介護の仕事がこんなにも辛いなんて・・・

もう、今すぐ辞める!でも訴えられたりしない?!

 

SPONSORED LINK

 

仕事をすることは時に、理想を現実のギャップにさいなまれるものです。

最初はできるかも、と思った始めた仕事が、実はとんでもない激務ってこともありますよね。

 

今回は介護のパートを始めたけれど、すでに辞めたくなっている人に朗報です。

実際に介護はとても大変なお仕事だと思います。

 

人の命を預かるものなので、中途半端な気持ちでは続けられないですよね。

そこで介護のパートを今すぐ辞めたい場合のポイントをご紹介します。

 

介護のパートを辞めたい理由

55

Original update by:acworks

 

 

まずは一般的に介護のパートをしていて辞めたくなる理由を集めてみました。

実際にどんな時に介護のパートを辞めたいと考えるのでしょうか。

 

・肉体労働がキツイ

介護はお年寄りの身の回りのお世話がほとんどです。

時にトイレやお風呂などで、身体を支えたり持ち上げたりと力を使います。

 

数人のお年寄りを相手にするので、いつも走り回っていますし落ち着いて食事をする暇もありません。

 

時に自分よりも身体の大きいお年寄りを相手にしないといけません。

腰や足が痛くてやめたしまう人が多いのです。

 

・人間関係がツライ

どの仕事についても人間関係は運のようなものですが介護の職場は女ばかりの女社会であることが多いです。

 

どうしても起こるドロドロした関係や悪口・陰口の言い合いは本当に嫌になります。

 

・待遇面が悪い

 

圧倒的に意見が多いのは、待遇面が悪いということです。

仕事内容は肉体労働で、シモの世話などもあり決してキレイな仕事ばかりではありません。

 

それなのに、お給料はそんなに高くないので、生活費を稼ぐのは難しいです。

また、なかなかお休みが取れないのも困りものです。

 

十分なスタッフがいないので、休みを取りたくても人が足りないと言われたり嫌な顔をされたりと、とても嫌な気持ちになります。

 

一週間で介護のパートを辞めることはできる?

 

介護のパートを始めてみたものの、職場環境などを見て自分には継続できないと判断した場合、

それが1週間でも辞めるのは可能なのでしょうか。

 

結論、「可能」です。

法律では最低でも2週間前に退職届を出すということになっていますが実際は労働者が自分の意思で辞めたいと思った時は、自由に退職する事が出来ることになっています。

 

社会人の一般的なマナーとしては退職予定日の1カ月前が基本ですが辞めるべき理由があれば、

1週間でも辞めることが出来るのです。

 

特にパートの場合、正社員と違って雇用期間なども決まっていない場合が多いので無理に続ける必要はありません。

 

無理に仕事を続けて病気になったり、怪我をしてしまうよりも今後を考えてスパッと辞める方が得策な場合もありますよ。

 

退職を申告する際の流れ

555

Original update by:紺色らいおん

 

退職を決意したら、どんどん行動を起こしましょう。

まずは自分の意志の確認です。

 

本当に介護のパートを辞めてもいいのか、辞める理由が固まっているかなどもう一度よく考えてみましょう。

 

もし引き止められた時に気持ちが揺らいで、結局辞められなかったのでは困ります。

介護のパートを辞めるという強い意志があるでしょうか。

 

意志が固まったら、直属の上司に退職したい旨を相談しましょう。

いきなり施設長に行ってしまう人もいますが、まずは上司の顔を立てるためにも直属の上司にします。

 

辞めるからといって「関係ないや」と順番を無視するのではなく辞めるからこそわだかまりなく、トラブルのない状態で去りたいものです。

退職時に気を付けるポイント

退職が決まったとしても、辞めることにだけ意識を集中させていると損をしてしまうことがあります。

 

特に短い期間で辞める場合に気を付けるポイントは、

「働いた分の給料をしっかりともらえるようにすること」です。

 

1週間などかなり早い時期に辞める場合、辞めたいという気持ちを優先するばかりに上司に捨て台詞を吐いて辞めたり、突然出社拒否してしまうケースが少なくありません。

 

確かにたった数日分の給料なんていらないという人もいると思いますがそんな職場なら特に、

働いた分はしっかりもらいたいというのが本音のはず。

 

辞める前に口座の登録や給料の支払いについて確認しておくべきです。

もちろん「こんなに短い期間で辞めるのであれば給料払えないよ」と言われる可能性もあります。

 

こういうケースも想定して行動を起こす必要があります。

働いた分の給料はもらえるのが普通なのですから、支払いがされない場合は労働基準局に通報することもできます。

 

泣き寝入りせずに労働基準局などを利用して支払ってもらえるようにしましょう

 

介護のパートを辞めたい|まとめ

いかがでしたか?

 

介護のパートは想像以上に大変で、肉体的にも精神的にもダメージを受けます。

中にはうつ病になったり腰を悪くしてしまう人もいるくらいです。

 

特に職場環境に問題がある場合は、早めに辞めるように行動を起こしてみましょう。

無理に続けていて良いことなどありませんよ



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです