介護士を目指そうと思うんだけど、
30代からだと遅い?

どんな点に注意したらいいの?

 

SPONSORED LINK

 

30代からの転職。
人生を左右する一大決心です。

特に未経験の分野だと不安も多いと思います。

 

確かに一般的な会社だったら、
30代は中堅社員のイメージですよね。

介護の現場でも30代は同じ扱いなのでしょうか?

 

今回は、30代からでも介護士になることは可能なのか?

介護士を目指す場合どんな点に
注意すればいいのか?についてまとめてみました。

 

介護士を目指す30代の方、是非、参考にしてください。

30代でも介護士になるのは遅くない?

1

Original update by :写真AC

介護士を目指すにしても、
30代だとどうしても不安が先に立ちますよね。

まずは、介護の現場ではどのような年齢の方々が
働いているのか見ていきましょう。

 

介護職全体の平均年齢は45.7歳
施設によって異なりますが、40代がメインです。

30代ならまだまだ若手ですね。

訪問介護に限れば、
60歳以上の方が34.3%も占めています。

30代なんて「ひよっこ」です。

 

また、介護職はなんと85%が新卒以外
ほとんどの方が中途採用です。

そういう意味でも30代から介護職で働くことは、
全く問題ないと言えます。

 

では、介護士(正式には介護福祉士)
という資格についてはどうでしょう。

介護施設では無資格でも働けますが、
国家資格である介護福祉士の資格を
取るにはそれなりの条件が必要です。

社会人からこの資格をとるには
大きく分けて二つのルートがあります。

 

ひとつは介護福祉士養成施設を卒業すること。

養成施設とは、福祉系の大学や短大、専門学校です。

 

もうひとつは、実務経験を3年積み、
実務者研修を修了することです。

 

30代の社会人なら、お金と時間を掛けて
大学などに通学して資格を取るよりも、
実務経験を積んだ上で受験する方が現実的ですね。

 

実際に介護の現場では、
全くの未経験者がどんどんステップアップしていますので、
30代だからと及び腰になる必要はありません。

 

でも、いきなり介護の現場に入るのは
ちょっと不安だったりしますよね。

そんな場合は、
まず「介護職員初任者研修(旧ホームヘルパー2級)」を
取得する、という手もあります。

初任者研修は最短1ヵ月で取得が可能で、
非常に取りやすい資格です。

 

30代でしたら、
時間もお金も賢く節約しましょうね。

 

ところで、
あなたはなぜ介護士を目指そうと思ったのですか?

介護士の仕事をきちんと理解していないと、
せっかく就職しても後悔してしまうかもしれません。

 

次に、介護士のやりがいや大変なところを詳しく見ていきましょう。

介護士のやりがいは?

介護士のやりがいといえば、
やはり利用者からの「ありがとう」の言葉ではないでしょうか。

自分が人の役に立っているという
実感を持てる仕事は、実はそう多くはありません。

 

利用者の安全に気を配り、
臨機応変に動かなければなりません。

単調な作業とは全く違う仕事です。

毎日が忙しく、気の休まる時が無いかもしれませんが、
働くことの喜びを感じられる仕事です。

 

お年寄りや障害者と接することで
見えてくることもありますし、
様々な出会いから自分を磨くことも出来ます。

 

また、景気に左右されることもありませんし、
年齢を理由にリストラされることもありません。

安心して働けますね。

 

実務経験を長く積めば、
ケアマネジャーなどの資格を取ってステップアップも可能です。

自分の努力次第でなりたい自分になれるのです。

 

でもどんな仕事でも
良い面もあれば悪い面もありますよね。

次に大変なところを見ていきましょう。

介護士の大変なところは?

2

Original update by : イラストAC

介護士の仕事で大変なことといえば、
やはり身体介護ではないでしょうか。

食事、排泄、衣服の着脱、入浴、洗顔や
歯磨きなどの身体介護はとにかく体力勝負です。

車いすからベッドへの移動などで、
腰痛に悩まされる方がたくさんいます。

 

また、勤務時間が不規則な職場が多いので、
体調管理も大変です。

夜勤や早朝勤務に加え、
土日も休めない施設が多いので、
体が慣れるまでは非常にシンドイと思います。

 

体力面以外に大変なのは精神面です。

認知症のお年寄りや知的障害者など、
意思の疎通が困難な方とのやり取りや、
無理難題を言ってくる家族に悩まされたりすることもあります。

 

また、ストレスの溜まる仕事ですので、
職場の人間関係がギスギスしている場合もありますので、
自分なりにリフレッシュする方法
見つけておいた方が良さそうです。

介護士を目指す際の注意点とは?

大変な事も多いけど、
やりがいのある介護士としての仕事。

でも目指す前に、現実的な事も
きちんと把握しておかなければなりません。

 

まずは、お給料

介護職全般が低賃金だと言われていますが、
実際にいくらくらいか知っていますか?

正規雇用として月給でお給料をもらう場合、
平均で約23万8千円になります。

 

この数字は看護師などお給料の高い方も
含めての金額ですので、無資格で未経験者なら
もっと低い金額になります。

 

資格を取ってステップアップすれば
どんどんお給料がアップするか、というと
実際はそれ程でもないんです。

事業所によっては介護福祉士の資格を取っても、
資格手当が5千円しかなかった・・・なんてこともあります。

 

お給料が少なくても労働時間が少ないのなら
まだ納得できますが、正規の介護職員の
平均勤務時間は、月160.7時間

月に20日勤務だとすると、
1日8時間労働で特に少なくもありません。

 

サービス残業や休日出勤が横行している
ブラック介護業者もありますので、
まずは職場選びを慎重に行いましょう。

30代からの介護職|まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

働きながら資格取得も可能な介護士の仕事は、
30代から目指しても決して遅いことはありません。

でも体力や精神面から見ても
とても大変な仕事ですので、相当な覚悟も必要です。

 

ただ、人に必要とされ、やりがいを感じられる
魅力的な仕事であることは間違いありません。

資格を取ってしまえば、いったん仕事を離れても
再就職しやすいのもメリットですね。

迷っている方はチャレンジする価値あり!だと思います。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです