介護の仕事を辞めたくて毎日が憂鬱・・・

仕事辞めたい病は我慢すれば治まる?

仕事辞めたい病の対策は?

 

SPONSORED LINK

 
社会人なら誰でも、仕事を辞めたいと思ったことが一度はあるはずです
朝起きても体が重く、憂鬱な気分で出勤し、「もう明日は仕事に行きたくない!」と考えながら帰宅する・・・

私自身も、このような状態になった事がありますし、転職コンサルタントとして働いていた時にこのような「仕事辞めたい病」にかかってしまった方の相談をたくさん受けました。特に介護職の方は、仕事内容が厳しく人間関係も複雑なためなのか、重症の方が多かったです

今回は、介護職の「仕事辞めたい病」について、

・どのようなことが原因で仕事辞めたい病にかかるのか
・克服出来た方と出来なかった方では、何が違っていたのか?
・仕事辞めたい病を克服するにはどうすれば良いのか・・・

など、元転職コンサルタントとしての立場から検証していきます。

介護の仕事辞めたい病になる原因は?

2_101_1

Original update by : 写真AC

 
仕事辞めたい病にはどんな仕事に就いている方でもかかってしまうことがありますが、特に介護職の方に多いのはなぜなのでしょうか。

それには介護職特有の悩みがあります

どのようなことが原因で辞めたい病にかかってしまったのか、見ていきましょう。

仕事内容と給料が見合っていないから
(25歳 男性 グループホーム勤務)

体力的にも精神的にも本当にキツイです。
夏場の入浴介助なんて全身ビショビショだし、排泄介助も慣れたとはいえ苦痛に感じるし、認知度の高い利用者との意思疎通も上手くいかないし、と苦しい事ばかりです。
これでお給料が高ければ頑張れるんだけど、夜勤や休日出勤しても手取りでこれだけ?って言うくらい少ないし、ボーナスも友人達と比べると悲しいくらい低いです。
今後給料が上がる見込みもしないし、一人暮らしで貯金も出来ません。

 
介護の仕事が体力的にも精神的にも厳しい仕事であることが世間に認知されてから、かなりの年月が経っていますが、それにも係わらずなかなか待遇が良くなりません。

人の役に立ちたい、お年寄りのお世話をしたい、という優しい気持ちで介護の仕事に就いたとしても、ボランティアではないのですから、仕事に見合ったお給料が欲しいと思うのは当然のことです

不規則な勤務だから
(28歳 女性 特別養護老人ホーム勤務)

シフト制で夜勤もあるのですが、土日は殆ど休めず、休日の曜日も固定されていない為、プライベートで友人と会ったり、習い事を始めることも難しいです。
常に人員が足りない為、有給を取って長期旅行なんてとんでもない!という雰囲気です。
急遽休んだ人の代わりに夜勤明けに日勤に入ることもあり、体がボロボロになりそうです。
職場と家の往復だけで、休日は疲れてどこにも出掛けたくありません。生活を全く楽しめずにいます。

 
年中無休で24時間体制の介護施設の多くは、シフト制を採用しており、職員はどうしても不規則勤務になるため体調を崩しやすくなります。

また、友人と遊びに行ったり、恋人とデートをするための日程調整も難しく、だんだんと疎遠になってしまうこともあります。

プライベートの時間が充実出来ない為、職場と家の往復で終わってしまい虚しさを感じてしまいます

そのような状況で、「日中働いて夜は寝たい」「土日休みで、たまには友人と一緒に遊びたい」と思うのは仕方のない事です。

職員との人間関係に疲れたから
(31歳 女性 デイサービス勤務)

職場の人間関係に疲れてしまいました。
リーダー的な女性が居るのですが、その人の機嫌次第で職場の雰囲気がガラっと変わるんです。
リーダーに告げ口するような取り巻きのような感じの人もいて、常に気が休まりません。
そのリーダーと介護方針で対立した方は、嫌がらせされて辞めてしまいました。
リーダーとシフトが被ることが多く、毎日が憂鬱です。

 
介護職は女性が多い職場ですので、女性ならではの人間関係に苦労されている方が多いです。

上に立つ立場の方の性格や、その方との相性で職場の雰囲気がかなり左右されます。

人間関係にまつわるトラブルは、介護職以外でもよく有ることなのですが、介護の仕事はストレスが溜まりやすい仕事なので、弱い立場の方がその捌け口になる相談もよく受けます

また、職員同士の人間関係だけでなく、利用者との関係に悩む方も多いです。理由も分からず嫌われて介護拒否されたり、暴言を吐かれたりして、精神的に追い込まれてしまう方もいます。
 


 
介護士1
更に、原因はこれだけではありません。

介護職の職業病とも言われる「腰痛」に悩まされたり、利用者の死に直面するのが耐えられなくなったり、介護職ならではの辞めたい理由があるのです

介護の仕事で辞めたい病にかかった時の対策とは?

では、介護の仕事を辞めたいと思った時に取れる対策として、どのようなものがあるのでしょうか。
私が受けた相談者の中で、特に印象に残っている方達のケースをご紹介します。

そのまま職場に残る選択をしたT.Sさん

職場の上司が私にだけ厳しく当るのが辛くて転職相談に来ましたが、介護職の経験もそれほど積んでないのに転職先でやっていけるのか不安だし、私のことを慕ってくれる利用者もいるので、もう少し今のところで頑張ってみます。

 
T.Sさんは、上司からパワハラのような言動を取られて精神的にかなり追い込まれているように見えました。
転職をお勧めしたのですが、上記のようにおっしゃって結局辞退されました。

1年後に、T.Sさんと同じ介護施設で働いていた方が転職相談にいらしたので、さり気なく聞いたところ、T.Sさんはうつ病と診断され、今では仕事を辞めて自宅療養をしているらしいです

一度異業種へ転職したS.Kさん

給料が低くて将来が不安になったため、介護職から営業職に転職しました。
しかし、もともと人を押しのけてまで上にいこう!というような性格では無いため、毎月のノルマが達成できず給料も安定しません。
今になって自分の性格は介護職に向いていたことが分かり、もう一度介護業界で働きたいと思って相談に来ました。

 
S.Kさんはお給料の低さが原因で介護職から異業種へ転職されたのですが、再び介護業界へ戻ってくる決意をされました

異業種へ転職される時は、どのような仕事が自分に向いているのか、かなり慎重に見極めなければなりません。また、未経験の場合は年齢が高くなるとかなり不利になりますので、業界の事を勉強したり、必要な資格を取ったりと、事前の準備も入念に行う必要があります。

S.Kさんは、一度辞めてしまった介護の仕事にもう一度就けるのか、かなり気にしておられましたが、介護業界はこの点で非常に柔軟性があります。
介護の経験者ということで、最初にいた施設よりも待遇の良い施設に転職できました。

転職準備を怠ったM.Nさん

ユニットリーダーとの相性が悪くて、どうしても職場に行くのが嫌になり、引き止められましたが強引に辞表を提出して辞めました。
介護職なら直ぐに次が見つかると思い、それ程悩まなかったです。実際に転職情報誌に載っている介護施設に応募したら直ぐに採用されました。
しかし、次の施設は募集広告に書いてあった待遇が全然守られていないのです。週休二日とあったのに、一週間連続で働いた時もありますし、有給休暇なんて誰も取得していません。
騙された気持です。

 
M.Nさんは事前に準備をせずに、職場に辞表を出してしまいました。

預貯金などがあって生活に余裕があるのであれば、辞めてからゆっくり転職活動をするのも良いですが、そうでない場合、直ぐに次の職場を探さなければいけなくなります。

M.Nさんは、次の職場を直ぐに見つけることが出来ましたが、どうやらそこはブラックな施設だったようで、再度転職するために相談に訪れました

別の介護施設に転職したR.Kさん

夜勤ありのシフト制の施設で働いていましたが、職員がどんどん辞めていき、なかなか休みが取れなくなってしまいました。施設長に何度も人を増やしてほしいとお願いしましたが、今の人数で十分足りていると言って、取り合ってもらえませんでした。
もうそろそろ体力の限界なので転職したいのですが、今までの介護経験を活かせて、職員の人数も多く、休みが取りやすい職場なんてありますか?

 
R.Kさんが働いていた施設は、職員の人数が少なく一人に掛かる負担が大きくなっています。それにも係わらず、人件費が惜しいのか、なかなか人員を増やしてもらえませんでした。

R.Kさんは、自分が辞めてしまったら残った職員の負担が増えることを気にしていましたが、その点は施設側が考えることだから気にしなくても良い、とアドバイスをしました。

また、R.Kさんは希望条件がかなりハッキリしていたのが非常に良かったです。介護の質を上げることを理念としている介護施設を紹介することが出来ました。

その介護施設は、「職員に余裕が無ければ良い介護は出来ない」と言って、職場の人数を多めに配置している事で人気のある施設です。
 


 
介護士1
これらのことから、仕事辞めたい病にかかってしまったら転職を検討することをお勧めします

しかし、安易な転職は更なる失敗を招く恐れがあるので注意が必要です

うつになるなら転職を!

2_101_2

Original update by : 写真AC

 
私が今でも気になっているのが、上で挙げた「そのまま職場に残る選択をしたT.Sさん」です
あの時、もっと強く転職を勧めていれば、T.Sさんはうつ病などにならなかったのでは、と後悔しています。

転職を「するのか」「しないのか」最終的に決めるのはご本人です
どちらが得をするのか損をするのかは、後になってみないと分かりません。
しかし、我慢を続ければ必ず報われるとは限らないのです

自分に合わない職場で「辞めたい病」を抱えながら生活するのであれば、自分に合った職場を求めて転職することは決して悪い事ではありません

しかし、「どうせどこの介護施設も似たり寄ったりなんだから、転職しても無意味でしょ」と、決めつけている方もいます。

それは間違いだと断言できます!介護業界は全ての施設が「ブラック」ではありません

断言出来る理由として次の点が挙げられます。

□ 介護業界の求人は非常に多い
□ 質の高い介護を目指して、職員の待遇を良くする施設が増えている
□ 求人誌やハローワークに載らないような非公開求人が存在する

具体的には次のような好待遇の職場が実在しているのです。

【職種】  ホームヘルパー(訪問介護)/正社員  ※ 試用期間:0~3ケ月
【勤務地】 東京都
【勤務時間】 08:00~20:00(シフト制、原則1日8時間(休憩60分)程度の勤務 ※残業:月5時間程度
【休日・休暇】・一ヶ月単位のフレックス制
(月の必要就労時間は、該当月の平日日数×8時間)※お休みは応相談※
・年次有給休暇は法定通り付与
・その他法定休暇(育休・産休・介護休暇等)
【給与】 月給200,000円 ~ 430,000円
<資格手当>
・介護福祉士:30,000円
・実務者研修修了証明書所持者(ヘルパー1級):20,000円
・介護基礎研修修了証明書所持者(ヘルパー2級):10,000円
・残業手当:法定通り支給
・管理者手当:30,000円
・サービス提供責任者:20,000円
【応募資格】 介護職員初任者研修修了者(ヘルパー2級)以上
【待遇】・交通費手当(全額支給)・昇給あり・賞与あり・各種社会保険完備

 
これはほんの一例ですが、職場を変えるだけで今抱えている悩みが解消される可能性があるのです

それに、介護業界での転職ならあなたの今までの経験やキャリアを存分に活かすことも可能です

初めての転職を考えるなら無料電話面談ができる「メドフィット」

メドフィット

メドフィットは医療・介護業界に特化した転職サービス会社で、業界でもトップクラスの求人数を誇り、優良条件の非公開求人が多い事で有名です。

医療・介護職全般に関わる転職を扱っているので、病院から介護施設まで幅広い職場から希望の職場を探してもらえます

特徴は専門のエージェントが付いてきめ細やかに対応してくれることです。
この転職エージェントは現場に直接足を運んで情報収集しているので、「現場の生の情報」を知ることができます

登録はもちろん無料です。会員サイトには転職に関するノウハウが多数掲載されていますので、初めての転職の方にはおすすめです。

メドフィットボタン

介護の仕事を辞めたい病|まとめ

いかがでしたでしょうか。

介護職に「仕事辞めたい病」が多いのは、待遇の低さや複雑な人間関係など、介護職ならではの悩みから来ています。

仕事辞めたい病は、何もせずに周囲の環境が変わるのを待つという選択もありますが、職場を変えるだけで、今抱えている悩みが解消される可能性があります

但し、安易な転職は更なる失敗を招く場合もあるので、慎重に行う必要があります

転職活動を進めていく上で、お勧めが「転職エージェント」の活用です。
転職エージェントには以下の特徴があります。

・求人誌などに掲載されない「非公開」の優良求人が多数寄せられている
・コンシェルジュが求人を探したり、履歴書のアドバイスをくれるので忙しい合間でも転職活動ができる
・客観的なアドバイスにより、転職の失敗を防ぐことができる

 
介護業界での転職ならあなたの今までの経験やキャリアを存分に活かすことが可能ですので、介護職専門の転職エージェントの活用をお勧めしますよ



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです