毎日のように仕事でミスをしてしまう!

自己嫌悪で自分が嫌い…仕事が怖い…

 

SPONSORED LINK

 

初めてのことには、誰でも失敗はつきものです。
しかし失敗が続いてしまうと負の連鎖に陥る場合もあります。

特に介護職では人を相手にしている仕事なので怪我や危険な状態にさせてしまうこともあり失敗はなるべく繰り返したくないですよね。

 

失敗を繰り返せば自信を失ってしまうことにもなりかねません。
ここではミスを起こした時の対処法や今後の仕事の選択肢についてアドバイスしていきます

 

介護職で新人が起こしやすいのはどんなミス?

1

Original update by:acworks

 

どの職場でも新人時代はミスや怒られることもしばしばですがミスの内容については、

就いた職種によって変わってきます。

介護職で新人が起こしやすいミスといえば、視野の狭さからくる「見えていなかった」ミスやもしものことを想定できない「事前に判断できた」ミスです。

具体的にお話ししましょう。
介護の世界では介護士1人が数人の高齢者のお世話をするのが日常茶飯事です。

高齢者の中にも全ての介護が必要な人から、ほぼ自力でできるので見守るタイプの人まで様々です。
新人介護士はどうしても、目の前の高齢者にしか目が行かないことが多いのです。

 

特に全介護の人は注意しているのですが、自力で出来る見守りの人の行動を見逃してしまいます。
食事介助の中で全介護の人のお世話をしていた背中側で、見守りの高齢者が喉を詰まらせていることもあるのです。

広い視野をもって担当している高齢者がいつも視界に入っているようにする必要がありますね。
また、もしもを想像できないのも致命的です。

子供と同じで高齢者は、いつどんな危険が待っているか分かりません。
大丈夫だろうと思って目を離した隙に、段差で躓いて転んで骨折してしまったなど、起こりかねないのです。

 

もちろん経験が必要な部分もありますが、「もしもこうだったら…」という想像をいつも働かせて介護士が先回りして高齢者を危険から回避させてあげることが必要なのです。

 

介護職でミスを起こしてしまった時の対応方法は?

どんなに気を付けていても、人間ですから完璧な人はいません。
またその日の体調や疲れなどで判断力が鈍ってしまうこともあるでしょう。

大切なのはミスを起こした後です。
例えば自分の担当していた高齢者が食べ物を喉に詰まらせて苦しんでいるとします。

 

新人介護士のあなたは起こったことに多少なりのパニックを起こし、身体が固まってしまうかもしれません。
どうしたらいいのか分からずに、ただ立ち尽くすだけでは状況は悪化するだけです。

もし近くに助けてくれる介護士の同僚がいなかったら…と考えると恐ろしいですね。
食べ物を喉に詰まらせた時に対処法が分からなければ、すぐに周りの介護士に助けを求めましょう。

 

そして自分も一緒にできることを手伝うようにします。
ただ見ているだけでは、次も同じことを繰り返してしまいますよ。

 

また先輩介護士が食べ物を喉に詰まらせた高齢者に対して、どのような対応をしているのかしっかり目や頭に焼き付けておきましょう。

そして事が収まった後は、それでホッとして終わるのではなく業務後、

何故ミスが起きたのか、自分に何が出来たのか、同じことが起こった場合にどうすればいいのか。

 

紙に書きだすなどして、もう一度思い起こして反省しましょう。
同じミスを二度と繰り返さない為にも、ミスの原因と対策は必ず考えておくようにしましょう。

 

介護職でのミスの連鎖から抜け出す方法はあるの?

2

Original update by:milktea

 

ミスをしてしまうと、また同じことをするのではないか、怒られるのが嫌だとなってその気持ちがまたミスを生むという「ミスの連鎖」に繋がります。

このミスの連鎖を断つためにやって欲しい方法をご紹介します。

 

・イメージトレーニングする

新人のうちは目の前のことをこなすのに精一杯、言われたことをやるだけで精一杯いつまでもそれでは、全体の動きが見えにくくなります。

余裕ができてきたら、その日1日の仕事の流れをイメージトレーニングしましょう。
自分の1日の動きの計画を頭の中で立てていくイメージです。

その中で気を付けることも見えてくるはずです。
例えば、散歩に行く公園は段差がいくつかあったな、とか、食事のメニューを思い出して詰まらせそうな物を予想するとか

最初は出来る範囲の想像で構いません。
その習慣を付けるだけでも気づけることが増え、ミスも減ってくるはずです。

 

・ミスの原因と対応法を理解する

ミスを起こすのが怖い、同じことを繰り返すのが怖い、と考える気持ちは分かります。
しかしミスを起こさない人はいません。

誰もが経験や過去のミスから、その原因や対策を学ぶことでミスをしても自分で対応できるようになるのです。
原因も対応も分からないうちは、同じことが起きても対処できないのですから、怖いですよね。

しかし原因が分かれば、次に同じミスを繰り返す前に予想して防ぐことができます。
対応法が分かれば、同じミスをしても起こすべき行動が分かるので焦ったりパニックになりません。

 

1番怖いのはミスによって自分がパニックを起こし、高齢者を置き去りにしてしまうことです。
ミスも大切な経験です。そこから学べることをフル活用するようにしましょう。

 

・分からないことは質問する

分からないことを分からないままにしたり、自己判断で行動するのは危険です。
分からないことは積極的に先輩介護士に質問しましょう。

 

しかし分からなかったら何でも質問すればいいという訳ではありません。
まずは自分で調べてみること、その上で分からないことを質問するようにしましょう。

自分で調べてある程度知識がある状態の方が、スムーズに理解が進みます。
また、質問するタイミングも重要です。

 

忙しい時に質問されるのは対応も乱暴になりますから、時間に余裕が出来た時に素早く質問して、すぐにメモをすることをおすすめします。

 

介護職でミスが続いても仕事は続けるべき?

 

仕事の覚えが悪かったり、ミスを連発して先輩に怒られてばかりいると
「介護の仕事は向いていない」と悩む人も多いでしょう。

特に新人のうちは自分の仕事の出来なさ加減に嫌気がさすかもしれません。
興味がある仕事だったのに、モチベーションがどんどん下がって「辞めたいな」となる場合もありますね。

 

どんな仕事にも向き不向きがあるように、介護職にも向き不向きがあるでしょう。
しかしそれを入って1年未満の短い期間で判断するのは好ましくありません。

介護職に関わらずどんな仕事を始めても慣れるまでには時間がかかります。
短期間で「適職じゃない」と判断して辞めてしまうと、どんな仕事も長続きしないのです。

 

例えば介護職を辞めて他の仕事に就いたとしても、ちょっとしたミスが続くことで「この仕事は私には向いていない」と判断するようになります。

何年か勤めていれば仕事にも慣れてきます。
すると指導者や管理職などのポジションを経験するようになります。

 

このように一通り介護の仕事をやってみても仕事についていけないとかやはりミスが多いというのであれば、
あまり向いていないのかもしれません。

実際に入所して3ヶ月で辞めたがっていた新人が、利用者さんからの「ありがとう」という手紙をキッカケに
やりがいをみつけて伸び伸びと仕事ができるようになった、という例もあります。

これも続けていないと分からなかったやりがいですよね。
向き不向きは短期間では判断できません。

上手くいかないから辞めるのではなく、むしろ新人だから仕方ないと開き直るくらいの気持ちでミスをしながら経験を積んでみてはいかがでしょうか。

 

介護職でミスをした時の対処|まとめ

いかがでしたか?

 

新人のうちにミスを連発してしまうのは、介護職だけでなく誰もが通る道です。
大切なのは、同じミスを繰り返さないように努力をすることなのです。

仕事のミスは今後、大きな経験となってあなたの味方になります。
ミスは記憶に大きく残るので、決して忘れないのです。

新人のうちのミスが目立つからと言って介護職を辞めるという方法を選ぶのはおすすめしません。
まずは、一通りの仕事をやってみて、それでも合わない時に選ぶ道です。

 

数年後のあなたが「介護士で良かった」と思えるようになっていると良いですね。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです