ケアマネってお給料も待遇もいい!?

仕事のやりがいもあるって本当!?

 

SPONSORED LINK

 

看護師をしているとちらほら耳に入るケアマネ資格…。

 

介護と看護は切っても切り離せない関係であるため、
看護師からケアマネを目指す方も多いです。

 

しかも介護職の中で
看護師の資格を持っている人がいるのは心強いものです。

そこで、看護師からケアマネになる方法をレクチャーしていきます。

 

看護師とケアマネの仕事の違いをチェック!

4_372_1

Original update by:acworks

 

看護師は医療現場にて医師の補佐をしたり、
手術のアシスタントなどをこなします。

通常は医師の手に渡る直前までの処置や、
医師の手を離れた患者の対応をしますね。

医療の知識はもちろん、薬の知識や応急処置の知識など
幅広い知識を要する資格が必要です。

 

対するケアマネの仕事は、
介護保険のコーディネーターや専門の相談員という位置づけです。

介護の知識を要する資格が必要になります。

様々な専門の方とのネットワークを構築したり、
チームケアのためのリーダーシップや
利用者を不安にさせないカバー力が必須だといわれています。

 

こうして仕事内容を見ていくと、違いは歴然ですね。

 

■看護師の場合

 

  • 高齢者の医療の面に携わる
  • 医療関係の人脈が多い
  • 医療の知識が必要
  • 判断力や迅速な対応が必要とされる

 

■ケアマネの場合

 

  • 高齢者の介護プランなどの構築に携わる
  • 介護相談にのったり、介護方法をレクチャーする
  • 介護関係の知識が強い
  • リーダーシップをとって、利用者やスタッフをカバーしていく

 

働く現場はピリピリした病院内に比べると、
多少和やかな雰囲気になるはずです。

病院のギスギスした感じが好きになれない人には良いかもしれません。

 

一方で給料や待遇は、
看護師の方が上なのでダウンすると考えてください。

 

また現役看護師を離れてしまうことで、
最先端の医療は分からなくなってきます。

医療関係者とのネットワークや情報を得ることが鍵になってきますね。

 

看護師からケアマネになることはできる?

看護師からケアマネを考える人が意外にも多いことを考えるに、
看護師からケアマネになることは可能です。

 

ケアマネは資格が必要です。資格を取得するには、

医療保険分野・介護福祉分野で
5年以上の実務経験を持っていることが条件です。

 

ケアマネの資格は
1998年に介護保険法の成立に伴って作られた資格で、

配置が義務付けられている居宅介護支援事業者や
特別養護老人ホームなどの施設に所属します。

 

要介護認定の為の訪問調査や、介護サービスを受ける人、
そして家族のサービスの計画・手配等を行ったりする役割を担っています。

 

ケアマネは看護師に人気の資格

この資格は看護師にとって向いているということもあり、

第1回目の試験の合格者の44%はなんと看護師だった

というデータが残っています。

 

そういった経緯も含めて、
看護師に非常に人気の資格といえます。

 

ケアマネの資格を取得しておくことにより、将来、
体力的に夜勤などが厳しくて看護師が続けられない場合など
ケアマネに転職することができます。

 

また、看護師資格を持っているというのは強みでもありますし、
利用者や他のスタッフにとって安心感も与えることができます。

その結果、介護施設側も
看護師からのケアマネを採用するという傾向にあるのです。

 

何よりまずは、
ケアマネの資格を取得するところから始めてみましょう。

 

ケアマネの資格はどうやって取る?

4_372_2

Original update by:こみみ

 

ケアマネになるためには、
介護支援専門員実務研修受講試験」に合格することが必須です。

ケアマネは国家資格ではなく公的資格であり、
試験は各都道府県が管轄、実施しています。

 

ケアマネの試験概要は以下の通りです。

 

  • 毎年1回、試験が行われる
  • 例年10月の日曜日に開催されている
  • 居住する都道府県で受験する

 

ケアマネの資格を取得する試験には
必須資格実務経験など、受験するための条件が細かいです。

自分が受験資格をクリアしているか、確認する必要があります。

 

また、受験資格を証明する為に必要な書類
揃えられるか否かも確認しなければいけません。

受験資格は、国家資格を
持っている場合と持っていない場合で条件が異なります。

 

国家資格がある場合

ケアマネの試験を受けるために
保健・福祉・医療分野での国家資格を持っている場合は、

5年以上、900日の実務経験があることが条件となります。

 

保健・福祉・医療分野での国家資格とは…

 

  • 介護福祉士
  • 社会福祉士
  • 看護師
  • 准看護師
  • 理学療法士
  • 作業療法士
  • 栄養士(管理栄養士を含む)
  • 薬剤師
  • 医師
  • 歯科衛生士

 

などがあげられます。

 

国家資格がない場合

国家資格がない人でも、条件を満たせば受験が可能になります。

老人福祉施設や在宅介護業務に従事する人、施設長などで、
5年から10年の実務経験があれば受験が可能です。

 

ヘルパー2級や社会福祉主事任用資格を持っている人も
実務経験があると受験できます。

ただし、介護をしていた実務経験といっても、
家族を介護していたということは受験資格にはなりません。

 

更に介護支援専門員実務研修受講試験に合格しても、
すぐにはケアマネにはなれません。

合格後、「介護支援専門員実務研修」を修了する必要があります。

 

これは32時間以上の研修で、
全日程を出席して修了するという条件です。

そこまでが終わると、
介護支援専門員証をもらう手続きができるようになります。

 

各都道府県に登録申請を出し、受理されると
都道府県の知事が発行する「介護支援専門員証」が交付されます。

 

看護師からケアマネ|まとめ

いかがでしたか?

 

看護師をしながらケアマネの資格を目指す人は意外にも多く、
医療の知識を必要とする介護業界に喜ばれることから転職も可能です。

 

ケアマネになるためのポイントは…

 

  • 資格取得するための受験資格があるか否かを確認する
  • 国家資格のある・なしで実務経験の年数が変わるので注意する
  • 試験合格後、「介護支援専門員実務研修」を修了する必要がある

 

看護師であれば「国家資格あり」になるので、
受験資格の条件は分かりやすいですね。

将来を見据えた転職を考えて、
様々な方向への道を切り開くことも必要です。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです