介護職の世界に入ったものの
想像以上に厳しい現実がツライ!

介護の仕事に行きたくない朝の対処法って?

 

SPONSORED LINK

 

現実が仕事内容に大きなギャップがあった

夜勤が怖いし辛くてイヤだ

人間関係が上手く行かず、しかも激務でツライ

 

介護の現場で働き始めた頃は
やる気に満ちて就職したのに・・・

 

毎朝行きたくないと思っても
仕事なので無断欠勤するわけにもいきません。

しかし行きたくないと思いながら
仕事をするのは、非効率な気もしますよね。

 

ここでは介護の仕事がツラくて
行きたくない場合の対処法や転職について

まとめています。

介護の仕事に行きたくないと感じてしまう原因とは?

1

Original update by:acworks

介護職に就く人が誰しも、
マイナスな思いで就職するわけではありません。

ほとんどの人は介護の仕事に興味があり、
長く続けられるように経験を積もうとしているのです。

 

しかし介護職の現場は想像以上に激務なこともあり

体力的にも精神的にも
ツラい状態に陥ってしまうこともあるでしょう。

 

では介護の仕事に行きたくないと
感じてしまう原因を探っていきましょう。

 

・人間関係の悩み

・利用者やその家族と折が合わず、精神的に疲れた

・体力的な限界で身体を壊した

・給料が安い

介護職は人対人の仕事なので、人間関係の構築は重要

介護職をツラいと感じる
原因の多くは人間関係にありました。

もちろん夜勤がしんどい人や
仕事が追い付かないという理由もあります。

 

介護職は人と人が接する仕事なので、
人間関係が上手くいくことが1番です。

人間関係の第一歩は
同じ施設で働くスタッフ同士の関係です。

 

介護職に就く女性は何故か、
気の強い方が多い傾向があります。

本人は普通に言っているつもりでも、
上から口調だったり、キツイ言葉を浴びせられることもあります。

 

また毎日、ほぼ同じメンバーと顔を合わせるので、
介護士同士の嫌がらせや悪口を囁き合うなど、
職場の空気の悪い施設もあります。

 

もう一つは利用者との相性や、
その家族とのコミュニケーションです。

世話をする利用者がこだわりのある人であったり、
ちょっと頑固な人だと扱いが大変です。

 

ちょっとしたことで小言を言われたり、
気に入らないと暴力をふるうこともあります。

それでも介護士側は笑顔で対応しなければいけない
となると、精神的に参ってしまいます。

 

また、介護職の給料が安いこともマイナスになっています。

こういった職場環境が
行きたくない」を誘発させてしまうのです。

無理をして身体を壊す人もいる

介護職はハッキリいって体力勝負です。

自分よりも身体の大きい利用者を抱えたり、
運んだり、支えなければいけません。

 

24時間体制の施設も多く、夜勤があったり、
労働時間が長くなることも多いです。

休日なのに「身体が休まらない」
「休んだ気がしない」と嘆く介護士もいます。

 

それでも利用者のためにと無理をして
介護士を続けたところ、身体を壊してしまう人もいます。

体力の限界がくれば、誰だって「行きたくない」と思うはずです。

介護の仕事に行きたくないと思った時の対処法は?

あまりに介護の仕事に行きたくないと考えてしまうと

頭の中で思っていることが、行動に出てしまいます。

 

すると介護の現場でミスが出たり、
大きな事故に繋がってしまうので、どうにか対処したいですよね。

介護の仕事に行きたくないと思った時の
対処法の事例を見ていきましょう。

上司や先輩に相談しよう

介護職のツラさは、
同じ仕事をしている人でないと分かりません。

今はハキハキと働く先輩も、新人の頃は
同じように「行きたくない」と感じていたかもしれません。

 

辛い気持ちを一人で抱え込んでいても、
解決策は見つからないので身近な先輩に相談したり、
気持ちを打ち明けてみましょう。

 

また、経営方針に異論がある、
明らかに業務の内容がおかしいなど文句がある場合は

我慢せずに上司に話をすることも必要です。

 

なんでも「YES」といって我慢してしまうと、
ストレスが溜まりますし

不満を持ったまま仕事をするのは、
結果「行きたくない」の解決策になりません。

給料以外にやりがいを見つける

仕事として働く以上、生活のため、
給料のために働く人がほとんどです。

しかし、
激務の割に給料が安いなどと思ってしまったら、
それこそ行きたくなくなってしまいます。

 

そこで、給料以外
やりがいを見つけることが重要になってきます。

やりがいと言われてもピンと来ない
という人のために例をあげてみます。

 

・担当の利用者さんと信頼関係を構築させて感謝される喜びを味わう

・こんな介護士になりたいという先輩を見つけて目標にする

・施設の中で1番○○な介護士というオンリーワンを目指す

 
行きたくないという思いが先行してしまう時は
目の前のことばかりを流れ作業のようにして過ごしてしまいます。

行きたくないと感じた時に、
本来の目的のために頑張ろう」と思える
環境にしておくことが大切です。

介護の仕事を続ける自信がない時はどうする?

2

Original update by:Le Minh Tuan

どんなに介護の仕事がツライと思っても、
ほとんどの人が頑張って行こうとすると思います。

しかしどう頑張っても、
時にどうしてもツライということもあるでしょう。

 

毎日ツライのに我慢して仕事に行かなければいけない

これからもずっとこんな毎日になるのだろうか…
と悩む人がいるかもしれません。

 

しかしそこまでツライのであれば、
同じ場所で働き続けるのではなく

転職」も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

 

転職といっても2種類あります。

 

・介護以外の分野への転職

・同じ介護職だが職場を変える転職

 

 

介護以外の分野への転職は
介護の仕事を離れてしまいますが

介護の仕事は続けたいという場合は、
職場を変えることをおすすめします。

 

介護職といっても、
様々な施設や労働時間、業務内容があります。

中にはデイリーのみで夜勤がない仕事もあります。

 

また仕事内容は同じでも、
職場の環境や人間関係が変われば

今よりもずっとツラさが軽減されることもあるのです。

 

どんなに仕事内容が厳しくても、
助け合える仲間がいて、穏やかな職場であれば

ツライ気持ちはずっと軽くなると思いませんか。

 

このようにツライのは、
現在の職場環境のせいということもあり得ます。

あまりにツライのであれば、耐えるよりも転職という形で、
新しい一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか。

介護仕事行きたくない|まとめ

いかがでしたか?

 

介護の仕事は
とても一筋縄で務まるお仕事ではありません。

実際に仕事を始めてみて、
その大変さが分かったという人も多いでしょう。

 

あまりにツライことから「行きたくない」と思っても、
それはあなただけではないということです。

「行きたくない」と思ってしまったら、
身近な人に相談したり、仕事でやりがいが
見つけられるか考えてみましょう。

 

どうしても気持ちが上がらない場合は
転職を考えるのも一つの手段です。

大切なのはツライことを我慢したり、
一人で抱え込まないことです。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです