認知症ケア専門士の資格があると給料アップ!?

この資格はどうやったら取れるんだろう?

 

SPONSORED LINK

 

認知症ケア専門士は
認知症に対する多くの知識を持つスペシャリストです。

 

しかしこの資格を取るために受験する人は、
介護福祉士や介護支援専門員などを
取得している人がほとんどです。

 

この資格を取ることで、
介護サービスを向上させ、認知症の利用者のケア

充実させることを目標としている人が多いためでもあります。

 

しかし高齢者が今後増加するに伴い、
認知症のケアはますます必要とされる可能性があります。

また施設によっては必要とされる資格でもあります。

 

認知症ケア専門士になるためには、
どのような資格が必要なのか、
また介護職における位置づけなどについてまとめました。

認知症ケア専門士ってどんな資格?

1

Original update by : 写真AC
認知症ケア専門員とはどのような資格なのでしょうか?

 

認知症ケア専門士は、
認知症の症状とその対応など、認知症に対するケアに関わる

知識と技能を兼ね備えた専門技術士のことです。

 

 

○認知症患者に関わることすべてに対応出来る

○認知症のスペシャリストになれる

 

資格といえます。

 

認知症は進行性の脳疾患であり、
いまだ根本的な治療法が確立されていません。

しかし高齢化が進み、
認知症患者が増加すると考えられている中

介護する側は患者に合わせたケアを求められています。

 

そのために認知症ケアに対する
専門知識と技術を持つ専門士として、

認知症ケア専門士という資格が設けられました。

 

しかし比較的新しい資格であるため、
認知度が低いといった現状があります。

ではこの認知症ケア専門士の資格を
取得するメリットについて見ていきましょう。

認知症ケア専門士の資格を取得するメリットは?

認知症ケア専門士の資格を
取得するメリットはなんでしょうか?

 

認知症ケア専門士は
認知症のスペシャリストとして、介護職の全般的な業務の中で

認知症ケアを行うことになります。

認知症ケア専門士の資格は、
認知症ケアの知識を深め、
技術を向上させるメリットがあるといえます。

 

ただし、
認知症ケア専門士の資格は、国家資格ではありません。

そのため、

 

○持っているだけで資格手当がつく

年収アップを目指すために必要

 

といった資格ではありません。

 

認知症は
日々その治療法やケアなどが進化、変化しています。

そのため資格の更新が
必要なだけでなく、学会などに参加してその知識を

深めることが求められます。

 

しかし認知症のスペシャリストとして、
グループホームなど認知症の利用者を

受け入れている施設などでは積極的に採用する傾向にあります。

 

ただし現時点では
介護保険制度上の利点がないなど、
事業所側のメリットがあまりなく、
資格取得のバックアップなどは行われていません。

この資格を取ることは
自分の介護のケアをさらにスキルアップし、

仕事の幅を広げるための一つの手段と考えておくべきでしょう。

 

しかし今後の認知症患者の増加に伴い、
必要とされる資格であることに変わりはありません。

 

では認知症ケア専門士について、
その受験資格などを詳しく見ていきましょう。

認知症ケア専門士の受験資格は?

2

Original update by : 写真AC

認知症ケア専門士の受験資格はどのようなものでしょうか?

 

認知症ケア専門士の受験資格は、

○認知症の関連施設、団体や機関において
3年以上の認知症ケアの実務経験

となっています。

 

受験資格を得るには
認知症ケアを行っている介護施設や団体、機関より

発行してもらう証明書が必要となります。

 

民間資格である
認知症ケア専門士の試験では、認知症ケア実務経験証明書を

発行してもらう事業所に厳しい規定はありません

 

自分の勤務している事業所が、
受験資格の対象であるかどうかは試験を主催する

一般社団法人認知症ケア学会ジムセンター

問い合わせることで確認できます。

 

では実際の試験の難易度について、詳しく見ていきましょう。

認知症ケア専門士試験の難易度はどれくらい?

認知症ケア専門士試験の
難易度はどれぐらいなのでしょうか?

 

認知症ケア専門士試験の難易度は、
平均して50%となっています。

 

○認知症ケア専門士試験の第一次認定試験は筆記試験

○認知症ケア専門士試験の第二次認定試験は実技試験

 

第一次試験は出題される4分野ごとに
70%の正答数を得ることが合格基準となります。

ただし不合格になった場合も、
合格した分野の合格資格は残るので、

次回の試験時にはその分野が免除されます。

 

第二次試験の合格基準に
明確な基準はありませんが、現場での対応などを

問われることが多く、職場での経験が大切といえるでしょう。

 

認知症ケア専門士の資格を持つ人は、
介護福祉士、介護支援員、ヘルパーなど

介護系の資格を持っている人がほとんどです。

 

今持っている資格だけでなく、
その知識を広げさらにケアを向上させるために

認知症ケア専門士は
これからさらに注目を集めていく可能性があるといえます。

認知症ケア専門士の資格について|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

合格率50%とさほど低い数字ではありませんが、
やはりそれは認知症ケアの現場で
仕事をしている面が大きいといえます。

 

新しい資格であるため、
その必要性はまだ発展途上ともいえますが、
今後の介護職の仕事において、

必要とされる資格の一つに違いはありません。

 

ぜひその資格があれば受験してみてはいかがでしょうか?



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです