介護福祉士の受験資格がややこしくてよく分からない。

実務経験日数ってどうやって計算するの?

受験資格に満たなくても、受験できる場合があるって本当?

 

SPONSORED LINK

 

大学を卒業後、介護の職場で働きたいと思うのなら、
介護福祉士の資格を取っておくと非常に有利になります。

 

でも介護福祉士は誰でも受験できる資格ではありません。

受験資格が必要なのですが、これが非常にややこしく、
受験生の頭を悩ませているのです。

 

更に、最近受験資格が変更になったことで様々な情報が飛び交い、
より分かりづらくなってしまいました。

 

今回は、そんなややこしい介護福祉士の受験資格について、
初めて受験する方にも分かりやすく解説していきます。

介護福祉士を目指している方、是非、参考にしてください。

 

介護福祉士になるまでの流れを見てみよう!

2_110_1

Original update by : 写真AC

 

まずは介護福祉士の資格を取るまでの流れを見てみましょう。

代表的な3つのルートをご紹介します。

 

  1. 実務経験ルート
  2. 福祉系高校ルート
  3. 養成施設ルート

 

1.実務経験ルート

学歴、性別、国籍などに関係なく
実務経験3年以上+実務者研修」で、受験資格が与えられます。

試験は筆記試験のみで、実技試験は免除になります。

 

2.福祉系高校ルート

・平成21年度以降入学者

介護実習を含む必要単位を取得し、
卒業すれば受験資格が与えられます。(卒業見込みでも受検可)

試験は筆記試験のみです。

・特例高校

必要単位を取得し、
卒業後9か月以上の実務経験を積めば受験資格が与えられます。

筆記試験と実務試験を受けます。
(介護技術講習を受ければ実務試験は免除)

 

3.養成施設ルート

福祉系以外の高校卒業後、
各種養成施設を経験した後、登録および認定を受けます。

 

・介護福祉士養成施設の場合

2年以上の経験

・福祉系大学や社会福祉士養成施設の場合

卒業後、介護福祉士養成施設1年以上の経験

 

2021年度までは国家試験を受けずに介護福祉士になれますが、
2022年度からは養成施設を卒業後に試験を受けることが義務になります。

 

 

2017年度~2021年度までの卒業生は、5年間は介護福祉士を名乗れますが、
その間に試験に合格するか、連続して介護の業務に従事しなければ、
その後は介護福祉士の資格を失います。

 

今現在、福祉系の大学などに通っているのであれば、
3.の養成施設ルートで資格を取ることが一番の近道になります。

 

福祉系以外の大学であれば、
卒業後に介護福祉士養成施設に2年通うという手もありますが、
また学費が掛かってしまいますし、後々国家試験を受ける必要が出てきます。

1.の実務経験のルートで受験資格を得た方が現実的でしょう。

 

次に受験資格についてより詳しく解説していきます。

 

介護福祉士試験の受験資格は?

ここでは、実務経験ルートでの受験資格を中心により詳しく解説します。

受験資格に必要な下記の2つの要件は、
具体的にどのようなものなのでしょうか。

 

  • 実務経験3年以上
  • 実務者研修

 

実務経験3年以上

児童分野、高齢者分野、障害者分野などの介護施設において、
従業期間3年(1095日)かつ、従事日数540日以上、
従事した経験のことをいいます。

 

・従業期間とは

実務経験の対象となる施設(事業)及び職種での在職期間です。

在職期間には、「産休、育休、病休」等の休職期間が含まれます。

・従事日数とは

従業期間内において実際に介護等の業務に従事した日数のことです。

1日の勤務時間は問いませんので、
パート職員などの短時間労働者でも大丈夫です。

ただし、年次有給休暇、特別休暇、出張、研修等により
実際に介護業務に従事しなかった日数は除きます。

 

実務者研修

ここが改正のポイントになります。

 

平成28年度の試験(平成29年1月実施)から、
養成施設等における「実務者研修」が必須になりました。

実務者研修とは、
旧ホームヘルパー1級と介護職員基礎研修が1本化したものです。

 

実務者研修は、
介護系資格の有無や実務経験に関わらず受講可能ですが、
無資格&未経験の場合、受講時間は450時間
修了まで6カ月ほど掛かるのが一般的です。

一度受講すれば有効期限はありませんので、
時間のある学生時代に受講しておくとよいですね。

 

実務経験日数の計算はどうやるの?

2_110_2

Original update by : 写真AC

 

実務経験の日数計算は、
一か所の介護施設で3年以上働いていれば簡単に計算できますが、
それ以外の場合はどのように計算したら良いでしょうか。

 

  • 複数の事務所に勤務した場合は合算してもいいの?
  • 複数の事務所を掛け持ちして勤務した場合は?
  • 3年以上の実務経験はどの時点で達成していればいいの?

 

複数の事務所に勤務した場合

例えば、A事務所を退社してB事務所に入社。
その後C事務所に異動になった場合。

A、B、C、3つの
「従業期間」と「従事日数」を合算することが出来ます。

その場合、3つの事務所から実務経験証明書を取り寄せる必要があります。

 

複数の事務所を掛け持ちして勤務した場合

例えば、X事務所とY事務所を掛け持ちしていた期間がある場合。

同じ日に2か所以上の事業所で業務を行なった場合、
「従業期間」「従事日数」はそれぞれ1日として扱います。

 

3年以上の実務経験はどの時点で達成していればいいの?

介護福祉士の筆記試験は毎年1月に行われます。

願書の受け付けは前年の8月~9月になりますので、
それ以前に3年以上に達していれば何も問題ありません。

しかし願書提出時に達していなくても、今後の出勤日を推測して
翌年の3月31日までに達成する見込みがあれば、受験することが出来ます。

 

従業期間が足りているか不安な方は、
社会福祉振興・試験センターのHPの「従業期間計算表」で確認してみて下さい。

 

介護福祉士試験の受験資格に満たない場合はどうする?

受験資格に満たない場合は、受験を諦めるしかないのでしょうか。

ケースごとにご説明します。

 

  1. 従業期間あるいは従事日数のどちらかが足りない場合
  2. 願書提出日までに実務者研修が修了していない場合
  3. 職種が介護の実務経験と認められない場合

 

1.従業期間あるいは従事日数のどちらかが足りない場合

従業期間と従事日数は、両方満たさなければなりません。

どちらかが足りない場合は受験できませんので、
次の試験までに満たすようにしましょう。

 

2.願書提出日までに実務者研修が修了していない場合

12月31日までに実務者研修が修了する予定なら、受験できます。

その際は、実務者研修の実施者から交付される
実務者研修修了見込証明書」を願書に添付します。

しかしその後期限までに実務者研修が修了しなかった場合は、
介護福祉士の試験に合格しても無効になりますので注意して下さい。

 

3.職種が介護の実務経験と認められない場合

介護福祉士の実務経験は、

 

  • 指定された施設において
  • 介護等の業務に従事したと認められる職種

 

で業務した期間だけがカウントされます。

 

例えば、介護施設で相談業務に就いていた場合は、
施設の方はOKですが、介護に従事したとは認められません。

社会福祉振興・試験センターのHPに
実務経験の範囲」が細かく載っているので、
自分が働いている施設や職種が該当しているかどうか確認しましょう。

 

介護福祉士の受験資格|まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

介護福祉士の受験資格は3つのルートがあり、
非常にややこしいので、正確に理解することが大切です。

実務経験で受験する場合は次の事に注意しましょう。

 

  • 3年以上の実務経験(従業期間と従事日数)は足りているか。
  • 実務者研修は12月31日までに終了するのか
  • 働いている施設や職種は該当しているか

 

介護福祉士の資格はどの介護施設でも歓迎されますので、
転職などに非常に有利になります。

働きながら資格を取ることは大変ですが、
是非、チャレンジしてみて下さい。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです