資格があって、主婦の経験があれば働けるって聞いたけど、

ヘルパーの仕事って実際どんなことをするのかな??

大変だって聞いたけど、向き不向きとかあるのかしら…

 

SPONSORED LINK

 

高齢化社会が進む中、
介護技術をもつヘルパーはますます重要視されつつあります。

 

また将来的な家族の支援などを考え、
知識を得るためにヘルパーの研修を受ける人も多くなっています。

 

ヘルパーやホームヘルパーという呼び方は通称で、
正式には「訪問介護員」といいますが、

施設のように職員がチームとなってケアをするのとは違い、
ホームヘルパーは利用者の自宅に訪問し、
利用者と1対1でのサービスを行います。

 

しかし利用者に合わせたサービスを行うため、
その仕事内容や勤務内容から

きついというイメージで見られることが多いようです。

 

ではヘルパーの仕事とは
どのようなものなのか、またヘルパーになるために

知っておきたい情報をまとめました。

ヘルパーの仕事内容とは?

1

Original update by : 写真AC

ヘルパーの仕事内容とはどのようなものでしょうか?

 

ヘルパーの仕事には、
大きく分けて生活援助身体介護の2種類があります。

 

日常的な家事の援助をする生活援助は、
掃除や洗濯、食事の調理などを行います。

また直接利用者の体に触れて介護する
身体介護には、食事介助、排泄介助、またベッドから

車椅子への移動などを手伝う歩行介助なども含まれます。

 

この二つは、それぞれ単独で行う場合も、
組み合わせて行う場合もあります。

 

しかしヘルパーの支援内容については、
利用者の心身の状況だけではなく、

家族の有無、また生活環境など
総合的に判断され、市町村ごとに条例などの

ルールによって定められています。

 

またケアプランに従った援助しか出来ないため、
買い物の追加や銀行でお金を下ろす

といった代行サービスも行うことが出来ません。

 

さらに中立、公平性を守ることが
ヘルパーには求められるため、お礼を受け取ったり

利用者と一緒にお茶を飲むといった
お付き合いもしてはいけないことになっています。

 

このように様々な制約がある中で、
ヘルパーは支援を行う必要があります。

しかし未経験でも短時間で
資格を取ることが出来るため、ヘルパーになるために

介護初任者研修を受け、資格を取る人は増えつつあります。

 

この研修によって身につく技能は、
ヘルパーの仕事に役立つだけでなく、

家族の介護や自分が介護される側になったときにも役立ちます。

 

しかし実際にヘルパーの仕事は
大変だという声も多く聞かれます。

ではどうしてヘルパーの仕事は
きついと言われるのか、詳しく見ていきましょう。

ヘルパーの仕事はきついと言われる理由とは?

ヘルパーの仕事はきついと言われますが、
その理由はどういったものなのでしょうか?

 

ヘルパーは利用者と1対1でのサービスを行うため、
利用者とのトラブルが多くなりがちです。

また利用者に合わせて
訪問しなければならないので、シフトが不規則になり、

施設などの介護よりもきつい仕事といえます。

 

ヘルパーの仕事は、
自分の都合ではなく利用者が優先です。

そのため利用者が入院するといった
不測の事態があったときには、仕事がキャンセル

なるといったことも珍しくありません。

 

こういった場合、他の依頼が入れば
問題ありませんが、キャンセルや変更で
急に1日空いてしまうこともありえます。

また逆に1日に何件もの依頼があり、時間に追われながら

対応しなければならないといったこともあります。

 

正社員であれば、給料の心配をしなくてもいいのですが、
ヘルパーは非正規雇用が8割と多く、

仕事がなければ給与も減ってしまいます。

 

さらにヘルパーは利用者の家に訪問するのが
仕事のため、移動も自分でしなければなりません。

天気や季節に関係なく、依頼された時間を厳守するのが基本なので、

その移動が疲労の原因となったり、事故のリスクも高くなります。

 

またヘルパーで訪問する利用者やその家族に、
ヘルパーの仕事を理解してもらえず、

それが原因でトラブルになることもあります。

 

さらに研修とは違い、実地での介助には
様々なトラブルがつきものです。

利用者に指示されても、それが納得いかなかったり、
どうしても手が出せないなど、

実際にやってみないとどんな仕事なのか、
本当の意味では理解出来ないのが

ヘルパーの仕事ともいえるでしょう。

 

また痴呆のある高齢者の場合は、
介助の仕事よりも、意思の疎通が難しく

精神的にきついという面もあります。

 

このように様々な利用者に
対応していかなければならないヘルパーの

仕事ですが、向いているのはどんな人なのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

ヘルパーの仕事に向いている人はどんな人?

2

Original update by : 写真AC

ヘルパーの仕事に向いている人は、どんな人でしょうか?

 

人と接するのが好きな人、
責任感が強く、時間や人の秘密を守れる人、

そしてどんなときでも前向き
物事を考えることが出来る人が向いています。

 

料理が上手、掃除が上手といっても、
それぞれの家庭でそれぞれの家事の仕方は

みんな違うのが当たり前です。

 

ヘルパーは利用者の家に訪問し、
利用者を助けることが仕事ですから、

そういった家に合わせて
柔軟な対応をすることが求められます。

 

常に利用者やその家族と接することになるので、
対人関係が苦手な人や、人と話をするのが苦手な人
難しいといえるでしょう。

 

さらにヘルパーの仕事にはトラブルがつきものです。

自分が原因の時も、利用者に原因がある時も、
どちらであってもそれをいつまでも引きずったり
考え込むようでは他の利用者の家へ訪問した時に

仕事が出来なくなってしまいます。

 

失敗を繰り返さないことは大切ですが、
前向きに考え、いつも明るく対応することが
出来る人であれば、ヘルパーの仕事も長く続けられます。

 

そしてヘルパーは中立と公共性が求められる仕事です。

相手によって態度を変えたり、
必要以上の介護などを行うことは、

他のヘルパーにも迷惑がかかります。

 

どの利用者に対しても誠実に対応し、
また利用者の家で見聞きしたことなどを

外部に漏らさないことも仕事の一つです。

 

このように、責任感を持って仕事が出来る人に
ヘルパーの仕事は向いているといえるでしょう。

 

ではヘルパーの仕事のやりがいとは
どのようなものなのか、詳しく見ていきましょう。

ヘルパーの仕事経験者に学ぶ仕事のやりがいとは?

ヘルパーの仕事を経験した人は、
この仕事にどのようなやりがいを感じているのでしょうか?

 

ヘルパーの仕事には、
利用者が生きるための手伝いをするというやりがいがあります。

 

ヘルパーの仕事に対する理解は、
まだまだ十分とはいえません。

お手伝いさんという感覚だったり、
専門知識を持っている立場にも関わらず、

介護に対するアドバイスをしても、
受けいれない利用者の家族も少なくありません。

 

しかし高齢や障害という様々な要因から、
自分の思うように生活が出来ない、

また不自由を強いられている利用者を
手助けするのがヘルパーの仕事です。

 

自分の力で出来ることはしてもらい、
出来ないことを手伝う、それは簡単なようで難しいことです。

しかしそうやって利用者と向き合って
介助していくことで、徐々に信頼を得ることが出来ます。

 

利用者とのつながりが深まり、
また利用者の要望にすぐ応えることが出来るのも

ヘルパーならではのやりがいといえるでしょう。

 

きつい仕事と思われがちなヘルパーですが、
サービスの内容によってはきついところばかりではなく、
楽なサービスややりやすい仕事の場合もあります

 

先入観を持つのではなく、興味があるのであれば、
ぜひチャレンジしてみるべき仕事がヘルパーです。

 

その経験は今後の生活にもかけがえのないものになるはずです。

ヘルパーの仕事がきつい|まとめ

いかがだったでしょうか?

 

きつい、汚い、危険3Kが山積み
ともいわれるヘルパーの仕事ですが、

そんな様々な苦労やトラブルにあっても、
ヘルパーの仕事に誇りを持って働いている方は多くいます。

 

利用者の命を預かる責任とともに、
利用者のために役立つ仕事でもあるヘルパー。

自分の今までの経験を生かすことも出来るこの仕事に、
ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか?



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです