やりがいがあると思って始めた仕事だけど、

介護職ってどうしてこんなに
大変なのに待遇が悪いんだろう・・・

この不満を解消するにはどうすれば良いの!?

 

SPONSORED LINK

 

24時間の交代制や入浴介助など、
体力的にも精神的にも大変な介護の仕事。

しかしその仕事の大変さとは反対に、
待遇面できちんと評価されているとは

言いがたい現状があります。

 

また待遇に不満を持ち、
それが原因となって介護職を辞める人も少なくありません。

そのことで経験のある人材が減り、
また新しく入った来た人にきちんとした

指導が出来ないなど、
悪循環に陥っている施設もあります。

 

介護職として働き続けるためにも、
今抱えている不満を解消することが必要です。

 

しかしどのような対処法があるのでしょうか。

介護職に対する不満と共に、
解決法についてもまとめました。

介護職で多い不満とは?

1

Original update by : 写真AC

介護職で多い不満とはどのようなものでしょうか?

 

・介護の職場環境に対する不満

・仕事内容に見合わない賃金に対する不満

・夜勤や長時間労働などシフトに対する不満

・休日出勤や有休がとれないなどの休みに対する不満

 
退職理由にも多くあげられる職場の人間関係、
賃金の低さなどに加え、休みがなかなか取れない

といったシフトに関する不満
また施設の体制に対する不満などがあります。

 

介護職はその仕事の多様さから、
するべき業務量が多い傾向にあります。

さらに施設によっては日勤だけではなく、
夜勤などもあり体力的にもハードな仕事です。

 

しかしその仕事量や仕事内容に見合った給与ではない、
という不満が介護職についている人たちの中には多くあります。

 

また長年勤めてもなかなか給料が上がらない
自分一人の生活しか出来ず、家族を養って

いけない、といった不満もあります。

 

さらに女性が多い職場であることや、
他の業種の人と連携を取りながら、利用者やその

家族ともコミュニケーションを取ることが必要な
介護職では、人間関係の不満もあります。

 

上司がえこひいきをする、
また新人の場合は仕事をきちんと教えてもらえない、

また中途採用で入った職場で
仲間に入れてもらえないなど、その問題も様々です。

 

また休みを思ったように
取れないのも介護職ならではといえます。

利用者に対応するためには、
お盆や年末年始、土日や祝祭日は関係ありません。

 

しかし子育てや主婦をしている方は、
そういったシフトで仕事をするのが難しいため、

休みが取りやすいアルバイトや
パートに切り替えたり、また退職してしまいます。

 

その結果正職員にそのシフトを埋めることが求められ、
正職員に負担がかかってしまいます。

 

このような悪循環は、介護職で人材を
育てるためにも断ち切らなければなりません。

しかし現場で働く職員の不満を
どう解決すればいいのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

介護職での不満はどうやって解決してる?

介護職での不満は
どうやって解決すればいいのでしょうか?

 

現場にある不満や問題点をまとめ、
職員同士で解決出来る問題か、それともリーダーに
相談すべきものか、さらに組織や施設の上層部に
依頼すべき問題なのか対応を検討します。

それから意見をまとめ、
解決していくことになります。

 

介護職についての不満は、
すべて施設の管理者に訴え出ればいい
というものではありません。

管理体制が整っていない場合などは、
「言ったもの勝ち」のような状態になり、

解決どころかさらに悪い状況になることもあり得ます。

 

そして介護の現場で働いている職員同士で、
持っている不満が自分一人だけの考えなのか、

それとも他のみなも考えていることなのか、
問題を共有する必要があります。

 

たとえば給与面の不満についても、
現状の給与がどのような評価で支払われているのか、

また夜勤や休日出勤などの割増
適正かどうか確認が必要です。

さらに残業代などが支払われていないなど、
問題点を確認しなければなりません。

 

個人の訴えではなく、
職員全体の不満や改善要求であれば、
上層の人間も対応せざるを得なくなります。

またそういった問題点を現場の人間で
まとまって解決することが出来れば、
人間関係の改善にもつながります。

 

仕事が忙しく、
不満を持っていてもなかなか口に出せず、
一人で抱え込んでしまう職員も多くいます。

 

そういった職員の不満の声をまとめることで、
現状を解決することも不可能ではありません。

 

しかし施設によっては
現状の給与体制を変えられない
また人手不足でシフトを改善することが
出来ないといったこともあり得ます。

 

その場合はその施設での問題解決を
求め続けるのではなく、自分個人が待遇のよい

職場環境を求めて転職するか、
介護の仕事を辞めるしかありません。

 

では介護職を退職する場合に
気を付けたいことについて、詳しく見ていきましょう。

介護職を退職する場合の注意点は?

2

Original update by : 写真AC

介護職を退職する際に
注意したい事とはどのようなことでしょうか?

 

退職した後のお金の問題や、再就職する際に
仕事へのブランクが発生するといったことを

考慮しておく必要があります。

 

介護職の給与が安いとはいっても、
退職した場合はその給与分がなくなってしまいます。

主婦の場合は
ご主人の給与のみでやりくりしなければならなくなります。

 

そういった問題から、
退職後しばらく休んでからゆっくり再就職先を探す

といった考え方を持つ人もいます。

 

しかし求人が多いとはいえ、辞めたときよりも
待遇のよい職場を探すのは難しいのが現実です。

求人の多い職場は、
離職率の高い職場であることも多いためです。

 

また再就職する際の年齢や、
また仕事をしていなかった期間が長いと、

面接の際に不利に働くこともないとはいえません。

 

特に介護職は日々仕事内容は変化していくため、
ブランクが長いと仕事について行けないだけでなく、

正職員としての採用は難しくなります。

 

退職する際には、
それまでの経験や給与はまた0からのやり直しになるという

リスクがあることを頭に置いておく必要があります。

 

退職する際には、
辞めた後の生活資金の準備をしておく、

また再就職したいと考えている場合は、
資格を取っておくなどある程度の準備をしておきましょう。

介護の不満について|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

介護職の仕事内容や待遇に不満があっても、
実際にそれを言葉にしてまとめたり、

管理側に訴えたりといった行動
なかなか起こせないのが現状です。

 

仕事が忙しく職員同士での
意思の疎通が出来ないといったこともありますが、

仕事に不満を持っていても、そ
れを一人でためこんで仕事を続けている人も少なくありません。

 

しかし実際に職員同士で意見をまとめ
不満を訴え出ることで解決した例は多くあります。

職場環境を改善し、
よりよい介護の仕事をして、その質を高めるためにも、

現場から、その問題を
解決するよう働きかけていきたいですね(*´∇`*)



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです