介護職は離職率が高いって聞いたけど、どのくらい?

介護の仕事しか知らなくても転職できる?

 

SPONSORED LINK

 

介護職の離職率が高いと言われていますが、それはなぜなのでしょう。

 

キツくて汚くて危険!
いわゆる「3K」な職場でありながら、低賃金

やっぱりこれが理由でしょうか。

 

辞める人が多くていつも人材募集しているから、
介護業界はブラック企業が多いと噂されています。

辞める前に職場環境を改善することは難しいのでしょうか。
それともさっさと辞めてしまった方が賢いのでしょうか。

 

介護職に見切りをつけた方が良いのか悩んでいる方、
是非、参考にしてください。

 

介護職の離職率は?

2_83_1 

Original update by : 写真AC

 

介護職の離職率はハンパなく高い!なんてよく聞きますが、
実際に他の産業と比べてどうなんでしょう。

 

公益財団法人の介護労働安定センターが発表した
平成26年度の「介護労働実態調査」によると、
介護職全体の離職率は16.5%でした。

入職率は20.6%でしたから、
入ってくる人より出て行ってしまう人の方が多い、
という事ではないようです。

 

一方、厚生労働省が出している「雇用動向調査」によると、
全産業の離職率は15.5%。入職率は17.3%です。

介護職が飛びぬけて離職率が高いわけではなさそうですが、
普通より人の出入りが多い職種であることは間違いないようです。

 

しかし問題なのは平均勤続年数です。

 

  • 介護職の平均勤続年数は5.1年
  • 全産業の平均勤続年数は12.1年

 

その差7年!これは大きい。

 

実は介護職の離職率16.5%の内、

 

  • 1年未満に退職した方は40.1%
  • 1~3年未満に退職した方は33.8%。

 

併せて74%の方々が3年未満に退職しています。

 

この数字は何を表しているのでしょう。
介護職は長く続けられないってことでしょうか。

入ってすぐに、ヤバい、逃げなきゃ!って思う程、
ひどい職場なのでしょうか。

 

次に、実際に辞めた方の離職理由を調べてみました。

 

原因はなに?

介護職の約85%が新卒以外の中途採用者です。

他の職場で社会経験を積んでいるわけですよね。
些細な理由では辞めない気がするのですが…

 

1.職場の人間関係に問題があったため

仕事内容のキツさよりも、
職場の人間関係の問題の方が上位を占めています。

やはり人手が足りていないことで、
余裕が無くなってしまうのでしょうか。

 

特に新人の場合、最初にしっかりした教育も無く、
「見て覚えて!」なんて言われても困ってしまいますよね。

人の命を預かる仕事なんですから。

 

右往左往してしまい、
それを邪魔者扱いされてしまったり、酷い時は陰口を叩かれたり。

職員が疲れきっていると、
こんな風にストレスが新人に向かう事がよくあるようです。

 

2.介護事業者の理念や運営のあり方 に不満があったため

「人の役に立ちたいから」という理由で介護職に入ってきたのに、
雇い主である介護事業者はお金儲けだけを考えていたらショックです。

丁寧な介護より、とにかく速く速く!と
まるで利用者を物のように扱うよう求められたら、尚更ですよね。

 

これでは何のために介護職に就いたのか分かりません。

自分の理想と介護現場のギャップに耐えられなくて辞めてしまうようです。

 

3.収入が少なかったため

就職する前から低賃金とは聞いていたけれど、
まさかこれほど低いとは思わなかった。

勤続10年の先輩の給料を聞いて、
これでは結婚して妻子を養うなんて無理だと思った。

 

一般的な企業では、
経験を積んで資格などを取れば給料は上がります。

でも、なかなか上がらないのが介護職

 

低賃金なのはある程度理解して入社していても、
まさかずっと変わらないとは思わないですよね。

将来のことを悲観して辞めてしまうようです。

 

他には、

 

  • 腰を痛めてしまった
  • 利用者の罵倒や暴力が精神的に堪えられない
  • 結婚や出産

 

などの理由が上がりました。

 

このような職場環境の中で長期間働くのは、
余程の精神力がないと無理かもしれません。

早々に見切りをつけて辞めていくのも仕方の無いことなのでしょう。

 

でも転職ってそんなに簡単に出来るのでしょうか。

 

転職は出来る?方法は?

2_83_2

Original update by : 写真AC

 

介護職からの転職を考えている方は多いと思います。

でも、なかなか一歩を踏み出せないのでは?

職場に不満を持っているのなら、
まずは現状を変える努力をしてみませんか?

 

例えばサービス残業や休日出勤が横行しているのであれば、
労働基準監督署に通報してみてはどうでしょう。

通報は匿名でも出来ますよ。

 

事業主は労基署からの是正勧告には従わなければなりません。
ある程度の改善は見込めるのではないでしょうか。

そのことであなたへの風当たりは強くなるかもしれませんが、
どうせ辞めようと思っているなら、
ダメ元でもやってみる価値はあると思います。

 

今の職場で出来ることをやりきっても、尚、
改善される見込みが無いのなら本気で転職を考えてみましょう。

 

転職する場合、

 

  • 別の介護施設への転職
  • 全くの異業種への転職

 

の、2つのルートが考えられます。

 

介護職内での転職

今の職場のどこに不満があるのかをよく見極めて、
自分に合った職場を探しましょう。

介護職はブラックが多いと言われますが、
全ての施設がブラックではありません。

募集も多いですし、経験者であればすぐに採用してもらえますので、
焦らず良い職場をじっくりと探して下さい。

 

全くの異業種への転職

20代であれば、未経験の職場でもまだまだ転職しやすいです。

ハローワークなどで受けられる職業訓練などを活用して、
IT業界など、介護とは正反対な職場への転職を成功させた方もいます。

 

30代以降からは、今までの介護職の経験を
プラスに活用できるような作戦が必要です。

他の資格やスキルを身につけて、
介護経験との合わせ技でアピールできれば転職市場がグッと開けてきます。

 

実際に転職を成功させた方の体験談を見てみましょう。

 

実際の体験談

介護職から華麗に転身した方の体験談を伺いましょう。

 

介護職から介護リフォーム営業マンへ

有料老人ホームで夜勤もこなしていたAさん(32歳)。

介護職に就いて7年経ちますが、夜勤を含めても給与が手取りで22万円程。

付き合っている彼女との結婚も、
この金額だと難しいと感じて転職を決意しました。

 

でも既に30歳を超えていて、介護のほかに特に資格も経験もないため、
転職サイトに登録しても思うような求人になかなか出合えませんでした。

中にリフォーム営業の求人があったのですが、
ノルマがきついブラック企業が多いと聞いて躊躇していました。

健全なリフォーム会社は無いものか、
といろいろな転職サイトを見ていたら、
介護リフォームアドバイザーの募集を見つけました。

 

建築に関する知識がまったくなかったため、
独学で「福祉住環境コーディネーター」の資格を取ってから、
介護リフォームに力を入れている工務店に絞って転職活動を開始。

介護経験者であることを猛烈にアピールして見事採用されました。
採用後は営業として、居宅介護支援事業所へよく行きます。

そこでケアマネジャーに
住宅改修の必要のあるお客様を紹介してもらうのですが、
前職が介護職ということで会話も弾み、営業成績にも反映されています。

 

給料は営業手当などの手当て込みで、手取りで27万円程。
夜勤が無いので、体は随分と楽になりました。

 

Aさんは、転職したいと思ってもすぐに辞めずに、
他の資格を取るという戦略を練ったのですね。

介護職からの転職は厳しいと言う話も聞きますが、
介護経験を上手に活かした例ですね。

 

介護の離職率|まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

介護職は他の産業と比べて平均勤続年数が短く、
入って3年未満で辞めてしまう方が多くいます。

職場の人間関係や低賃金などが主な理由ですが、
介護業界が抱える問題はなかなか解決が難しいのが現状です。

 

でも、自分の勤めている施設に問題があると感じたら、
諦めずに行動を起こしてみましょう。

職場を改善するために出来ることはないか、
他の施設に移ってみるか、または、全くの異業種に転職するか。

 

何が正解かは一人一人違ってきますが、
動かなければ何も始まりませんもんね。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです