休んでも疲れが取れないというか、いつも疲れてる気がする。

どうしてこんなに疲れるんだろう、年のせいもあるのかな?

それともなにか病気の前兆なのかな・・・?

 

SPONSORED LINK

 

介護の仕事をしている人からは、仕事が忙しすぎて、

疲れがなかなか取れないという悩みが多くあげられます。

 

また男性の場合は送迎や入浴介助といった業務に就くことが多く、

体力的にも精神的にも疲れがたまりがちです。

 

しかし疲れが取れなくても、人員不足の職場の場合は思うように休みが取れないのが実情となっています。

 

肩こりや腰痛といった痛みの症状だけでなく、

何となく体がだるい、頭がすっきりしないといった症状は、

単なる疲労ではなく、うつ病などの精神疾患である可能性もあります。

 

介護の仕事における疲労の解消方法にはどんなものがあるのでしょうか。

詳しい情報をまとめました。

 

介護職に疲れる理由は?

1

Original update by : 写真AC

 

介護職に疲れる理由にはどのようなものがあるでしょうか?

 

介助に関わる肉体的な疲労に加え、時間通りに休憩が取れなかったり残業が多くなるなどさまざまな要因があります。

 

さらに多くの人とコミュニケーションを取る必要があるため、精神的な疲れもたまりがちです。

 

施設によっても違いがありますが、介護の男性は女性よりも肉体労働に関わる比率が多くなっています。

 

また送迎などがある施設の場合は、男性に運転を任せる施設も多い傾向にあります。

一日に何度も運転をすることになるため、常に気を張った状態となります。

 

特にシーツ交換などで利用者を移動させたり、入浴や排泄の介助などでは肩や腰に負担がかかりやすく、それが疲れの大きな原因の一つとなっています。

 

人員が少ない現場では、一人あたりが担当する利用者の数も多く、

また思ってもみないトラブルで、何度もシーツ交換やおむつ交換をしなければならない場合もあります。

 

そういった状況では、交代して休憩を取るといったことが難しく、

残業しても仕事が終わらないといった悪循環に陥ってしまいます。

 

そのため、帰宅しても疲れが取れないといった状態から抜け出せなくなってしまうのです。

 

休みが取れれば体の疲れも取れるはず、と考えがちですが、

実はなかなか疲れが取れない状態は、うつ病のサインであることもあります。

 

では介護職の人がなりやすいといわれるうつ病は、どのような原因でなるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

介護職の疲れが溜まるとうつ病になるの?

介護職の疲れがたまるとうつ病の原因となるのでしょうか?

 

うつ病の症状には、何もしたくない、気分が落ち着かない、またどれほど休んでも疲労感が抜けないといった精神的なものがあります。

さらに睡眠障害のほか、頭痛や食欲の低カなど、身体的な症状も現れます。

そのため、介護職の仕事をしている人はその疲れが蓄積した結果、うつ病になりやすいのです。

 

うつ病は責任感が強い人、また悩みがあっても頑張ろうとする人ほどなりやすい病気です。

 

業務が忙しく、疲れていても自分が我慢すればと考えがちになるためうつ病にかかっていてもなかなか病院で診察してもらわないまま、症状が悪化することも多くなります。

 

うつ病にかかってしまうと、そこから回復するにはかなりの時間がかかります。

 

自覚がないまま、仕事が出来る健康状態ではないにも関わらず、

仕事を継続するとそれがストレスとなりさらに症状が悪化してしまいます。

 

こうなってしまうと、うつ病の治療のために長期に渡って仕事を休まなければならなくなり、

収入が途絶えることへの不安から悲観的になり、最悪の結果を招くこともあり得ます。

 

このような事態になる前に、うつ病になる原因を取り除く必要があります。

 

うつ病の原因となる介護職における疲労を、解消するための対処方法にはどんなものがあるでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

介護職の疲れの対処法はある?

2

Original update by : 写真AC

介護職の疲れの対処法にはどのようなものがあるでしょうか?

 

休日は仕事のことを忘れて過ごし、リフレッシュすることが大切です。

 

介護職で完全週休2日を採用している事業者は、67.9%(参考・厚生労働省公式HP)で極端に休日が少ないというわけではありません。

 

しかし休みがあっても、残業が多かったり、また夜勤もある職場では疲れがなかなか取れないのも実情です。

 

だからこそ休日はしっかりと心と体をリフレッシュすることが大切です。

 

休日はマッサージに行く、ヨガやストレッチをジムで行うといった方法があります。

 

また、休日はひとりの時間を大切にするといったストレス解消法も効果的です。

多くの人と接することの多い介護職は、そのことが疲れにつながっていることが多いものです。

 

家で音楽を聴く、映画鑑賞をする、またじっくりと入浴することで体も心もリフレッシュ出来ます。

 

また友人とカラオケに行って、大きな声で歌うこともストレス発散になります。

 

休日は仕事のことは忘れ、楽しむことで気持ちも疲れもリセットしましょう。

心に余裕があれば、仕事にも余裕を持ってあたることができます。

 

ストレスをためこまない工夫をして、介護の仕事を思い切り出来るよう、

自分自身のメンテナンスをしっかりしていきたいですね。

 

介護職で疲れがとれない|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

介護の仕事をしている男性の場合、仕事の面では肉体的にも精神的にも疲れがたまりやすくなります。

また家族がいる場合は、家族の生活のために頑張らなければならないといった責任も強く感じながら仕事をすることになります。

 

そのため疲れがたまりやすく、結果的にうつ病にもかかりやすくなるといえます。

 

うつ病になってしまうと、職場の人間や家族だけでなく、自分自身が苦しい立場になってしまいます。

そのような状態になる前に、疲れを取り、リフレッシュしながら仕事を続けていけるよう、

ぜひ今回の記事を参考に休日を過ごしてくださいね。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです