高卒資格も無いけど介護職で働けるの?

福祉系の学校に通わないと、待遇面で損する?

 

SPONSORED LINK

 

高校生が介護職に就くためには、
福祉系の大学や専門学校に進学して
介護の知識を得る必要があるのでしょうか?

やはり高卒でいきなり
介護の現場で働くのは難しいのでしょうか。

 

今回は高校卒業後進学せずに、
すぐに介護職で働くための方法や注意点について調べてみました。

 

介護職希望の高校生の方だけでなく、
既に卒業しているけど介護の仕事に興味のある方も、
是非、参考にしてみて下さい。

高卒でも介護職になれる?

1

Original update by :写真AC

介護の仕事は、
訪問介護以外でしたら特に資格が無くても働くことが出来ます。

また求人広告を見ても、
学歴については不問のところが多く、高卒でも十分働けます

大手の介護施設では新卒での求人も結構あります。

 

全く社会経験の無い高校新卒でも介護施設への就職は可能なのです。

実際に介護施設で新人指導を行う立場の方には、
高卒で入った方は教えやすい、とおっしゃる方もいます。

特に次の3つの点が評価されているようです。

 

1. 人の役に立ちたいという情熱を持っている

2. 注意を素直に聞いてくれる

3. 若いから高齢者の人気者になる

1. 人の役に立ちたいという情熱を持っている

介護職に就いて長くなると、
毎日の仕事がどうしても流れ作業的になってしまいます。

高卒の若い方は熱意に溢れている方が多く、
初心を思い出して刺激になるようです。

2. 注意を素直に聞いてくれる

介護技術はその施設ごとに
やり方が少しずつ違ってくるものですが、
学校で教わった方法と違うと素直に聞けない方も多いようです。

その点、高卒で入った方は知識が無い真っ白な状態なので、
注意しても素直に聞いてくれるのだそうです。

3. 若いから高齢者の人気者になる

高齢者にとっては10代の若者はまるでのようです。

孫が頑張っていると思うと、
つい応援したくなってしまいますよね。

高齢者が笑顔になると、評判です。

 

このように、
高卒だから介護職になれない、なんてことはありません。

「人の役に立ちたい」という熱意さえあれば、
むしろ歓迎してくれる施設も多いのです。

 

高卒で介護職になると待遇などで損をする?

気になる待遇面ではどうなのでしょうか。

やはり大卒に比べてお給料は低いのでしょうか。

 

業界大手の介護施設の新卒の求人募集要項を見てみましょう。

 

○基本給

 

・高卒・・・16万円

・短大/専門卒・・・17万円

・大卒・・・17万5千円

 

ボーナスは年に2回ですが、
基本給が違うとボーナスにも差が出てきます。

 

また福祉系の学校に通っていた方は、
在学中に資格を取得している方が多いです。

資格手当(5千円~2万円)が上乗せされる分、
ここでも差が開きます。

 

休日や休暇は高卒も大卒も変わりません。

社会保険や育児・介護休業、退職金制度などの
福利厚生も全部同じ条件です。

 

高卒と大卒では、
基本給1万5千円 + 資格手当5千円~2万円程度の差が出てきます。

この差についての捉え方は、2通りあります。

 

○4年間の学費(200万円~400万円)を考えると、
それ程の差ではない

○仕事をしながら資格を取ることは困難なので、
この差はしばらく解消されない

 

 

確かに介護職は忙しい職場ですから、
働きながら資格を取るのは大変です。

大学や専門学校に通っている方は、
勉強時間はたっぷりありますからその点で有利です。

 

しかし、全くの未経験から始めて
上位資格を取得しているベテラン介護士さんもたくさんいます。

要は、自分の頑張り次第で大卒との差は縮めることが可能なのです。

いきなり介護施設で働けるの?

2

Original update by :写真AC

介護職未経験で資格の無い高卒の方が、
いきなり完璧な介護業務が出来るわけがありません。

少しずつ出来る業務を増やして
ステップアップしていくのが一般的です。

どのような業務から行うのでしょう。

順番に見ていきましょう

 

1. 生活援助

2. 介護施設での身体介護

3. 自宅から施設までの車の送迎

1. 生活援助

まずは入所者の日常生活の援助を行います。

衣服の整理、洗濯、生活必需品の買い物、
薬の受け取りなど、身の回りのお世話になります。

特別な知識や技術は要りませんが、気配りが必要な業務です。

2. 介護施設での身体介護

入浴・排泄・食事の介助など、
高度な介護技術が必要な業務は
ベテラン介護士と組んで少しずつ覚えていきます。

3. 自宅から施設までの車の送迎

デイサービスなどの通所施設の場合は、
利用者の自宅と施設の送迎を行います。

ただ、免許取りたての
高卒の方に運転を任せることはありません。

初めは補助として乗り込むことになります。

 

だんだん慣れてくると、
レクリエーションの企画などを任されることもあります。

他にも介護の現場では様々な雑用がたくさんありますので、
臨機応変に対応できる人を求めています。

 

ただし、訪問介護(いわゆるホームヘルパーの業務)は
無資格の間は出来ません。

簡単な資格から取得して、
出来る業務の範囲を広げていきましょう。

介護施設を選ぶ際の注意点は?

実際に就職する際には、
出来るだけ優良な事業者を選びたいですよね。

どのような点に注意すれば良いでしょうか。

見学や面接の時に、次の4つを確認してみて下さい。

 

1. 明るい挨拶が出来ている

2. 施設のビジョンが明確

3. 施設内が清潔

4. 人材育成に力を入れている

1. 明るい挨拶が出来ている

入所者やそのご家族以外にも
きちんと挨拶が行き交う職場は、人間関係もおおむね良好です。

施設内の雰囲気も明るく、
スタッフが活き活きと働いているでしょう。

2. 施設の理念が明確

介護施設の中には、残念ながら
利益優先で理念など無い事業所が少なからずあります。

介護の質を上げて行こうと考えている事業者は
理念を明確にしていますし、職員もそれに向けて努力しています。

3. 施設内が清潔

人手不足だとどうしても
施設内の掃除がおろそかになってしまいます。

そのような職場だと
新人に丁寧に指導をすることは難しいと考えられます。

4. 人材育成に力を入れている

研修や教育システムが充実していると、
上を目指す介護士が集まってきます。

向上心の高い人たちと一緒に仕事をしていると、
自分のモチベーションも上がります。

仕事と資格取得の勉強の両立にも協力的な職場と言えます。

 

定着率の悪いブラックな業者に入社してしまうと、
介護技術を覚える前に精神的に追い詰められて
早々に退職に追い込まれることになりかねません。

 

最初から1社だけに絞らず、
何社か見学をして比較してみましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

 

・高卒は熱意もあるので介護業界では重宝される

・大卒との給料の差はあるが努力して資格をとれば、同じ年齢になった時に給料を抜く事も可能

・その為にステップアップをしながら介護スキルを身に着ける必要がある

・長く働くためにも、最初の介護施設選びは慎重に!

 

 

介護職は高卒で無資格でも
熱意さえあれば、十分に働ける職場です。

働きながら資格を取るのは大変ですが、
経験を積んで上位資格を取っていけば、
大卒との待遇の差は縮まっていきます

 

初めのうちは出来る業務の範囲は限られますが、
徐々に仕事の幅を増やしていきましょう。

それには、出来るだけ優良な介護施設に就職するために、
たくさんの施設を見学することが大切です。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです