介護職員初任者研修って修了試験があるの?

修了試験って、どのくらい難しいの?

 

SPONSORED LINK

 

介護職は慢性的に人手不足ですが、
応募すれば誰でも採用してくれるわけではありません。

少しでも介護の質を上げようと、
最近では「介護職員初任者研修」の資格を持っている方を
優先的に採用している施設が増えています。

 

介護職員初任者研修とはいったいどのような資格なのでしょうか。
研修科目や修了試験について調べてみました。

 

これから資格を取得しようと考えている方、
是非、参考にしてみて下さい。

 

介護職員初任者研修とは何なのか?

4_94_1

Original update by : 写真AC

 

2013年に新たに創設された介護職員初任者研修。
以前のホームヘルパー2級に該当する資格となります。

 

介護の入門資格であり、介護業務を行う上で
最低限の知識や技術を身につけることを目的としています。

介護士を目指すなら最初に取っておくべき資格とも言えます。

 

研修は各都道府県の実施要綱に基づいて、
都道府県に指定された養成機関で受けることが出来ます。

通学すれば最短で1ヵ月で取得できますが、
通信制の講座もあるので、仕事をしながらでも取りやすい資格です。

 

研修時間は130時間。講義内容は次の通りになります。

 

  1. 職務の理解・・・6時間
  2. 介護における尊厳の保持・自立支援・・・ 9時間
  3. 介護の基本・・・6時間
  4. 介護・福祉サービスの理解と医療との連携・・・9時間
  5. 介護におけるコミュニケーション技術・・・6時間
  6. 老化の理解・・・ 6時間
  7. 認知症の理解・・・6時間
  8. 障害の理解・・・3時間
  9. こころとからだのしくみと生活支援技術・・・75時間
  10. 振り返り・・・4時間

 

通信制の場合、実務演習など90時間は
直接スクールで指導を受ける必要がありますが、
週に2日程度の通学で大丈夫です。

その場合、2~3カ月で資格を取得するのが一般的です。

 

講義の最後に「修了評価」という筆記試験を受けます。

講義に全て出席し、この修了評価で70%以上
(都道府県によって65~75%)
の点数を取れば修了認定・資格取得となります。

 

最後に試験があると聞いて、
不安に思う方もいらっしゃると思います。

この修了試験とはどういう試験なのでしょうか。
次にご説明していきましょう。

 

初任者研修の修了試験とは?

初任者研修の修了試験は、
介護の基本をどれだけ理解したのかを確認するための試験です。

落とすための試験ではありませんので、
難易度については、それほど心配しなくても大丈夫です。

 

試験について詳しく見ていきましょう。

 

試験は講義の最終日に行われる

最終講義「振り返り」の授業の後に試験が行われます。
時間は1時間程度です。

 

試験問題はスクールごとに違う

全国一律の国家資格とは違い、
各スクールが問題を作成していますので、
スクールによって出題傾向が違います。

授業中に講師がテストに出そうなポイントを
解説してくれますので、聞き逃さないようにしましょう。

 

合格率は9割以上

どこのスクールもはっきりとした数字は出していませんが、
一回の試験でほとんどの方が合格しています。

 

問題作成がスクール側なら、
確かに重箱の隅をつつくような問題は出なさそうです。

でも、事前にどんな問題が出るのか予想出来たら安心ですね。
より詳しく見ていきましょう。

 

初任者研修の修了試験にはどんな問題が出るの?

4_94_2

Original update by : 写真AC

 

初任者研修の修了試験は
スクールごとに問題が違うと上でご説明しましたが、
一般的な出題傾向を知っておけば安心感が増します。

試験問題は、選択問題や穴埋め問題がほとんどで、
一部記述があるというイメージになります。

 

選択問題

ほとんどが4~5択で、各講座から満遍なく出題されます。

介護でよく使われる言葉の意味をきちんと押さえ、
知識を整理しておけば正解を導き出せるようになっています。

 

穴埋め問題

全くの白紙状態から答えるのではなく、
問題の下の欄から言葉を選ぶ形式になっています。

紛らわしい用語が交ざっていることもなく、
余程混乱しなければ正解にたどり着くでしょう。

 

記述式問題

30問~40問の設問中、
2問程度が記述式になることが多いようです。

自分で文章を組み立てなければならないので
苦手に思う方が多いのですが、

設問に対するキーワードがしっかりと記載されていれば、
部分点も貰えますので焦ることはありません。

 

講義をきちんと聴くことが大前提ですが、
むやみに心配することはなさそうです。

過去問や予想問題も出版されていますし、
疑似問題を載せているサイトもあります。

そういうものを上手に活用して
腕試しをしておけば更に安心ですね。

 

しかし、しっかり講義を聞いていても
試験となると緊張してしまって、
いつも通りの力が発揮できない方もいます。

忙しくて復習の時間が取れなかった方もいるでしょう。

 

一度不合格になってしまったら
資格取得を諦めなければならないのでしょうか。

 

初任者研修の修了試験に受からないとどうなる?

合格率9割以上といっても100%ではないので、
残念ながら不合格になる方もいます。

しかし、たとえ不合格になってしまっても諦める必要はありません。

通常は再試験が受けられます。

 

スクールによって有料か無料か、
補講が有るのか無いのか等違ってきますが、

また最初から講義を受ける必要はありませんので、
是非、再チャレンジしましょう。

 

その時は、
間違ってしまった原因をよく分析してみましょう。

ただのうっかりミスでしたら、次回は見直しを入念に。
介護の専門用語があいまいでしたら、
きちんと整理してから臨みましょう。

 

介護職員初任者研修の勉強内容は、
介護の現場で必ず役に立つものばかりです。

資格を取るためだけと思わず、
仕事の幅を広げるスキルアップとして取り組むと
モチベーションも上がります。

 

介護職員初任者研修の修了試験|まとめ

介護職の入門資格である介護職員初任者研修。

資格取得までの道のりはそれ程大変ではありませんが、
ポイントはきちんと押さえておきましょう。

 

  • 講義をしっかりと聴いて、内容をよく理解しておく
  • 修了試験の傾向を調べておく
  • 万が一不合格でも焦らずに再試験を受ける

 

勉強した内容は介護の現場以外、
日常生活でも役立つ内容が多く含まれています。

人間的にも成長できますので、
是非、チャレンジしてみて下さい。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです