働き始めてまだ3ヶ月、辛くて介護の仕事を辞めたい。

でも仕事が続かないのは、やっぱりよくないよね・・・

介護の仕事が続かないのは、私だけなのかな?

 

SPONSORED LINK

 

離職率が高い介護職ですが、特に新人の離職が多いことが問題となっています。

 

せっかく入ってくれたのに、短期間でやめてしまわれるとせっかくの新人の指導が意味のないものになるだけでなく、残った少ない人員で仕事をこなさなければなりません。

 

常に人員が足りない状況で仕事をし続けることは、職場環境にも悪影響を与えます。

このような状況を改善するために、介護の現場では新人の獲得とまた仕事を続けてもらうために様々な対策を立てています。

 

しかし新人職員が仕事を続けられないことには、どのような原因があるのでしょうか。

また辞めたいと思うことは悪いことなのでしょうか。

 

その理由について、詳しく迫ってみました。

 

介護職を辞めたいと思う理由は?

1

Original update by : イラストAC

介護職をやめたいと思う理由にはどのようなものがあるのでしょうか?

 

介護職をやめたい大きな理由には、職場の人間関係、仕事内容と給料が見合っていない、

そして介護の仕事による体力的な問題などがあります。

 

新人職員の場合は、学校などである程度介護の知識を得てはじめて現場で働く人、

また介護が全く初めての経験となる人とがいます。

 

どちらの場合も、まず介護の現場で働いていてぶつかるのが人間関係の壁です。

 

利用者とのトラブルだけでなく、新人の場合は仕事の要領が分からず、立ち往生することもしばしばです。

 

そのため時間や仕事に追われるベテランの職員から「使えない」と判断されてしまったり、「気が利かない」といわれたりすることが多くなります。

 

また介護の仕事は個人での仕事ではなく、現場でチームを組んで働くことになります。

そのためそのチームの人間関係がうまくいかないと業務にも支障が出てしまいます。

 

さらに介護の現場では、施設ごとに違う業務となります。

日勤だけと思っていたら、夜勤もある現場だったり、休みが不規則といったこともあります。

 

また日勤だけでは給与が安く、夜勤や残業をしないといけないといった状況で働かなければならない現場も多くあります。

 

その他人員が少なく、限られた人数で業務をこなさなければならない場合、

体力的な面でも負担がかかります。

 

こういった要因が絡み合い、介護職をやめたいという気持ちにつながってしまうのです。

 

離職率が高いといわれ、また新人の離職も多い介護職ですが、この仕事が長く続かない理由について、さらに詳しく見ていきましょう。

 

介護職が長く続かないのはなぜ?

介護職が長く続かないのはどのような理由によるものなのでしょうか?

 

人間関係や給与面、体力的な面で問題が起こりやすく、またよりよい条件の環境を求めて転職する人も多いためです。

 

介護職の現場は、多くの人員を必要としており、現在買い手市場となっています。

また利用者も増え続けているのが現状です。

 

介護職は専門性や経験が重視される仕事であるため、現場では仕事を覚えすぐに使える人材となることが求められます。

 

それと同時に利用者やその家族、また施設内の同僚や上司、

出入りする業者との折衝などさまざまなコミュニケーションが必要となります。

 

そのため精神的、体力的の両面で疲労がたまる仕事ともいえます。

やりがいもありますが、拘束される時間も長いため、職場環境や給与面に不満があれば、

よりよい環境を求めて転職することを考える人も多くいます。

 

また雇う側も人員を受け入れるために、職場環境や給与面での待遇を改善しようと働きかける動きが活発になりつつあります。

 

また介護の現場での経験を生かし、資格を取ってステップアップしたいがそういった環境がなく転職したいという人も多くいます。

 

こういった理由は少数で、やはり一番多いのは、実際に働いてみて待遇に不満が出てきたり、人間関係のトラブルが辞めたい理由へとつながっています。

 

しかし新人として務めはじめ、まだ十分に戦力とならないうちに辞めてしまうことは悪いことなのでしょうか。

 

詳しく見ていきましょう。

 

すぐに辞めたいと思うことは悪いこと?

2

Original update by : 写真AC

介護の仕事をすぐに辞めたいと思うのは悪いことなのでしょうか?

 

辞めたいと思う理由が自分だけでなく、職場環境も大きく影響していることがあり、

一概に悪いとは言い切れません。

 

新人として現場で働き、まだ数ヶ月しか働いていないのに、辞めたいと思うのは自分が悪いのだろうか、

そういって自分を責める人を見かけることがあります。

 

しかし新人を育成し、その現場で働きやすい環境作りをするのは管理者側の義務です。

新人に限らず、人員の入れ替わりが激しいと、利用者にも不安を与えてしまいます。

 

また新人の指導に際し、「これぐらい出来て当たり前」といった考え方で接する指導者にも問題がある場合があります。

 

さらに新人は職場の雰囲気になかなか慣れることができず、いじめの対象にもなりがちです。

 

そういった積み重ねから、将来に不安を感じたり、また辞めたいと思うことは決して間違いではありません。

 

直属の上司や、また管理者に相談し、指導者を変えてもらう、また別の部署に異動させてもらうなど解決方法は他にもあります。

 

自分を責めるのではなく、今の現状を相談できる相手を見つけることも大切です。

 

ただし感情にまかせて、辞めてしまうことは今後の自分にとってあまりよい選択とはいえません。

 

辞めたい理由を冷静に考え、その状況を打開するための解決方法を考えながら、

どうしたいのかどうすべきなのか考えて行きたいですね。

 

介護職続かない|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

介護の現場はその施設によっても業務内容に違いがあります。

そのため、夢や希望を持って入ったのに、その現実の落差に驚いたりがっかりしたということも少なくありません。

 

しかしせっかく働きはじめたばかりなのに、もう辞めたいと思うのは、

自分に何か原因があるのではないか、と一人で抱え込んでしまいがちです。

 

そうならないために、誰もが辞めたいと一度は考えたり、

転職などを考えたりしながら仕事をしているということを心にとめておきましょう。

 

また現状を打破するために自分から行動していくことも必要です。

本当に辞めてしまう前に、出来ることはいくらでもあります。

 

一人で悩まず、ぜひ前向きな一歩を踏み出してみてくださいね。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです