これ以上介護職なんて続けていられない!

思わずバックレてしまったけれど… この後どうしたらいいの!?

 

SPONSORED LINK

 

介護職は体力勝負であり、
同じ人間を相手にするだけあって精神的にも疲労します。

そんな毎日がツラすぎて、
思わずバックレてしまう人も実は多いんです。

 

その時は無我夢中だったとしても、
後から冷静になると その後の行動をどうしたらいいのか、
パニックになってしまう場合もありますよね。

ついバックレてしまった後、どんな行動を取ればいいのでしょうか。
またそのまま、介護職を辞めることは可能なのでしょうか。

 

バックレた後の対処法を紹介していきます。

 

介護職が辛くてバックレた時まず最初にすべきことは?

3_322_1

Original update by:いらすとや

 

介護職がツライという話は世間でも叫ばれていることです。

実際に介護職についている人のお話では、
就職しても多くの人が辞めていくといいます。

その中の3割を占めるのが「バックレ」による退職です。

 

バックレとは、ある日突然、
仕事に来なくなり、連絡もつかず荷物もそのまま
という状態です。

早い人では入社初日からいきなり来ない、
なんてこともあり得るのです。

 

バックレることが良くないことだと分かっていても、
どうしても仕事に足が向かないほどツライ時はあると思います。

ツラすぎて、思わずバックレてしまった。

でも我に返って「取り返しのつかないことをしてしまった」
と考え悩む人も多いはずです。

 

ではバックレてしまった時に、
まず最初にすべきこととは何なのでしょうか。

 

バックレた当日、勤務時間を過ぎた頃、
きっと職場から無数の電話がかかってくると思います。

バックレた身ではもちろん、
そんな電話に出ようとは思わないでしょう。

そのうち電話の嵐は鳴りやみますが、それでホッとしてはいけません。

バックレ初日、会社側は「無断欠勤」という扱いにします。
しかしそれが何日も続いてしまうと家族にも連絡が行き、
家族も分からなければ「捜索願」を出されてしまいます。

 

警察沙汰になれば、
それは多大な迷惑をかけてしまうことになります。

ツラくてバックレてしまった場合、
遅くなってもいいので、自分から職場に連絡を入れましょう。

 

素直にバックレた理由を話してもいいですし、
無断欠勤を謝罪するでも良いです。

まずは、
生きていること、生存していることを伝えましょう。

 

会社にはいけなくても、連絡くらいはできるはずです。

続けるにしても辞めるにしても、
まずは職場に連絡することを頭に入れておいてください。

 

介護職が辛くてバックレた時そのまま辞めることは可能?

「明日から、職場に行きたくない」

家に帰ってきて突然、そんな風に思ってしまったら、
もうバックレしか頭になくなってしまいます。

あんなツラい職場に戻るくらいなら、
このまま身を引いて消えてなくなりたいという心理です。

その時には他の人への迷惑や
自分の行為への代償など思いもよらないでしょう。

 

介護の仕事がツラくてバックレてしまった後、
それが2週間に渡ると会社側は懲戒解雇にできます。

懲戒解雇は普通解雇と違って責務の重い解雇となり、
その影響力はその後の転職にも影響します。

 

普通に辞めていればもらえた退職金はもらえなくなります。

転職活動をする中で、聞かれなければ
懲戒解雇であったことを言う必要はありませんが
離職票や退職証明書によってばれる可能性があります。

 

懲戒解雇になったことを隠して受かったとしても
経歴詐称とみなされ内定取り消しになる可能性が高いです。

もちろん面接などで素直に
懲戒解雇になったと言ったら、まず受かりません。

 

そのくらい懲戒解雇になるということは重いものなのです。

 

ですから無断で会社に行かないという行為の末、
辞めるのはおすすめしません。

まずは会社に連絡をして辞めたい旨を伝えましょう。

ここからは会社によりますが、
そのまま辞めさせてくれる場合もありますし、
引きとめられることもあります。

 

労働基準法では会社を退職する場合には最低でも、
2週間前には辞めることを伝える必要があります。

仕事をバックレてそのまま辞めるということは、
労働基準法に違反するということです。

あなたが仕事をバックレたことによって
会社に損害がでたとみなされ、
損害賠償の請求をされる可能性もあるのです。

 

介護の仕事がツラくてバックレた場合、
そのまま辞めることはできます。

しかしあらゆるリスクや影響があることを、
理解しておく必要があるでしょう。

 

介護職をバックレたまま辞める時の注意ポイントは?

3_322_2

Original update by:紺色らいおん

 

介護職がツラくてバックレたまま辞めたいと考えるのであれば、
出来る限り、適切に退職することをおすすめします。

 

まずは無断欠勤を辞め、
自分から会社に連絡して理由を説明しましょう。

そして自分が起こしてしまった行為について、
きちんと謝罪することです。

あなたがいきなりバックレたことで、
迷惑をかける人がいることを考えましょう。

 

自己中心的に仕事を辞めるのは、
社会人として可能な限り避けたいことです。

 

会社を辞めるにあたり、
提出しなければいけないものや返却するものもあります。

退職届や従業員証、健康保険証などが該当します。

 

バックレた場合、
会社に足を運んで提出するのは避けたいと考えるでしょう。

その場合は「内容証明郵便」として郵送しましょう。

内容が証明されるので、
これによって提出しました、返却しましたという証拠になります。

後で「提出されていない」などの
会社側とのトラブルを避けることができます。

 

逆に離職票など、
会社側からもらわないといけないような書類もあります。

バックレてしまったことが原因で会社を辞める場合、
そういったやりとりを直属の上司とやるのは非常に気まずいですよね。

そういった手続き関連は、事務担当や人事担当が行うので直接、
連絡を取って必要な手続きを進めるようにすると良いですよ。

 

更に可能であれば、辞めた後の方向も考えておくべきです。

介護職を辞めた後、どういった方向に進みたいのか、
就職活動をどのように行っていくのか、
など検討をしておく事で次の動作をしやすくなります。

 

バックレて辞めた後のことも
しっかりと考えなくてはなりません。

視野を広げて介護以外の
色々な職種を知らべておくと、動きやすいです。

 

介護の仕事をバックレた時の対処法|まとめ

いかがでしたか?

 

いくらツラかったとはいえ、
いきなりバックレるのは社会人として良い行動ではありません。

一緒に働くスタッフにも迷惑をかけますし、
担当している利用者さんも困りますよね。

 

とはいえ、そんな綺麗ごとは言っていられないほど
あなたを追い詰めた職場も良くありません。

 

できれば2週間前に辞めたい旨を伝えて、
せめてその2週間は頑張ってから辞めるのが 1番良い方法です。

 

しかしどうしようもなくてバックレてしまったのであれば、
最悪の処分である懲戒解雇にだけはならないように
自分から会社に連絡をし、辞めたい旨を伝えて退職しましょう。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです