介護試用期間として働いているものの… 想像以上にキツイ

介護試用期間中の退職って可能なの?

円満に退職するにはどうすればいいの?

SPONSORED LINK

 

介護職に内定が決まった場合、
多くの施設で介護試用期間を設ける場合が多いです。

しかしこの介護試用期間中に介護職の現実を知って、
退職を考える人も少なくありません。

 

そこで、

  • 介護試用期間中でも退職は可能なのか、
  • 誰に言えばいいのか、
  • 退職時に知っておいたほうがよいこと、

などなど…

 

介護試用期間中の退職についてまとめました。
同じような悩みを持つ人は是非、参考にしてくださいね。

 

介護試用期間って何のためにあるの?

4_363_1

Original update by:Green Chameleon

 

介護の仕事でない人には
あまり馴染みの言葉ではない「介護試用期間」ですが、

これは一般的な会社で言うところの「研修期間」と同じようなものです。

 

その介護施設に内定は決まっているものの、
実際に正社員として働き始める前に
1か月~3か月ほど介護試用期間として施設に務めます。

 

その目的は、介護の仕事とはどんなものかを知ってもらう事や
その施設の他のスタッフとの関係性などを
学んでもらう場としてのテスト期間になります。

 

その施設でスムーズに働き始めるために介護試用期間があります

この介護試用期間によって、
その施設で働くための擬態的なイメージを確立させたり、

先輩の動きを見てどのようにふるまったらいいか学んだり、
その施設の雰囲気に慣れるという大切な時期になります。

 

介護試用期間を設けることにより、
いきなり働き始めるよりもスムーズに仕事を始められますし、

他のスタッフとの顔合わせもできるので、
お互いに一緒に働くんだという意識が生まれます。

 

また基本的な仕事内容を知る場でもあるので、
試験期間だからといって油断はできません。

この施設で働くという意識を強めるためにも、
社会人としての決意を固める期間ともいえます。

 

介護試用期間中に退職することはできるのか?

介護の仕事は想像していた以上に厳しい現実が待っています。

これは実際に介護職に就いた人や、
その現場を見た人でないと分からない世界かもしれません。

 

いくら介護の仕事に夢を抱いて
やる気満々で入社したとしても、あまりに厳しい現実に
介護試用期間中に挫折していく人も少なくありません。

 

あくまで試用期間だからいつでも辞められる?

試用期間というのが、
「お試し期間」「見習い期間」と勘違いしている人が多いです。

試用期間だからといって、嫌だったら、続けられないと思ったら
すぐに辞められるというのは間違った解釈です。

 

基本的には正規採用されている人と同じ扱いになります。

 

「施設側と介護士のお互いが合うかどうか?」という期間で、
合わなければいつでも辞めていいという制度ではないので
安易に考えないほうが良いでしょう。

介護試用期間中とはいえ、
内定をもらっていることに変わりはありません。

 

では辞めたいと思っても、退職はできないの?

安易に退職できると考えるのは良くありませんが、
かといって退職できないわけではありません。
実際に介護試用期間中に退職を考える人も少なくありません。

 

基本的には退職は可能です。

しかし内定が出ているので、
きちんと流れに沿って辞める必要があります。

 

流れの具体例は次の項目で書いていきます。

 

介護試用期間中の退職はいつ誰に伝えればいいの?

4_363_2

Original update by:カメラ兄さん

 

原則として、介護試用期間中の退職には以下のことがあります。

 

  • 即日辞職は基本NGである
  • 退職の申し出はなるべく早くすること
  • 自己都合退職は2週間で成立する

 

それでは、
介護試用期間中に続けていけない、辞めたいと考えた場合、
まず誰にそれを切り出せば良いのでしょうか。

 

 ①施設長 / ②直属の上司 / ③同僚

 

正解は「②直属の上司」です。

 

よくいきなり施設長に申し出る人がいますが、
まずは1番お世話になっている直属の上司に伝えましょう。

施設長に言った場合、
「上司には伝えてあるのだろう」と理解されてしまう場合があります。

 

するとあなたが辞める直前まで、
直属の上司が知らなかったということになりかねません。

仕事内容を分かっているのは直属の上司なので、
後の引き継ぎなどのことも考えると適切でしょう。

 

時に辞めたいということを、
直接は言いにくいからメールで済ませるという人がいますが、
これは社会人としてNGですね。

必ず上司に時間をもらい、自分の口で直接気持ちを伝えましょう。

 

退職したい旨をどのくらい前に伝えればいいかというと、
本来は1か月前というところですが、
試用期間ということもあり最低でも2週間前には伝えましょう。

 

その際にいつ辞めたいのかという
期日をはっきりさせておくことも重要です。

「今月いっぱいで辞めます」ということで、
退職の意志が固いことが伝わります。

 

また、施設側の人員の確保や、
業務引き継ぎにも最小限の影響で済むので、
退職後の施設側の対応もスムーズに進めることができます。

 

採用が決まっていることから、
退職届の提出を求められるので準備しておきましょう。

直前になって「今日で辞めます」というのは、
社会人として非常識です。

 

介護試用期間中に退職する際に知っておくべきことは?

介護試用期間中とはいえ、退職をしたいということを伝えて
受理してもらえれば万事OKというわけにもいきません。

退職する際に知っておかないと
今後の転職に不利な状況に陥る可能性もあるので、
ポイントを押さえておきましょう。

 

雇用保険・社会保険などの手続きを確認する

企業に就職すると社会保険に加入することになります。

健康保険も会社側で負担してもらえるのですが、
退職となると健康保険証を返却しなければいけません。

喪失証は国民健康保険に加入する際に必要になるので、
必ず入手しておきましょう。

 

次の職場が決まっている場合にも、
入社日が退職日の翌々日以降の場合は、
社会保険・厚生年金ともに切り替えが必要になります。

企業によってはこういった試用期間中の退職者の可能性を考えて
試用期間中は保険手続きを行っていない場合があります。

そういった事例も含めてよく確認するようにしましょう。

 

給料の支払いの確認

介護試用期間中といえども、それまで勤務した給料は支払われます。
支払いについて不安がある場合は、確認しておくとよいでしょう。

労働基準法では、従業員からの請求があった場合、
企業は退職日から7日以内に賃金を支払うように定められています。

 

万が一、支払いがない場合は請求することができます。

自己都合で退職する場合も、
それまでの賃金はもらう権利があるのです。

 

介護試用期間の経験を履歴書に記載できるか

次の転職活動で履歴書を書く際に、
試用期間に退職したことを履歴書に書くか迷う人は多いです。

試用期間といえども、その施設に採用されたのですから
必ず職歴欄への記入はすべきです。

 

隠そうとすると見つかった場合に、
「経歴詐称」により「懲戒解雇の対象」になる場合もあります。

理由を記載する場合は、「一身上の都合により」と書きましょう。

 

介護試用期間退職|まとめ

いかがでしたか?

 

介護試用期間というと、
「その施設でのお試し期間」「本採用を決めるための期間」
と考えますが、実際は通常の正社員と同じ扱いと考えましょう。

 

もし介護試用期間中にあまりの激務に続けられない、
理想と現実のギャップに耐えられない、

などの理由により退職を考える場合は、
正社員と同様に手順に沿って進めていくことが可能です。

 

職歴にも残ってしまうので、
できれば介護試用期間中の退職は避けたいところですが、
無理に続けたとしてもあなたのためにも会社のためにもなりません。

介護試用期間中に退職をする場合も円満退職を心がけましょう。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです