ケアマネ1

やっと掴んだケアマネの仕事。だけど激務過ぎてもう辞めたい・・・

本当に辞めさせてもらえる?

辞める時には何に注意すればいいの?


「ケアマネを辞めたい・・・」と悩んでいるあなたへ

一番大事にするべき事は、あなたの心と体を守る事です。

辛くて辞めたいのに、無理をしてケアマネを続けるのはおすすめ出来ません

ケアマネージャーは簡単に取れる資格ではありません。介護福祉士などの国家資格を取得し、尚、5年以上の実務経験も問われる、介護職の中では最高峰の憧れの資格です。
あなたもケアマネの資格を取るために、とても頑張ったのはないでしょうか。

しかし、念願かなってケアマネの仕事を初めてみたら、「自分が思い描いていた世界とかなり違う・・・」と戸惑う方が多いです。

実は、私が介護職専門の転職コンサルタントをしていた間にも、かなりの数のケアマネの方から、「こんなはずじゃなかった。ケアマネをもう辞めたい。」という相談を受けました。

ケアマネと一口にいっても、働く施設によって仕事内容はかなり違っており、業務内容も曖昧なことが多いです。
当然、他の介護職よりも責任が重くなるわけですが、お話を伺うと「それは酷い!」「そんな理不尽なことがあるの?」と思ってしまう深刻なエピソードが多くありました

相談に来られた方は、「辞めたい気持ちはあるのだけれど、本当に辞めてしまっても良いのか?」と悩んでいる方が多かったです。

資格を取るまでの長い道のりの事を考えると、辞めてしまうことへの躊躇いが生じるのは当然です
しかし、「このまま続けていても何も良い事が無い」という事も頭では理解をされており、余計に悩んでおられました。

ここでは、ケアマネの仕事を辞めたいと思う理由を考えながら、今の仕事を辞めた後、「どのような選択肢があるのか?」「ケアマネを継続しながら現状を変えることは出来ないのか?」など、あなたの将来に役立つ情報をご提供していきたいと思います。

ケアマネの仕事を辞めたいと感じた体験談4つ

ここでは、現役のケアマネがどのような時に仕事を辞めたいと思うのか、体験談も交えて紹介していきます。

業務内容に悩む30代後半の女性:居宅介護施設勤務

仕事が難しすぎて、自分には能力が無いのではないか?と思っています。
ケアマネの資格の勉強は割と楽しかったのですが、実務では分からないことばかり出てきます。

ケアプランの作成もマニュアルに沿って作成しているのですが、それだと個人の要望に応えられない部分が出てきます。
もうちょっと柔軟性をもって対応したいのですが、私の裁量でどこまで行って良いのか全く分かりません。

誰かに相談しながら進めていきたいのですが、施設長からは、「ケアマネなんだから大丈夫でしょ!」と言われてしまい、自信が無いまま作成することになります。

後になってホームヘルパーの方にケアプランについて文句を言われることもあり、どうすれば良かったのか悩む毎日です。



ケアマネの資格を取れば誰でもすぐに、素晴らしいケアプランを作成できるわけではありません。
新人ケアマネの相談に乗ったり、指導してくれるベテランケアマネが居れば良いのですが、人手不足でケアマネを複数置けない施設もあります

経験を積むことが大切なのですが、現場はそれを待ってはくれません。
仲間の心ない一言に、自信をなくしてしまう方がたくさんいるのです

人間関係に悩む30代前半の女性:有料老人ホーム勤務

女性が9割の職場で、人間関係がしんどいです
特にボスと見られるベテラン介護士さんとその取り巻きの数人の勝手な振る舞いに振り回されることが多く、困っています。

周囲はケアマネである私に解決してほしいようなのですが、まだ新人ですし、年齢も私の方がかなり年下なのでとてもそんな事は出来ません。

彼女たちの機嫌を損ねてしまうと仕事が回らなくなるので、かなり気を使ってケアプランを作成していますが、それでも何かと文句を付けてきます。
その言い方が非常に厳しく、気の強い私でもかなり凹みます。

職場の雰囲気も悪く、私の前任者も彼女たちが原因で辞めたと聞いて、私も今すぐにでも逃げ出したい気分です。


女性が多い介護業界では人間関係での揉め事はよくあることですが、その解決をケアマネに求める職場もあります

本来は、施設長などが毅然とした態度で問題のある人物と対峙しなければいけないのですが、その責任を放棄してしまっているのですね。

ケアマネは確かに上の立場に立つ人間ですが、女性同士のいざこざに巻き込まれるのは、非常に厄介なことです。そのことで仕事に支障を来たすようでは本末転倒でしょう。

本来のケアマネの仕事ができずに悩む40代前半の女性:居宅介護施設勤務

その人に最適なケアプランを考えるのがケアマネの仕事だと思っていましたが、思いっきり営業職になっています

施設側は「とにかく契約取ってきて!」とそればかり。

ケアプランも「稼ぐ」ことを目的として作成させられます。

確かに利用者を確保して、ある程度稼ぎがなければ、施設を維持していくことは出来ません。営業は必要だと思います。

でも、何か違う。そんな気持ちを抱えながら、この先やっていけるのか不安です。



利用者は待っているだけでは来てくれませんから、ある程度の営業は必要でしょう。

病院を回って紹介してもらえるようにお願いをしたり、地域包括支援センターのスタッフと親しくなって紹介してもらうなど、ネットワークを広げておくこともケアマネの仕事といえます。

しかし、あからさまに営利目的の営業をさせられると、理想を持ってケアマネになった方ほど、違和感を感じても仕方ありません。

特に、その方に必要のないケアプランを作成させられる行為は、自分の倫理意識に反することで、精神的に辛くなってしまいます

収入の低さに悩む40代前半の男性男性:グループホーム勤務

ケアマネになっても手当てが月に1万5千円増えただけでした。

仕事の後に資格の学校に通ってあれだけ頑張って取ったのに、これしか給与が上がらないなんて、びっくりしています。

一方で責任と業務量だけは、1万5千円分以上に増えました。

介護業界が低賃金なのは承知していましたが、ケアマネを取れば何とかなるだろうと思っていました。
普通の暮らしをしたかったら、介護業界を辞めて他の業界に移るしかないのかと思っています。



給与が低い事は介護業界全体の問題ですが、あれだけ取得するのが難しいケアマネの資格を取っても、年収が300万に届かない方がいるのも事実です。

ケアマネになればお給料が上がるはず!と思って頑張ってきた方にはショックが大きいでしょう。

しかし、施設によってはケアマネの資格者には400万円や500万円の年収を払う所もあります。せっかく取得した資格は決して無駄にはなりません

ケアマネを辞める?続ける?ケアマネを辞めた人は?

私が相談を受けた方が、全員転職したわけではありません。そのままその職場に残ることを決意した方や全く別の業種へ転職した方など、さまざまな道に進まれました。
その後、その方たちがどうなったのか、分かっているケースをご紹介します。

そのまま職場に残ったケース

有料老人ホームに勤めながらケアマネの資格を取ったのですが、私が資格を取った直後に先輩のケアマネが辞めてしまったため、職場でたった一人のケアマネになってしまいました。
分からないことがあっても誰にも相談できず、業務量も私の手には負えない状態だったので、ケアマネを増やして欲しいとお願いしたのですが、なかなか叶わず、あまりの激務に耐えかねて、こちらの転職支援に相談に来ました。

職場環境が悪いから、とすぐに転職を勧められましたが、後任が見つからないのに辞めてしまったら、職場のみんなに迷惑が掛かると思い、その時は辞めませんでした。

結局、その後ケアマネの増員は行われず、ずっと一人で業務をこなしていましたが、最近夜も眠れずノイローゼのようになってしまい、やっと今の職場を辞める決意が出来ました。
あの時、勧められた通りに転職をしていれば良かったと後悔しています。



この方は責任感が強く、仲間の事を思って、我慢してその職場でケアマネを続けました。
しかし、職場環境は変わらず、結局体調を壊して辞めることになりました

介護事業者の中には問題があることが分かっているのに、職員の責任感や善意に甘えて職場環境を改善することを放棄しているケースが多々見受けられます。

この方は暫く休養してから、大手のグループホームに再就職が決まりました。
ケアマネが複数在職し、ローテーションを組んで業務に当る職場なので、一人で抱え込むことが無くなりストレスが軽減されたそうです

介護職とは違う業界へ転職したケース

居宅介護施設でケアマネの仕事を2年ほどやりましたが、利用者の家族とのやり取りに嫌気がさして、介護とは違う販売の仕事に転職しました。

人と接することが好きだったので、販売の仕事なら大丈夫だと思ったのですが、ノルマがきつく目標に達しなかった場合、自分で買い取ることが暗黙の了解となっているような、ブラックな職場でした。

次々と同僚が辞めていき、このままこの販売の仕事を続けていても先が見えないので、介護の仕事に戻ろうかと、相談に来ました。



この方は、一度介護業界に見切りをつけて他の業界へ転職したのですが、上手くいかずにまた介護の仕事に戻ろうか考え中です

ケアマネの仕事は利用者の家族から罵声を浴びせられる事もあり、非常にストレスの溜まる仕事ですが、他の業界にはまた違った苦労があります。

介護職で培った経験を他の業界で活かすのはなかなか難しいので、他業界への転職はそれを乗り越える覚悟が必要です。

現職場内で異動をしたケース

職場の人間関係が非常に悪かったので辞めたいと申し出たところ、系列のグループホームに異動しないか、と持ちかけられそちらに移動することにしました。
新しい職場で一から人間関係を築けると期待していたのですが、こちらも何故か人間関係の悪い職場でした。

結局は経営者の人柄なのではないでしょうか。経営理念も特になく、ただただ利益を上げることを優先するような方だったので、似たような人間が集まってくるのだと思います。

自分が尊敬していた先輩などは皆辞めてしまったので、私も転職を決意しました。



介護施設は経営者の考え方などによって、カラーが全く違ってきます。ですから、同じ職場内で異動しても、劇的に何かが変わることは殆どないといえます。

経営者の考え方に賛同できない場合は、結局は満足できないことが多いのです

違う職場に転職をした2ケース

居宅介護施設でケアマネをしていましたが、施設の方針と自分の考えが合わない為に別の介護施設に転職しました。
転職に失敗したくなかったので、事前にどのような施設なのか徹底的にリサーチしてから面接に臨みました。

今の施設は利用者の希望に沿うことを第一方針としているため、以前よりも仕事がしやすく、ストレスが溜まることもありません


ケアマネの資格を取ったのに、給与があまり上がらなかったので転職しました。
給与が高ければどこでも良い、という感じで、他の点はあまり気にしないで転職したため、失敗したと思っています。

今の職場は、たしかに以前よりも給与はよいですが、人員が少なく、仕事量がケアマネの業務の範囲を超えています。介護職が足りないと手伝いに駆り出され、サービス残業も当たり前です。
時給に換算したら、以前の職場と変わらないのでは?と思い、また転職を考えています



こちらの2つのケースは、別の介護施設へ転職している事は同じですが、結果に違いが出ています。

転職で失敗しない為には、転職をする目的を明確にし、きちんとリサーチをする必要があります。今は給料で悩んでいるとしても、実は一番の問題が別の事であったというケースもあります。

誰かに相談をするなどして、客観的な視点で何が問題なのかを見直す事をおすすめします

もっと良い環境で働いてみませんか?

転職コンサルタントとしてたくさんのケアマネの方の相談を受けましたが、一番多いタイプが、上の項の一番初めにご紹介した、責任感が強くなかなか辞める決心がつかない方でした

ケアマネの方は介護の現場での実務経験が長いため、人が一人辞めると残された方々がどれだけ大変になるか、ということを痛いほど分かっておられます。
そのため仲間に迷惑を掛けたくない、という気持ちが強く、体を壊すギリギリまで我慢してしまうことが多いのです

しかし、ある日突然辞めるのではなく、きちんと手順を踏んで退職手続きを進めれば、その後のことは、経営者側が考えることです。
利用者や仲間を大切に思うように、自分自身のことも大切にしてください

ケアマネという資格は、介護技術をしっかり身につけ、実務経験をきちんと積んだ証でもあります。
ですから、あなたのような方を採用したいと思っている介護施設はたくさんあるのです。

・管理者もケアマネの資格を持っており、相談しながら業務を進めることが出来る施設

・人間関係の風通しを良くするために、定期的に面接を行って不満が無いか聞き取りをする施設

・職員がスキルアップできるよう外部の研修を受けさせてくれる施設

・経営理念がしっかりしていてそれに賛同できるような職員が集まっている施設

・年収が400万を超えている職場



このような職場は本当に存在します。

職場を変えるだけで、今の不満から解放され、やりがいをもってケアマネの仕事に励む事が出来るのです

介護施設は人手不足が続いています。それは、転職する側からみれば「選べる」ということです。

もっと良い条件の職場を見つけて、充実した毎日を過ごしましょう。

後悔しない転職を実現する転職サイト

では、より良い環境の職場はどのように探したらよいのでしょうか。

ケアマネはどこの介護施設でも引く手あまたですから、求人雑誌やフリーペーパーなどにも求人募集がたくさん載っています。
しかし、求人雑誌やフリーペーパーは見る人も多く、応募者の質が担保されないという問題があります。面談できる人数にも限りがある為、採用担当者も応募者は予め絞りたいという意向があります。
その為、人気のある介護施設ほど、信頼できる介護職専門の転職サイトに“非公開”として求人募集を掛けることが多いのです。

ここでは非公開求人を多く扱っている介護職専門求人サイトをご紹介します

初めての転職を考えるなら無料電話面談ができる「メドフィット」

メドフィット

メドフィットは医療・介護業界に特化した転職サービス会社で、業界でもトップクラスの求人数を誇り、優良条件の非公開求人が多い事で有名です。

医療・介護職全般に関わる転職を扱っているので、病院から介護施設まで幅広い職場から希望の職場を探してもらえます

特徴は専門のエージェントが付いてきめ細やかに対応してくれることです。
この転職エージェントは現場に直接足を運んで情報収集しているので、「現場の生の情報」を知ることができます

登録はもちろん無料です。会員サイトには転職に関するノウハウが多数掲載されていますので、初めての転職の方にはおすすめです。

メドフィットボタン

専任のコーディネーターの手厚いサポートを受けるなら「かいご畑」

かいご畑

かいご畑は福祉系の人材サービスや教育事業を手掛けるニッソーネットが運営している、紹介予定派遣中心の求人サイトです。

専任のコーディネーターが付いて、勤務地や介護施設などの希望条件から最適な求人情報を紹介してくれます

求人の紹介以外にも、履歴書の書き方や面接練習などもサポートしてくれますので、初めての転職でも心強いです。また、応募前の施設見学もコーディネーターが同行してくれますので、事前に職場の雰囲気を見てから応募することが可能です。

登録はもちろん無料で、登録をすると定期的に開催される介護士向けの介護セミナーも無料で参加することが可能になります。

経験豊富な講師による体験談を聞いたり、他の施設で行われている介助技術を学んで、視野を広げるチャンスの場にもなりますね。

かいご畑ボタン

まとめ

いかがでしたでしょうか。

あれだけ頑張ってケアマネの資格を取ったのに、「自分は向いていないのではないのか?」と思い悩んでいる方が多いですが、それはたまたま職場が悪かったからではないでしょうか。
職場を変えれば、やりがいを持って充実した毎日を送れる可能性があるのです

しかし、介護の現場を知り尽くしているケアマネだからこそ、仲間に迷惑を掛けたくないと、体調を壊すギリギリまで転職を我慢してしまう方が多いのが実情です。
職場を変えることは決して悪い事ではありません。3年は我慢しないと、という気持ちは捨ててしまいましょう。

まずは転職活動を始める前に、自分の目的をはっきりさせましょう。何となく転職すると、結局また同じことの繰り返しになってしまいます。

そして、実際に転職活動を始める時は、非公開の求人をたくさん扱っている介護職専門の転職サイトを活用することをお勧めします。

その際のポイントとして、次のことが挙げられます。

・複数の転職サイトに登録する
・タイミングを逃さない
・希望条件を明確にする
・コンサルタントの意見に耳を傾ける



環境の良い職場で、ケアマネとして輝いて働くことが出来れば、あなたのことを憧れとして介護の世界に飛び込んでくる若者が増えるかもしれません。
ケアマネの資格を取るために頑張れたあなたなら、きっと転職活動も頑張れます。

メドフィット中 初めての転職で様子を見たいならメドフィットへ
かいご畑中 コンサルタントのサポートを受けたいならかいご畑へ


良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです