介護職に就いてから腰痛がひどくなったみたい…

これ以上ひどくなる前に、介護職を辞めようかなぁ

 

SPONSORED LINK

 

介護職をしている人の多くが腰痛に悩まされています。

腰痛がひどくなると横になった時にも激痛が走り夜も眠れないほどになります。

 

さすがにそうなる前に、何か対応策を練るのが良いですが実際に介護職を行う人はどのように対処しているのでしょうか。

 

ここでは、介護職における腰痛の原因や対処方法、

また、退職を考えた時の方向性などを交えて、介護職と腰痛について考えていきましょう。

 

介護職で腰痛になる原因は?

1111

Original update by:acworks

 

 

介護職で腰痛になる原因はいくつかの理由が考えられます。

パッと思い浮かびそうな理由から、意外な理由まであるので、紹介します。

 

  • 介護の仕事って腰痛になる原因が多い気がする

 

介護職の仕事内容を見ていくと、食事介助、入浴介助、移乗介助、排泄介助などザッとあげた仕事内容を見るだけでも、前かがみや中腰の姿勢が続くものばかりです。

 

しかも利用者を支えたり、持ち上げたりと更に腰に負担がかかります。

中腰という無理な姿勢が長時間続くことで腰痛になりやすいと言えるでしょう。

 

また介護職には夜勤などが入る関係で、変則勤務があることでも知られています。

日勤とは違う種類の疲れが腰の弱い人には特にダメージを与えるのです。

疲れが蓄積されて、腰を中心に怠くなったり、重くなったりして腰痛へと繋がるのです。

 

  • 私は腰が弱いわけじゃないから力仕事の多い介護職でも大丈夫でしょ?

 

もともと足腰の強い人でも介護の仕事に就くのであれば注意が必要です。

 

更に介護職は人間の命をあずかる大切なお仕事です。

ちょっとした油断が、利用者に怪我をさせたり、事故を引き起こしたり、最悪死に繋がります。

 

こういった責任感が緊張感へと繋がって、必然的にいつも身体全体に力が入っている状態になります。

すると無意識にコリが溜まり、腰痛へと繋がっていくのです。

 

介護職の人が腰痛になる原因は…

 

・無理な姿勢が続く介助で背中に負担がかかる

・高齢者の移乗などで、腰に負担が急にかかる

・無意識のうちに無理な力が入り筋肉が凝り固まる

 

骨盤が歪んで引っ張られた筋肉が硬直していくと神経を圧迫するようになるので、神経痛のような痛みを感じるかもしれません。

 

このような形で介護職の人は腰痛を起こしやすいといえるのです。

 

介護職で腰痛になった場合の対処法は?

 

介護職で腰痛になってしまったら、その後、仕事を続けていくのも困難になります。

 

  • 本当に腰痛になってしまったらどうすればいいの?

 

では、もし腰痛になってしまったら、どのように対処すればよいのでしょうか。

 

腰痛とひとくくりになっていますが、腰痛の種類は1つではありません。

 

・筋膜性腰痛

・腰椎椎間板ヘルニア

・脊柱菅狭窄症

・腰椎分離症

 

症状によっては「温める」事が効果的な場合と、「冷やす」事が効果的な場合があります。

 

一番は病院に行って、しっかりとした治療を受ける事です。ですが、時間の都合上なかなか病院に行けない場合もありますよね。そのような場合は、個人で対応をする必要があります。

 

「温める」か「冷やす」かの判断基準は、その腰痛が急性なのか、慢性なのかを見極める必要があります。

 

腰痛とは無縁だったのに、いきなりピシっと腰に痛みが走った場合、

「冷やす」のが正解

 

急に痛みが走った場合は、安静にして痛い部分を冷やし、炎症を極力最低限にすることが必要です。

急な腰痛は急な炎症と同じなので、まずは炎症を抑える意味で湿布などを貼り安静にしていましょう。

 

前々から痛みを感じていた、以前よりもひどくなったなど、慢性的な腰痛の場合、

「温める」が正解

 

腰痛が慢性化してしまった場合は、一時的な治療よりも根本的な部分を治すためにも温めて代謝の促進を促すことが必要なのです。

 

慢性的ということは激しい炎症は起きていません。

慢性的な痛みを温めの血行促進、代謝促進で緩やかに治しておくことが大切です。

 

その為にもゆっくりと湯船に浸かって、腰を中心に身体を温めるようにしましょう。

筋肉のコリをほぐして固くなった筋肉を緩めて血液の流れをスムーズにすることが重要です。

 

介護職で腰痛になったら辞めるべき?どんな選択肢がある?

222222

Original update by:紺色らいおん

 

腰痛がひどくてすでに介護の仕事が辛い!

 

無理をして腰痛がひどくなると、最悪の場合は介護職を辞めるという選択肢も考えなければなりません。

 

  • 介護職が好きなのに!腰痛のせいで辞めるなんて…

 

今まで介護職として頑張ってきたからこそ、ここで辞めてしまうのは気が引けますよね。

今まで積んできた実績が無駄になってしまうのは勿体ないです。

 

そのような場合は、

 

・まずは力仕事のない事務仕事に移れないか相談をする

・また、5年以上介護職として勤務をしているのであればケアマネージャーの資格を取る

・状況によっては力仕事のない職種への転職も検討する

 

ただ、注意点として腰痛は一般事務でも起こりえる症状なので、転職の際に腰痛を原因にするのは有利になりません。

 

ですから、介護職の中で腰に負担をかけて腰痛になってしまった場合はまずは事務職などに移動できないか相談をしてみる事をおすすめします。

 

その間に、整骨院などに行って治療をする事をおすすめします。

 

  • 介護職を続けるのがどうしてもツライ場合は?

 

すぐに事務職に移る事が出来ず、仕事に支障がでるほど腰痛がツライ場合は、退職ではなく「休職」という方法もあります。

腰痛は普段から姿勢を整えて、正しい治療をすれば改善していきます。

 

腰痛が残る身体を無理に動かして働くよりも、スパッと休職をしてしまう方が治りは早いです。

整骨院での診断書をもらうなどして、休職したい旨を責任者に伝えてみてはいかがでしょうか。

 

生活も考えると大きな決断になりますが、放置して本当に動けなくなるまで悪化してしまっては後悔してしまいませんか?

 

介護職で腰痛がひどい時は退職するか|まとめ

 

介護職をする人にとって腰痛は切っても切り離せない関係にあります。

腰痛になる前に腰に負担をかけない方法で対策をすることも大切ですが、どうしても無理してしまうものです。

 

腰痛は中腰などの負担のかかる姿勢が長く続く場合、重いものを持ち上げたり運ぶことで発症します。

介護職はそのどちらも日常茶飯事なので、腰痛は職業病でもあります。

 

冷やしたり、温めたりする事で痛みを緩和することもできますが

根本的な解決をする為には、整骨院などでしっかりとした治療を受ける必要があります。

 

「休職」という方法で治療に専念することもできるので職場の責任者に相談してみましょう。

 

放置しても絶対に直らないのが腰痛です。

早いうちの対応をおすすめします。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです