妊娠が判明したらどのタイミングで報告すればいい?

体に負担が掛かる仕事は避けたいけれど、
それなら退職しないとダメ?

 

SPONSORED LINK

 

妊娠しても出産しても、
そのまま働き続けることが珍しくなくなりました。

でも、
仕事内容がハードで体力的に負担の多い介護職の場合、
やはり仕事を継続することは難しいのでしょうか。

 

赤ちゃんのことを考えると辞めた方がいいのかも?
と思う方も多いかと思いますが、職場の理解があれば、
妊娠中も出産後も働き続けることは可能です。

 

でも、職場に妊娠を告げるタイミングや
同僚への配慮など、考えることはたくさんあります。

今回は、妊娠が判明した後、
取るべき行動についてまとめてみました。

 

妊娠なんてまだまだ先だし~、と思っている方も、
是非ご一読ください。

介護職で妊娠が発覚!まずとるべき行動とは?

1

Original update by : 写真AC

妊娠が発覚したら、まず何をしたらいいでしょう?

 

一番初めにすることは、職場への報告ですね。

 

夜勤がある方は、外してもらいましょう。

滑りやすく転倒の危険のある
入浴介助も外してもらえるよう、交渉しましょう。

 

ただでさえ人手不足の職場ですから、
あなたが抜ける分、他の職員の負担が増える
と思うとちょっと言い出しづらいかもしれません。

でも、何かあって後悔することの無いよう、
ここはきちんとしておくべきだと思います。

 

その代わり、自分が出来ることは積極的に行い、
常に感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。

 

それと同時に、今後仕事をどうするのか、
どうしたいのか、を決めていきます。

 

事業主は妊娠出産を理由に解雇できない決まりになっていますが、
あなたの妊娠を快く思わない同僚に冷たくされるかもしれません。

職場での居心地が悪くなることも考えられます。

 

また、仕事を継続する!と決心しても、
つわりが酷過ぎたり、切迫流産で入院したりと、
出勤すらままならない事態になることも考えられます。

 

経済的な問題で、辞めたくても辞められないこともあります。

 

職場の受け入れ態勢や、自分の体や心の状態をよく見て、
仕事を継続するのか、それとも辞めるのかを考えてみて下さい。

仕事場での妊娠の報告はどうすればいい?

一番初めにしなければならない、
妊娠の報告ですが、どのタイミングで行ったらいいでしょうか?

 

一般的に職場への妊娠の報告は、
流産の確率が減る妊娠12週目以降という意見が多数です。

胎動が確認されて母子手帳をもらってから・・・ですね。

 

でも介護職の場合、業務内容を考えると、
妊娠が分かった時点で速やかに施設長に報告すべきです。

妊娠初期は非常に不安定ですから、
体の事を一番に考えましょう。

 

あなたが仕事を継続するとしても、
育児休業中などで休んでいる期間の人員を
確保しなければなりませんので、職場の方でも
早目に報告してもらった方がありがたいと思います。

 

そして、施設長に報告してから同僚へ報告します。
この順番は間違えないように。

体に負担の掛かる作業を
肩代わりしてもらう事になりますので、
謙虚に、そして丁寧に報告しましょう。

 

報告する前に、今後の予定について
ハッキリと決まっているのなら、一緒に伝えます。

 

今後も仕事を継続するつもりであれば、

 

・出産予定日や妊娠の経過について

・自分のいない間の引き継ぎをどうするか

・育児休業明けに復帰した後はどのように仕事を続けていくか

 

これらを明確にしておくと、職場側も安心ですね。

 

辞めると決めた場合は、

 

・いつまで勤務可能なのか。

・引き継ぎはどうするのか。

 

などをまとめておきましょう。

 

まだハッキリと決めかねている場合は、
とりあえず「継続希望」と伝えておきましょう。

ただし、その後辞める方向に気持ちが固まったら、
すぐに退職したい旨を伝えます。

 

どちらにしても、以前のように働けなくなるのですから、
謙虚な気持ちで、いろいろな方面に配慮しながら報告しましょう。

 

介護職は出産後の復帰は可能?

2

Original update by :イラストAC

介護職は慢性的に人手不足ですから、
出産後の復帰も容易な感じがします。

でも、どんな仕事にも言えますが、
仕事と育児の両立は本当に大変です。

 

まず、職場がどれだけ
育児に理解があるのか、が重要になってきます。

子供の急病で休まなければならない時、
保育園のお迎えのため残業できない時、
気持ちよく対応してくれる職場なのかどうか。

その都度イヤミを言われるような職場だと、
精神的に参ってしまい、なかなか継続しないと思います。

 

それから、あなたの家庭のバックアップ体制ですね。

夫はどれくらい育児に参加できるのか?
子供を預けられる身内が近くに居るのか?

など、子供を安心して任せられる
協力者がどのくらいいるのか、がカギになってきます。

 

協力者が多ければ、夜勤のある施設での正社員も可能ですし、
少なければ短時間のパートの方が育児と両立しやすいです。

 

介護職は女性の多い職場でもありますので、
育児中のママに寛大な職場もたくさんあります。

なので、まずはそのような職場を選ぶこと。

そして、自分の家庭状況に応じた働き方をすれば、
出産後も仕事と育児の両立は出来ますよ。

介護職で妊娠をした時の対処法|まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

妊娠は本来とても喜ばしいことですが、
職場への報告には配慮が必要です。

特に、
負担がしわ寄せされる同僚には、謙虚な気持ちを忘れずに。

 

ただ、妊娠出産で多少ブランクが開いても、
復帰しやすいのが介護職の良いところです。

その時は、家庭とのバランスをうまく取って、
無理のない範囲で働くことも可能です。

 

今までの経験を活かして頑張ってくださいね。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです