介護福祉士って介護の職場で働くときには有利な資格みたいだけど。

前もって取っておくことはできるのかな?

その前にどんな仕事をするのかも詳しく知りたい・・・

 

SPONSORED LINK

 

介護の現場で働く人にとって、介護福祉士は目指すべき国家資です。

 

介護の上級資格であり、介護支援サービスだけでなく、サービス提供責任者やヘルパー指導者として現場の中心となって活動することが求められます。

 

介護福祉士は様々な職場で求人があるだけでなく、資格手当もつくなど給与面でも優遇されます。

 

他の介護資格と違い、専門的な知識と経験が求められるため、将来にわたり介護の現場で必要とされる資格なのです。

 

では介護福祉士の仕事内容や、また資格を取るために必要なことにはどのようなものがあるのか、

詳しい情報をご紹介します。

 

介護福祉士の仕事内容や待遇とは?

1

Original update by : 写真AC

 

介護福祉士の仕事内容や待遇はどのようなものなのでしょうか?

 

介護福祉士の業務には、身体介護、生活援助、介護に関する相談や助言、

さらに社会活動の支援があります。

また介護福祉士の資格保持者には、資格手当がつき、給与面で優遇されます。

 

身体介護は、利用者の食事や排泄、衣服の着脱、入浴や清拭などの衛生管理などの支援だけでなく、

ベッドから車いすへの移動、自動車の乗り降りや歩行の補助など多岐にわたります。

 

生活援助は利用者の日常の家事全般を援助し、食事や洗濯、掃除といった支援だけでなく、

利用者が地域で生活していくための支援も行います。

 

そして利用者だけでなく、利用者の家族に対して介護の相談や助言をし、

介護を受ける利用者が孤立しないよう、近所との関係を支援するほか、

地域社会の情報提供なども行います。

 

このように介護の現場と利用者、さらに家族や地域の人々の間に立ち、

介護の現場と利用者、さらに家族や地域の人々の間に立ち、

スムーズなやり取りをするために支援、援助するのが介護福祉士の仕事です。

 

また長期にわたって勤務することで、資格手当だけでなく昇給にも介護福祉士の資格は関わってきます。

 

こういった介護の仕事に携わる人の資格として、ホームヘルパーがありますが、

認定資格であるホームヘルパーと介護福祉士との違いは、その活躍の場の広さに違いがあります。

 

では介護福祉士の活躍する場はどのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

 

介護福祉士の活躍の場所とは?

介護福祉士の活躍する場所には、どのようなものがあるでしょうか?

 

介護福祉士の活躍の場は、高齢者の介護サービスだけでなく、

障害者の介護サービスや病院での介護サービスを行うほか、

介護の教育の場や介護ビジネスなど多岐にわたります。

 

介護福祉士が必要とされる介護サービスは、高齢者向けの介護サービスが中心となります。

 

在宅での介護やデイサービスといった居宅サービス、介護施設で行う施設サービス、

グループホームなど認知症の利用者を対象とした地域密着サービスなどです。

 

また介護福祉士は障害を持つ人を対象とした介護サービスでも活動の場があります。

在宅介護のほか、施設サービスやグループホームなど、

障害に応じた様々なサービスが利用されています。

 

障害を持つ人への介護は、高齢者だけでなく子供など幅広い年齢層が対象となります。

 

そしてこのような施設での経験、キャリアを積み重ねることで、介護相談の仕事や

介護の教育の場でその指導の仕事に就く人も増えています。

 

またデイサービスやヘルパーの会社で事業を

始めるなど、介護福祉士の活躍の場は広がりつつあるのです。

 

では介護福祉士にはどうすればなれるのでしょうか。

その資格取得について、詳しく見ていきましょう。

 

介護福祉士にはどうやったらなれるの?

2

Original update by : 写真AC

介護福祉士にはどうすればなれるのでしょうか?

 

介護福祉士の資格を得るための方法には、国家試験を受験して合格するか、

厚生労働大臣が指定する介護福祉士の養成施設を卒業するかの、二通りあります。

 

国家試験を受験する場合は、まず受験資格を得ることが必要となります。

受験資格を得るには、3年以上の実務経験を積むか、福祉系高校を卒業しなければなりません。

 

ただし受験内容については毎年のように改正が行われています。

 

現在実務経験を積んだ上での受験は、筆記試験と実技試験のパターンの他、

介護技術講習を受け、筆記試験を受けるか、もしくは実務者研修を受け、筆記試験を受けるパターンがあります。

 

しかし「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、平成29年1月実施予定の試験から、

実務経験を積んだ上での受験資格は、実務経験3年以上かつ実務者研修終了者となることが、公表されています。

 

今後もさらに改正される可能性がありますが、どちらにしても介護の現場で研修や経験を積むことが介護福祉士の資格を取るために必要となることに違いはありません。

 

では実際に介護福祉士の資格を持ち現場で働く経験者に、学ぶべき介護福祉士としてのやりがいについて詳しく見ていきましょう。

 

介護福祉士経験者に学ぶ仕事のやりがいとは?

介護福祉士経験者に学ぶべき、仕事のやりがいとはどのようなものでしょうか?

 

介護福祉士の専門性や経験を生かし、介護に取り組む目標に向かったケアを行うことで結果を出すことがこの仕事のやりがいにつながります。

 

介護の仕事は多岐にわたります。そのサービス提供の大変さに目がいきがちですが、

介護福祉士という専門職には、利用者だけでなくその家族の要望に応え、適切なケアを行うことが求められます。

 

その場だけで終わるサービスではなく、今よりも動けるようになりたい、また自立したいといった個別の要望を受け止め、それを支援するサービスの計画を立てることも必要です。

 

さらに介護の現場で、人材を育成する、また介護サービスの指導を行うリーダーとしても介護福祉士は必要とされています。

 

人手が足りないと言われ続けている介護現場ですが、介護福祉士が中心となることで、

介護サービスの向上を目指すことが可能です。

さらに働いている現場の人たちにとっても、働きやすい職場環境を作るために介護福祉士の存在は重要です。

 

このようにその知識や経験が多岐にわたって生かせるという点においても、

介護福祉士はやりがいのある資格だといえるでしょう。

 

介護福祉士とは|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

仕事の面ではホームヘルパーの仕事と重なるため、なぜ介護福祉士?

と思われがちな介護福祉士の資格ですが、その経験や知識はホームヘルパーよりもさらに多くの現場で必要とされています。

 

また介護サービスだけでなく、利用者やその家族、さらにサービスをする職員との間を取り持つ重要なポジションとしても介護福祉士は注目されています。

 

介護の現場で働く人にとって、大きな目標となる介護福祉士。

その資格取得のため、まず介護の現場で経験を積み、さらなるステップアップを目指してみてはいかがでしょうか。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです