精神保健福祉士って、
具体的にどんなお仕事なの?

資格を取るためにはどうしたらいいの?

 

SPONSORED LINK

 

別名「精神科ソーシャルワーカー(PSW)
と呼ばれる精神保健福祉士。

1997年の「精神保健福祉士法」
施行に伴って誕生した資格です。

 

精神障害を抱える患者の生活サポート
社会復帰支援が主な仕事になります。

ストレス社会においてメンタルを
病んでしまう方が増えている今、
注目されている資格の一つです。

 

精神保健福祉士になるためには
国家試験を受けなければなりませんが、
受験資格を得るためにはどうしたらいいのでしょうか。

 

今回は、精神保健福祉士の仕事内容や
資格取得のポイントについて調べてみました。

社会人から精神保健福祉士を目指している方、
是非、参考にしてください。

精神保健福祉士の仕事内容や待遇とは?

1

Original update by : イラストAC
精神障害を抱える患者に寄り添う精神保健福祉士。

その仕事内容は具体的にどのようなものなのでしょう。

 

仕事の内容は、職場によって違うようです。

 

精神保健福祉士の主な活躍の場は、
精神科病院や心療内科のクリニックになります。

患者の入院から退院までの手続きの他、
退院後も社会復帰するまでトータル的にサポートします。

精神科に入院される患者は入退院を繰り返す方も多く、
家族との連携も大切な業務の一つになります。

 

病院以外では、保健所や保健センターで
精神保健相談員として活躍する方が多いです。

保健医療の計画を立案したり、
心の問題を一般市民に理解してもらうための
啓蒙活動をしたりします。

 

今後は児童保護施設、少年院、老人保健施設など、
活躍の場が広がっていくと予想されています。

 

どんな職場でも、精神障害についての深い理解
相手のニーズをくみ取る繊細な気持ちが必要となります。

また、障害者年金や生活保護の手続きなど
法的な知識も求められます。

 

このように高度な知識が必要な
精神保健福祉士ですが、その待遇はどうなのでしょう。

 

日本精神保健福祉士協会によるアンケートでは、
平均年収は400万円未満という回答が最も多く、
次いで300万円未満です。

大卒初任給だと、
正規職員で月給17万円程度といわれています。

 

年収がそれ程高くない理由に、
精神保健福祉士の歴史がまだ浅く
40歳未満の職員が多いため、とも言われていますが、

介護業界全体が低賃金のため、
年齢を重ねてもそれ程年収アップは期待できないかもしれません。

 

非正規のパート社員の場合は、
地域差もありますが、時給800円~1000円と、
他の業種とあまり差異はないようです。

 

ただ、勤務体制はほぼ一般の会社と同じで、
日勤のみ土日休みで、定時で退社することが可能です。

夜勤や残業が当たり前の他の介護職と比べれば、
かなり恵まれています。

 

そんな精神保健福祉士になるには、
国家試験を受けなければなりません。

次に受験までの道のりを見ていきましょう。

精神保健福祉士になるために必要な資格の取り方は?

精神保健福祉士の受験資格は、
学歴や大学で取得した単位によって、様々なルートに分かれます。

 

大きく分けると次の4つのルートが一般的です。

 

1. 福祉系の4年制大学で所定の課程を修了する。

2. 福祉系の短大で所定の課程を修了し、実務を1〜2年経験する。

3. 一般の4年制大学を卒業し、一般養成施設に1年以上通学する。

4. 一般の短大を卒業し、実務を1〜2年経験し、
一般養成施設に1年以上通学する。

 

 

もし、あなたが現役の高校生でしたら、
1.の福祉系の4年制大学に進学することをお薦めします。

精神保健福祉士への最短のルートになるからです。

 

社会人の場合は、どうするのが最善でしょうか。

一般の短大(2年制)を卒業した方を例に、
見ていきましょう。

 

上の4.のケースに当てはまりますので、
実務を2年経験し、一般養成施設に
1年以上通学すれば受験資格を得ることが出来ます。

 

でも、この実務経験というのは
相談援助実務」のことを言います。

具体的には、精神科病院で
医療ソーシャルワーカーとして働いていたとか、
障害児の放課後デイサービスで相談業務に当たっていた、

などの経験です。

 

福祉系の短大に通っていたのなら知識もありますし、
このような施設で雇ってもらえる可能性も高いですが、
一般短大卒で、無資格、未経験でこのような業務に
就くことは珍しいのではないでしょうか。

 

実務経験を積むことが難しい場合は、
福祉系の通信制大学に編入して必要な単位を取得し、
実務経験なしで受験資格を得る方がより確実です。

1.のルートに乗っかるわけですね。

 

公益法人 社会福祉振興・試験センターのホームページに、
学歴別の資格取得ルート図や、相談援助実務の
具体的な対象施設や職種が載っていますので、
自分がどのルートに該当するのか確認してみましょう。

 

その上で、精神保健福祉士になるための
心構えや注意点などを見ていきましょう。

精神保健福祉士の資格取得のポイントは?

2

Original update by : 写真AC

精神保健福祉士になるためには、時間とお金
それなりに掛かることはお分かり頂けたと思います。

 

社会人が働きながら通信制大学で
単位を取るには、相当の覚悟が必要となります。

毎日の課題をこなすのも大変ですが、
スクーリングの日に仕事が休めなければ、
卒業もどんどん延期になってしまいます。

家族や勤め先の理解が不可欠とも言えます。

 

資格試験の勉強自体は、過去問を中心に
1年程度の勉強で合格できると言われています。

模試などを積極的に受けて、
会場の雰囲気などに慣れておくと良いですね。

 

ただ実際には、資格を取得しただけで
精神保健福祉士として働けるとは限りません。

まず、精神保健福祉士の求人は
介護職の中でも非常に少ないという現状を認識しておきましょう。

 

そして資格取得時の年齢も考えておく必要があります。

精神保健福祉士の仕事は、
社会経験豊富な40代、50代の方が向いているのですが、
未経験の場合、就職の際に年齢が壁になることがあるのは事実です。

 

精神保健福祉に携わりたいという
真剣な気持ちがないと、時間も労力も無駄になりかねません。

資格取得を目指す前に、
このことについてもう一度考えてみて下さい。

精神保健福祉士の資格の取り方|まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

精神障害を持った患者と
社会の橋渡し役となる精神保健福祉士。

待遇は決して良くはありませんが、
精神障害に悩み苦しんでいる人を手助けする
やりがいのある仕事です。

 

なるためには専門の知識が必要になるため
大学に編入したり、養成施設に通う必要が出てきます。

お金や労力が掛かりますので、
安易な気持ちで目指す資格ではありません。

 

しかし、このストレス社会の中で、
今後も需要が高まり将来性のある職業でもあります。

人と人とのつながりを通して、
自分自身の成長を実感できる仕事であることも魅力的ですね。

 

真剣な気持ちを持っているなら、
是非、チャレンジしてみて下さい。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです