービスをおこなっていかなければなりません。

 

こういった施設内での
異種資格保有者同士の人間関係に対応し、
コミュニケーションを深めるためにも、
施設長の役割は大きく、責任も伴います。

 

施設長としての仕事で、
一番頭を悩ませ、また一番苦労する人間関係の問題は、

改善することで介護サービスの質が向上する
というメリットもありますが、なかなか簡単にはいかないというのが実情です。

 

そのため、施設長になるために
まず様々な分野で経験を積んでもらい、その役職を

目指すという取り組みが行われている事業所も増えてきています。

介護職の施設長の年収|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

介護施設におけるトップとして、
また年収の多さから、現場からその役職を目指したい
という人も少なくない介護施設長。

 

しかし最高責任者として、
現場を改善することと施設の運営という二つの面を管理し、
また経理や法などについての知識も求められます。

 

そのため実際の現場とはまた違った面で、
仕事の多い役職ともいえます。

しかし他の施設とは違うサービスや、
質の高い介護を行うため、采配が出来る
やりがいのある仕事ともいえます。

 

介護サービスの仕事に関わり、
よりよい職場環境を目指すためにも

施設長を目指すのもひとつの選択といえるのではないでしょうか。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです