介護職員から主任に任命された!

嬉しい反面、
どんな仕事をするのか不安もある…

 

SPONSORED LINK

 

介護職に長く就いていると、
ただの職員から主任へと昇格していきます。

昇格なので嬉しいに越したことはないのですが、
未知の仕事内容には不安を感じますよね。

 

介護職の主任とは、
一体どんな仕事内容になるのでしょうか。

今までよりも
仕事内容が増えてしまうのでしょうか。

 

そんな不安を解消すべく、

主任の仕事内容や注意すべきことなど
主任の役割についてまとめました。

 

介護職の主任の仕事内容とは?

2_321_1
Original update by:いらすとや

 

介護職で主任になるということは、
キャリアアップに繋がります。

あなたのこれまでの仕事実績が認められた
と言っても良いでしょう。

 

では介護職の主任とは
どんな仕事をしていくのでしょうか。

 

1番大きいのは仕事の幅が広がることです。

 

今までは現場で利用者のお世話をして
介護をすることが仕事内容でした。

相手は利用している高齢者なので、
利用者が快適に過ごすことができることを考えて
仕事をしていたと思います。

 

主任になると、現場の指揮、職員の育成など、

利用者だけでなく、
一緒に働いている職員にも目を向けなければなりません。

他にも職員間の連携がスムーズに流れるように配慮したり、
会議の司会や仕切る役目もあります。

 

実習生の受け入れや、地域のボランティアの対応など、

施設内のことだけでなく外部にも目を向けなければなりません。

務めている現場によっては
もっと細かい仕事が出てくる可能性もあります。

 

介護主任は
現場のスタッフと管理職の中間に位置する役職です。

上からの指示をそのままスタッフに出してばかりでは、
他のスタッフからの信頼を得ることができません。

逆に現場よりになっても、施設の全体像が見えてきません。

 

最も難しいのは人間関係の調整です。

 

「職場の雰囲気作りは介護主任が担っている」
と言っても過言ではないのです。

 

  • 介護士と看護師のコミュニケーションが取れているかどうか
  • 全従業員に必要な情報がきちんと共有されているのか
  • 新人や実習生に行き届いた指導ができているのか

 

今までは利用者の為に働いていた部分を、
同僚や他のスタッフの方に目を向けて

働きやすい雰囲気、連携のとれたチームワーク
を作っていくことになります。

 

介護職の主任の仕事の役割とは?

介護主任になったのであれば、今までの仕事に
マネージャーのような業務が追加されると考えるよりも、

全く新しい別の仕事という認識を持った方が良いです。

 

対応する相手も利用者からスタッフへ
考え方も自分の担当利用者だけから施設全体へ
目を向ける必要があります。

 

そんな、介護主任に求められる役割
というものも知っておくと良いでしょう。

 

介護主任は多くの業務をこなすかたわら、
他のスタッフのお手本となる存在になります。

ですから向上心はいつも持っていることが大切です。

 

介護の現場にいると毎日が学ぶことだらけです。

昨日とまったく同じことはなく、
毎日が目まぐるしい変化の連続です。

 

そんな中でも学ぶことに貪欲であることが、
向上心を枯れさせないコツです。

利用者やその家族を始め、スタッフにも、
いつどこで質問されてもいいように、
誰よりも詳しく学ぶことが大切です。

 

更に現場を大切にする気持ちがあるかないか
で現場の雰囲気は変わります。

いつも上から目線で無理な仕事を押し付けるだけの上司なんて、
誰もついていこうとは思いません。

 

現場で起きた問題について経験があるとつい、
決めつけてしまいがちですが、

まずは現場のスタッフにヒアリングをし、改善を意識しながら、
スタッフが課題に感じていることを聞き出しましょう。

 

現場スタッフとのコミュニケーションを取ることは重要ですが、
距離感には注意しましょう。

距離が近すぎるのは、
指示や指導をする介護主任の立場としてはNGです。

 

仲のいいスタッフとそうでもないスタッフがいる
というのは、良い状況とはいえません。

どのスタッフとも平等に対応できるような
距離感を大切にしましょう。

 

親身に話を聞きながらも
入れ込み過ぎない冷静さが必要になります。

 

介護職の主任の仕事を任された時に気を付けるポイントはある?

2_321_2

Original update by:すしぱく

 

介護職の主任は仕事内容がガラッと変わり、
仕事量も一気に増えるイメージですね。

介護の仕事だけでも大変なのに、
職員の面倒まで見なければいけないのです。

 

そして1番悩まされるのは人間関係になるでしょう。

 

今までは自分の担当する利用者さんと向き合って
気の合う同僚と仕事ができればOKでしたが、

介護主任となると
苦手なスタッフとも交流を持つことになります。

 

また、主任クラスの職員が少ない場合は
孤立してしまう可能性も高いのです。

介護の主任を任された時には、
相談できる相手を見つけておくと良いでしょう。

1人でどうにかしようとしても、やがて限界がきます。

職場の同期、先輩、上司、話しやすい人に
相談に乗ってもらえるような環境を作っていきましょう。

 

介護主任になると仕事が大変、しんどい、といって
辞めたいと考える人も多いです。

結局自分で自分を追い込んでしまい、
逃げ場がなくなってしまうんですね。

 

そうならない為には、
オンとオフの切り替えをしっかりできるようになりましょう。

休日もスケジュールに追われ、
翌日の仕事のことを考えるのはタブーです。

スケジュールなどを開くことを禁止して、
仕事から離れたストレス発散をしましょう。

 

他のスタッフを取りまとめる介護主任が
ストレス過多で倒れてしまってはどうにもなりません。

自分の身体を大切にしてこそ 務まるのが介護主任なのです。

 

介護主任の仕事とは|まとめ

いかがでしたか?

 

介護の主任になると急に仕事内容が増えるイメージは強く、
できればやりたくないな…と考えてしまう人もいるでしょう。

 

しかし抜擢されたからには、
あなたにはその力があるということです。

 

介護主任は
現場の人間関係を円滑にしていく役割を担っています。

管理職と現場のスタッフとどちらの話も平等に聞いて、
適切な対応を心がけましょう。

 

そして休日には身体を休めたり、 好きなことをして、
仕事との切り替えをしっかりと取るようにしてくださいね。

 

信頼される介護主任を目指しましょう。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです