介護士の給料ってどうして安いのだろう。

給料をアップさせる方法があるのだろうか…

 

SPONSORED LINK

 

介護士の給料が、
一般偉業に比べて安いということが言われています。

実際に介護士として働いている人から見ても、
それは厳しい現実です。

 

そもそも介護士の給料が低い理由は何なのでしょうか。

 

この部分を知らない人は意外に多いのかもしれませんね。

ここでは介護士の給料がどのくらい安いのか、どんな理由があるのかを
知ったうえで 給料アップの例もいくつか挙げていきますので、
参考にしてみてくださいね。

 

介護士の給料は安い?

2_319_1

Original update by:いしだひでヲ

 

これからの日本は高齢化社会がどんどん進む見込みです。

少子化も軽減されていないので、子供よりも高齢者の方が多い
という世の中になるのが目に見えていますね。

 

そこで将来的に安定した仕事があって、
長く続けていけるのが「介護業界」です。

様々な角度から高齢者のサポートをする介護士は、
これからの日本になくてはならない存在になります。

 

しかし現在でも、「介護士は数が足りない」
と言われるほど人員が不足しています。

その理由の大きなものは
給料が安い」というところにあるでしょう。

 

給料が安いのに、仕事内容は肉体労働かつ、
決して楽な仕事とはいえません。

介護職は3K と言われる「きつい・汚い・危険」
というイメージが強いのも懸念される要因ですね。

 

では介護士の給料はどのくらい安いのでしょうか。

 

厚生労働省の統計による
全産業における平均月給を調べたデータがあります。

一般企業を含めた全体の平均月給は32万9600円です。

これに対して、介護職はというと…

 

  • 福祉施設の介護員は21万9700円
  • 訪問介護員(ホームヘルパー)は22万700円
  • ケアマネージャーも26万2900円

 

このように全体の平均から比べても10万円近く差があるといえます。
あくまで平均なので、実際には20万円もいかない人もたくさんいるはずです。

介護職の給料の現実はこうも厳しいものなんですね。

 

介護士の給料が安い理由とは?

安い安いと言われる介護職の給料ですが、
何故こんなにも安いのでしょうか。

その理由は施設によっても違うとは思いますが、
共通する理由を調べてみました。

 

介護保険制度の考え方が問題

元々介護は医療の分野に属していました。
当時は病院のベッドで医師と看護師がつきっきりで診ていたものです。

しかし高齢者が増えたと同時に、
医療の分野に属したままでは医療費がかさみすぎる
という理由から介護保険制度が敷かれるようになりました。

 

その結果、高齢者のお世話を医療と介護とに分け、
介護の方にはお金をかけないようにする
システムになったと言われています。

 

高齢者のお世話にお金をかけないため
に作られたのが、介護であり介護保険制度なのです。

だからこそ介護報酬は、医療報酬よりも低い額が設定されています。

 

他の施設との価格競争

高齢者が増えるにあたって、
介護を必要とする人が利用する福祉施設も数を増やしていきます。

すると各施設で「どうやって入所させるか
という部分に頭を悩ませることになります。

 

入所してもらうにあたって1番のポイントは価格です。

他の施設よりも価格が安くて同じサービスであれば、
選ばれる確率も高くなりますよね。

結果、施設同士での価格競争が激化して、
介護報酬がどんどん安くなってしまいます。

 

そんな状態では、
とても給料が上がる見込みなど見えてこないと思いませんか。

サービス業と言えど、介護の質は何にも代えがたいもののはずです。

それを経営者の考えによる安売りをされては、
たまったものではないですよね。

 

人員の確保による給料低下

介護職は人員不足ということもありますが、
特別なスキルがなくても出来る仕事です。

「働く意欲さえあれば、誰でも受け入れる」
と言っても過言ではないほど広く入口を開放しています。

 

経営者の中には、

「給料を上げなくても人は集まる」
「離職者以上に採用できればOK」

という考えで 給料を上げることよりも、
人員の確保を重視する傾向にあるのです。

 

資格がなくても仕事ができるので、
資格のない人の給料を中心に設定されてしまうことも多く
有資格者でも給料がアップしないという残念な結果になります。

言い方は悪いかもしれませんが、
安くこき使った方が、経営面では健全だ
と考える人がいても不思議ではありません。

 

給料アップをする為には?

2_319_2

Original update by:いしだひでヲ

 

人員確保に必死になっているイメージになってきた介護業界ですが、
中には「介護の仕事が好きで、長く続けていきたい」
と考えている人もいるはずです。

そんな人が給料アップするための、具体的な方法を考えていきます。

 

まず第一に、最近では介護士の給料を見直していこう
という国の対応が動きつつあります。

 

今まで暗黙の了解だった介護業界のお給料の実態が、
高齢化社会が進むにつれて浮き彫りになってきました。

このままでは介護士自体が急激に減ってしまう、
それでは困るという考えから、
今後は給料のアップが見込めるのではないでしょうか。

 

そんなのを待っていられないと考えるのであれば、
やはり資格取得が必須です。

誰でもできる上に、
仕事が始まると激務となり資格どころではないかもしれません。

そんな中でも、資格を取っておくことで、給料アップに繋がります。

 

まず取得しやすい資格としては「介護福祉士」があります。

国家資格なので一生モノの資格になりますし、
給料も介護員よりも数千円~数万円上がります。

基本給を上げればボーナスにも繋がるので見逃せない資格です。

 

更に上を目指すのであれば「介護支援専門員」を目指しましょう。

属にケアマネージャーと呼ばれる資格で、
主に介護プランなどを立てるお仕事になります。

難しい資格ではありますが、取得することにより給料アップは見込めます。

 

もう一つの方法としては、
基本給が2万円程アップする介護施設・事務所に転職することです。

施設の規模によって2万円程度の給料が変わることは、よくあります。
より基本給の良い施設に転職するのも良い方法です。

 

また介護事務のような場所に就職できると、
同じように給料のアップが見込めます。

ただし事務の場合は、
パソコン操作や給料計算などの簿記なども知識が必要です。

 

介護士の給料が安い理由|まとめ

いかがでしたか?

 

介護士の給料は安いと言われ続けていますが、
給料アップする方法はちゃんとあります。

いつまでも介護員という肩書で資格もなく働くのでは、
もちろん給料もそのままです。

 

きちんと資格を取得していけば、数万円の給料アップは見込めます。

また、務める施設を変えたり、
施設勤務からホームヘルパーにするなど、

同業種からの転職も視野に入れましょう。

 

なりたくて就いた仕事ならなおさら、
長く続けられる方法を探していきたいですね。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです