介護職を続けていたけれど、妊娠が発覚!

妊娠中の夜勤や辞めるベストなタイミングはいつ?

 

SPONSORED LINK

 

現代は夫婦共働きの家庭が普通になりつつあるので、妊娠しても仕事を持つ人も増えました。

一般的な事務やデスクワークなら特に問題がないかもしれませんが、介護職となるとどうでしょう。

 

主に力仕事や体力勝負なところがあるので、妊婦さんにはキツイという印象があります。

かといって、辞めるにもタイミングが分からないという人も多いんですよ。

 

ここでは妊娠した場合の介護職における夜勤のありかたや、仕事を辞める場合の

伝え方などを紹介していきます。

 

力仕事は妊婦に悪影響?

222

Original update by:acworks

 

妊娠が分かっても仕事を続ける女性が増えています。

 

それは女性の社会進出もあり、出産後も仕事を続ける人が多い中で出来るだけ社会と繋がりを持ちたいという気持ちの表れでもあります。

 

妊娠しても病気じゃないし、今までと同じように働けるでしょ?

そんな風に妊娠中の自分の身体を今までと変わらないと思っている人がいますがそれは大きな間違いなのです。

 

もちろん旦那の稼ぎが悪いので、私が働かなきゃと頑張っている人もいるでしょう。

しかし妊娠中に仕事を続けるなら、注意すべきことがたくさんあります。

 

・力仕事は極力避ける

・無理をしない

・体調が悪い時は休ませてもらう

・ストレスを溜めないようにする

 

特に力仕事が多い介護職では頑張りすぎると大変なことになります。

妊娠しても働いている女性の4人に1人が「流産」を経験しています。

 

その理由の一つは仕事内容。

仕事では体力的に大変なだけでなく、対人ストレスやイライラなど身体に悪影響を与えるものが絶え間なく発生します。

 

妊娠中で1番危ない時期っていつなの?

 

この流産経験者のほとんどが「妊娠初期」の女性です。

妊娠初期は身体が不安定な状態なので、無理をして動いてしまうと流産の危険性が高くなります。

 

妊娠前は大丈夫だったことが、大丈夫でなくなります。

特に初産の女性はその危険性を知らずに、妊娠前を同じように仕事をしてしまうのです。

 

力仕事はもっての外ですね。

重い荷物を持ったり、介護なら利用者を持ち上げたりするとお腹を圧迫してしまいます。

 

お腹に無理な力が加わることで流産の危険性が高まります。

妊娠したら力仕事は他の人にお願いして、極力避けるようにしましょう。

 

介護職で妊娠したら、夜勤はどうしたらいい?

 

介護職に就いていると多くの施設では夜勤があります。

妊娠をしたけれど、まだ働いている場合にも夜勤はあるでしょう。

 

介護職の夜勤はシフト制で日勤に比べて職員の数が急激に減ります。

中には夜勤を1人で行うという介護施設もあるほどです。

 

慣れた仕事だから大丈夫なはず!

 

そんな風に考える気持ちも分かりますが、妊娠していると分かっていて夜勤を引き受けた場合、利用者の急変だけでなく自分自身の急変も視野に入れなければいけませんよね。

 

ですから妊娠が発覚したら夜勤は避けるべきです。

そのためには・・・

 

・妊娠したらすぐに会社に申し出て夜勤から外してもらうこと

・夜勤中に何かあっても責任はすべて自分のものです

・万が一のことがあっても、会社は責任をとってくれません

 

妊娠を機に会社側から夜勤を減らすまたは、夜勤をやめるという指示を出すことはできません。

会社側は妊婦でも本人がやりたいと言えば、いつまでも夜勤をお願いすることができます。

 

しかし妊娠したあなた自身が妊娠していることを会社に申し出て尚且つ、夜勤は外してほしいとお願いした場合、会社側は本人の訴えを必ず認め夜勤を免除しなければなりません。

 

本人から、申し出があったのに無理やり夜勤をやらせることはできません。

ですから、妊娠が発覚したら自分で声を上げて夜勤は即時に外してもらいましょう。

 

日勤は無理のない程度で行っても構いませんが、夜勤は様々な危険性をはらんでいるので妊娠したら外れることをおすすめします。

 

介護職の夜勤は体にどんな影響があるの?

22222

Original update by:カメラ兄さん

 

介護職の夜勤をすることで妊娠した身体にどんな影響があるのでしょうか。

夜勤ということは、昼夜の時間が逆転するということですよね。

 

通常の人が昼夜逆転の生活になると、変に眠かったり体調が悪くなったりと身体に悪影響が現れます。

 

でもそれは妊娠前も同じなのでは?

 

介護職の場合、夜勤の翌日は休みになることが多いですが日勤の業務に戻るために体調を整える必要があります。

 

日勤と夜勤を繰り返すことは通常の人でも身体がしんどい、と感じるのにこれが妊婦となると、その影響は本人だけでなく、お腹の赤ちゃんにも出てきます。

 

毎日不規則な時間に睡眠を摂ったり、食事を摂ることで、自律神経にも影響がでます。

赤ちゃんの時間も不規則になってしまうと、成長が止まってしまうくらいの影響力があるのです。

 

ちょっと大袈裟な表現かもしれませんが、最悪そうなることも考えた方が良いです。

 

また夜勤中に体調が悪くなったり、自分の身体が急変しても自分でどうにかしなければいけません。

もし1人で夜勤だった場合には、勝手にその場を離れるわけにもいかないですよね。

 

更には利用者の急変に遭遇し、更には急に亡くなってしまった、という事態が起きた場合も夜勤を担当していたあなたはかなりのショックを受けるでしょう。

 

そのダメージは心にも身体にも響きます。

結果、自分だけでなく赤ちゃんの身体にも少なからず影響を与えることになるのです。

 

妊婦でも平気で夜勤をしようとする人がいますが、今の身体は自分だけではなく2人分の命を預かっているということに気付くべきです。

 

介護職の夜勤を辞めたい時、いつ伝えるのがベスト?

 

夜勤を外れたいといってもどのタイミングで言ったらいいのかな?

 

介護職での妊婦の夜勤は、自分だけでなく周りにも影響を与えます。

 

お腹が目立たないうちは介護士や介護者が妊娠に気づかずに、力仕事の依頼がきます。

職員の少ない夜勤の場合は、体調が悪くてもそれに対応しなければならない事もあります。

 

また、お腹が大きくなると今度は一緒に働くスタッフに心配をかけてしまう可能性があります。

 

周りに気を使わせてしまうことも考えると、やはり夜勤はおすすめできません。

 

では、夜勤を辞めたい時はどうすればいい?

 

・妊娠が分かったらすぐに報告をすること

・無理のない範囲で仕事を続けるが、夜勤は外れたいと申し出る

・力仕事も避けるようにして、できる範囲での仕事になることを伝える

 

妊娠が分かっても「まだ、大丈夫だろう」と自己判断で仕事を続けていて流産してしまったという話は意外に多いものです。

 

まずは自分の身体を大切にして、赤ちゃんを自分で守りましょう。

そして、なるべく早い段階で夜勤が出来ない事を責任者に伝えましょう。

 

場合によっては、新しい職員を採用する必要もあるため、なるべく迷惑をかけない為にも、早めの相談をおすすめします。

 

妊娠中に介護職の夜勤は悪影響か|まとめ

いかがでしたか?

 

妊娠初期はお腹も出ていませんし、つわりが軽ければ妊娠前と変わらない印象を受けます。

しかし妊婦にとっては妊娠初期が1番大切な時期です。

 

この時期に無理をすれば、それが流産に繋がり悲しい結末になる可能性を秘めています。

そうならない為にも、介護職をしているなら早めに妊娠を報告して力事などは避けるようにしましょう。

 

夜勤も身体にマイナスな影響を与えてしまうので、外してもらうことが大切です。

妊娠が分かった段階で、職場の責任者に相談して、妊婦の間の働き方を決めることが重要です。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです