介護職を目指しているけれども、
面接で話す志望動機が思いつかない・・・

働いている人がどうして介護職を選んだのかな?

 

SPONSORED LINK

 

超高齢化社会の現在、介護職のニーズは高く
未経験者の募集も積極的に行われている介護職です。

転職する時に介護職を選ばれる方も多いかと思いますが、
人材の定着率の悪さなど課題も山積している業界ではあります。

 

確かにある程度の技能も要するので、
ただ人が好きだけでは働けない業務もたくさんあります。

これから飛び込んでみようと思っているなら、
実際に介護で働いている人やこれから選ぼうとしている人が、
どうして介護職を選んだのかも気になりますよね。

 

今回は、介護職への転職にあたってみんなが知りたい
志望動機や、介護職のやりがいや、大変さなどをまとめてみました!

転職のご参考になれば幸いです。

 

在職者はなぜ介護職を選んだの?

3_55_1

Original update by : 写真AC

 

介護職の募集はよく目にしますよね。

世間では、「きつい」「汚い」「給料安い」
3Kなんて言われている介護職だからなのでしょうか(^_^;)

 

介護業界は、まだまだ新しい業界で改革の途中にあり
人材の定着を図るための取組が様々行われ始めています。

そこで気になるのが実際に働いている
介護士さんやケアマネージャーさんたちの志望動機です。

 

彼らは、どうして今の仕事を選ばれたのでしょうか?

 

まずは働き甲斐のある仕事であることです。

人の役に立ちたいと思って就職する人が多いので、
そこは100%保障されていると言っても過言ではありません。

人と接する仕事の中で直接的に「ありがとう」と
感謝してもらえる職種はなかなかない気がします。

 

次に一生懸命勉強して取得した国家資格を活かせるからです。

介護の世界に飛び込む最初の入り口は
ヘルパー2級という介護資格を取得します。

取得後に即身に着けた技能を使いキャリアを積んでいく。

介護福祉士から社会福祉士へ、
さらにケアマネージャーという上を目指せる道もありますので
その道を極めたいと思った時に明確な目標を掲げられる、
というのも頑張れる一つなのではないでしょうか。

 

介護職のやりがいって何?

それでは、介護職のやりがいとは
一体どういう所に感じるものなのでしょうか。

 

介護の仕事は、人と常に接する仕事です。

そもそもそのような業界に足を踏み入れている人は、
「人の役に立ちたい」「人の喜ぶ顔が見たい」という
奉仕の精神を持っています。

 

自分の介護で喜んでくれる利用者さんの姿を見ると
こちらも嬉しくなったり、利用者さんの感謝の言葉を聞くことで
大変さよりも増してやりがいを感じられるのではないかと思います。

 

介護職の大変なところは?

3_55_2

Original update by : 写真AC

 

働きがいがある、やりがいがあるという介護職ですが、
それは逆を返せば忙しく大変ということです。

介護職の大変なところは、
具体的にどんなところなのでしょうか?

 

職場にもよりますが、人材不足により
一人の介護士あたりの抱える利用者さんの数が多いことです。

要介護度によっては排泄の世話から入浴介助など
休む暇もなくやることが迫ってくるのです。

そして、介護は24時間体制です。
夜勤も含めてシフトが組まれています。

仮眠もとれずに利用者さんの要望に応えなければなりません。

さらにそんな激務に日々さらされストレスを感じている
職場の上司や同僚との人間関係を保つのも大変なのかもしれません。

 

介護職の志望動機を作るためのコツ!

転職活動をしていて
業界のことを勉強すればするほど魅力も感じますが、
ネガティブな情報を見て不安も感じることでしょう。

そんな中で履歴書の志望動機を作らなければいけない
としたら、どう書くのが正解なのでしょうか。

 

未経験者であれば一番は、
やる気や自分の長所をアピールすることです。

介護業界では、どこの事業所でも少なからず
人材の定着率の悪さという課題を抱えていると思います。

(そういうところが、常に職員を募集しているのですから)

なので、その人のやる気度合いを見て
本当に続けていけるのかどうかを判断ポイントにするはずです。

 

介護経験者であると、
キャリアアップ・スキルアップを全面に出すのが無難でしょう。

面接する側はどうしても前職の退職理由が気になります。

介護業界では体を壊したり、
利用者やその家族との関係に悩んだなどが
退職の理由のほとんどを占めるので、

転職しても同じ理由で退職するのではないか、
という懸念をされないことが大切です。

意欲と向上心があり、
前向きな転職であることをアピールしましょう。

 

なぜ介護職を目指してのか|まとめ

いかがでしたか。

 

介護職は、やりがいと働き甲斐に満ちた業界ですが大変なのも事実です。

業務内容などと自分のやりたい事とをしっかり照らし合わせてみると、
どうして自分が介護職に惹かれるのか自ずと志望理由は出てくるはずですよ。

 

あとは意欲とやる気
面接官にしっかりアピールできれば道は切り開けます。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです