頑張ってケアマネの資格を取ったけど仕事が辛すぎる・・・

ケアマネに将来性なんてあるの?

今のこの辛い状況から抜け出す方法は?

 

SPONSORED LINK

 

・膨大な書類に押しつぶされそうです。
・無理難題を押し付ける利用者家族の対応が辛いです。
・自分の作ったケアプランが現場から無視されています。
・夜間や休日に呼び出されて休む暇がありません

 
私が相談に乗ったケアマネの悩みや不満の声の一部です。

ケアマネジャーは介護職の難関資格であり、合格率は年々低下し、資格を取得するにはかなりの努力が必要です。しかし、必死に勉強してやっと資格を取ったのに、ケアマネの仕事を辞めてしまう人がたくさんいます

今回は、せっかく頑張って取ったケアマネの仕事を辞めたいと思ってしまう理由と、そのような辛い状況から抜け出すための方法について考えていきます。

精神的に追い込まれてしまう前に、一緒に打開策を見つけましょう。

ケアマネの仕事を退職する人が多い理由とは?

1

Original update by:Rosegarden

職場の人間関係が悪い!

職場の人間関係が最悪です。
私の職場は年配の方が多かったのですが、年下の私が作るケアプランが気に入らなかったようで、なかなか順守してくれません。
どんな点がダメなのか教えて下さい、と聞いてもハッキリ指摘してくれず、聞こえるように文句を言うばかりです。
介護士同士でも派閥があり、影で悪口を言い合っているような職場でしたので、こんなところに長くいても人間的に成長できないと思い退職を考えています。

 
退職理由として、職場の人間関係は常に上位に挙がります

特に介護職は女性が多い職場ですし、年代も経歴も様々な方が集まるので、ドロドロとした人間関係に陥りやすいと言われています。
ケアマネとしては、作ったケアプランを「気に入らないから」という理由で無視するような行為は耐えられません。

しかし、全ての介護施設がそのような職場ではありません。
中には、職員全員が高い目的意識を持って、お互いに助け合っているような職場も存在します。
人間関係の悩みが退職理由の場合、他の職場へ転職することで解決出来る可能性があります

施設と利用者家族との板挟みに耐えられない!

ケアマネの仕事は利用者に最適なケアプランを作成することだと思っていましたが、現実はかなりかけ離れています。
施設側からは「とにかく件数取ってきて!」とプレッシャーを掛けられますが、利用者の家族からは「そんなにお金は払いたくない!」と怒鳴られます。
どちらの意見も尊重していると、利用者本人に最適なケアプランからどんどん遠くなっていき、いったい誰のために働いているのか、分からなくなってしまいました。

 
「自分がケアマネになったら、利用者にもっと良いケアプランを提供できるのに・・・」
そう思ってケアマネを目指していた方も多いと思います。

しかし実際にケアマネになってみると、
・施設側からは営業を強いられる
・家族からは、安上がりなプランを求められる
ということが多く、利用者本人に最適なプランを提案することが難しくなっていきます

高い理想を持ってケアマネになった方ほど、現実とのギャップに悩まされることになります。

利用者は待っていても来てはくれませんから、最低限の営業は必要でしょう。しかし、介護の質を上げることを理念にしているような介護施設では、利用者の事を第一に考えています。そのような施設へ転職すれば、悩みは半減するでしょう。

ただし、利用者家族からのクレームはどのような施設に転職しても逃れられない、という覚悟も必要です。

仕事の量が多すぎて、自分の時間がほとんど持てない!

私の要領が悪いからかもしれませんが、とにかく仕事の量が多くて大変です。
代行申請のための書類や打ち合わせに使う書類など、膨大な書類に囲まれて訳が分からなくなることもありましたし、期限までに提出しないといけない書類作成に追われて、残業も当たり前です。
休日も仕事の電話が度々掛かってきて、全く休んだ気持ちになれず、自分の時間を楽しめません。
法改正もたびたびで、ついていくのが精一杯です。
精神的にきつくなって退職を考えています。

 
ケアマネの仕事には期限付きの提出書類などもあるため、それに間に合わせるために残業することも多いです。
また、平日の昼間にケアプランの相談を行うことが難しいご家庭もあるため、夜間や土日に利用者宅を訪問しなければならないこともあるでしょう。

新人ケアマネの場合は、単純に仕事に慣れていないだけで、慣れてくれば難なくこなすケースが多いです
しかし、長年ケアマネをやっていても仕事量が一向に減らないと感じるのであれば、無理な業務量を押しつけられている事や、ケアマネの仕事自体が合っていない可能性もあります。

仕事量に見合うお給料がもらえない!

職場でたった一人のケアマネだったので、全て私のところに回ってきて仕事量は非常に多かったです。残業も休日出勤も当たり前のようにこなしていたのに、夜勤のある介護職時代とお給料はほぼ同じです。
仕事帰りに学校に通って、時間とお金をかなり掛けてケアマネの資格を取ったのに、あまりにも見返りが無くて、何だったのだろうと思います。

 
ケアマネは受験資格を得るだけでも大変です。一生懸命勉強して難関資格を突破したにも関わらず、それがお給料に反映するのかというと、実際には期待はずれに終わることも多いです。

しかし、全ての施設でケアマネのお給料が低いかといえば、そうではありません。
今までの経験と頑張りを考慮して、400万円以上の年収を提示している施設もあります
より待遇の良い介護施設を求めて転職することで、悩みが解決できる可能性があります。

「でも、そんなに辞めたいと思う人が多いのであれば、ケアマネって将来性の無い仕事なのでは?」
と思う方もいらっしゃるかもしれません。
次に、ケアマネの将来性について見ていきましょう。

ケアマネの仕事に将来性はあるの?

ケアマネを担当するには資格が必要です。

ケアマネは、資格試験に合格した後に「介護支援専門員実務研修」を修了しなければ、実際の業務に就くことができません。

 

平成9年に介護保険制度がスタートすると同時に設けられた資格だったので設立当初はケアマネの人員確保のため、割と簡単に取れる資格でした。

 

しかし徐々に合格率は低下し、現在では難易度の高い資格となっています。

それではケアマネの資格を取るのは難しいの?

確かに厳しい業界ではあると思います。

しかし今後20年に及ぶ、超高齢化社会に向けてケアマネの需要は確実に高まっています。

 

ケアマネの職務域は拡大されていますし、何と言っても昔と違うのは「ケアマネージャー」の知名度が上がり、地域の身近な存在として認識されています。

 

ケアマネについても様々な研修体制が整えられて、国をあげてのケアマネの質の向上に力が注がれています

ケアマネの資格取得のためにサポート体制を整えている職場もあるので、上手に利用して資格取得を狙ってください。

この先、どんなことに期待できるの?

介護保険制度がスタートした頃は何もお手本がない状態で進められていましたがそこからいくつもの改正が加えられ、見直しが行われることで徐々に制度が定着しつつあります。

 

介護ビジネスの発展は目覚ましいものがあり、毎年新しい制度が導入されたり、働き方の幅も広がっています。

ケアマネの職業としての将来性は期待できると言えるでしょう。

 

特に専門性をもつケアマネージャーには、下記のようにまだまだキャリアアップの道が残されています。

・主任ケアマネージャー

・居宅介護支援事業所の管理者

 
今後さらに社会的な認知度が上がり、社会的な地位も高くなることが期待されるのがケアマネなのです。

ケアマネの仕事を退職するタイミングはいつ?

2

Original update by:acworks

ケアマネの仕事を辞めたいと思っても、次のような理由から、なかなか辞める決心がつかない方もいらっしゃいます。

・資格を取るまでの長い道のりを考えたら、そう簡単には辞められない。
・ケアマネの仕事を始めてまだ日が浅いのに、辞めるのは甘えている気がする
・自分が辞めてしまったら、職場の同僚に迷惑が掛かってしまう。

 
ケアマネの方は実務経験が長いため、ギリギリの人数で回している現場の状況を痛いほど分かっています。
そのため、自分が辞めた後に迷惑を掛けてしまうことを考えて、退職を言いだせないことが多いのです。
また、直ぐに辞めるのは「甘え」だと思って、我慢してしまうこともあります。

しかし、精神的に辛くて身も心も壊れてしまいそうなのであれば、退職を躊躇う必要はありません
うつ病などになって正常な判断が出来なくなる前に、次の仕事を探した方が良いでしょう。
周囲のことよりも自分のことを優先にしてください

そんなツライ現実から抜け出す方法は?

しかし、いくら辛いからと言っても、明日、突然辞表を提出するのは社会人として考えものです。
また、辞める前に次の就職先を決めておくべきでしょう。
それには次のような理由があります。

・次の職場が決まっていないと、引き留められてズルズルと辞められなくなってしまう
・収入が途絶えてしまうため、焦って次の職場を決めてしまう(結果、再び失敗してしまう…)

 
しかし、ただでさえ仕事量の多いケアマネの仕事をしながら、次の職場を探すのは非常に大変です。
そんな時に強力なサポートとなるのが転職支援サービスです。

転職支援サービスに登録をすると、専任のコーディネーターが付いて二人三脚で転職活動を進めていきます
今の仕事を辞めるべきか、留まった方が良いのかなどについても、客観的なアドバイスを貰えますので、転職する決心がつかない方も、一度相談してみる価値があります

また、転職と一口に言っても、次の3通りの方法が考えられます。

・異業種へ転職する
・別の介護施設に転職する
・ケアマネを辞めて介護士に戻る

 
どのような転職をするのかによって、相談する場所も変わってきます。

介護じゃない業界へ転職するタイミングは?

介護職から異業種へ転職するのであれば、今すぐに転職活動を始めましょう。
年齢が上がれば上がるほど、転職が難しくなります

しかし、自分がやりたい仕事は何なのか、どのような仕事が向いているのかなど、転職の方向性はしっかりと考える必要があります。

異業種への転職でお勧めの転職支援サービスとして、「リクルートエージェント」が挙げられます。

○ リクルートエージェント
転職成功実績No.1(転職市場定点調査より)であり、その知名度も抜群です。
「転職支援サポート」に申し込むと、担当のキャリアアドバイザーが付いて、次のようなサポートをしてくれます。

・希望条件や転職の方向性の確認
・今までのキャリアの棚卸をし、あなたの魅力や強みを整理
・求人情報の読み取り方、業界分析から選考のポイントなどを教えてくれる
・応募書類の添削や面接へのアドバイス

異業種への転職は心細い事が多いですが、キャリアアドバイザーとの二人三脚なら、乗り切ることが出来るでしょう。

また、ハローワークや転職情報誌では扱われない「非公開」の求人を含めて、求人数が10万件以上あることもお勧めの一つです。
あなたの希望に、より近い求人を探し出してくれるでしょう。

介護業界での転職のタイミングは?

では、介護業界内で転職する場合はどうしたら良いでしょうか。
こちらの場合も、転職活動を始めるタイミングは早ければ早い方が良いでしょう

介護業界内での転職でしたら、介護職専門の転職支援サービスを上手に活用しましょう。
特にお勧めの転職支援サービスとして、「メドフィット」が挙げられます。

初めての転職を考えるなら無料電話面談ができる「メドフィット」

メドフィット

メドフィットは医療・介護業界に特化した転職サービス会社で、業界でもトップクラスの求人数を誇り、優良条件の非公開求人が多い事で有名です。

医療・介護職全般に関わる転職を扱っているので、病院から介護施設まで幅広い職場から希望の職場を探してもらえます

特徴は専門のエージェントが付いてきめ細やかに対応してくれることです。
この転職エージェントは現場に直接足を運んで情報収集しているので、「現場の生の情報」を知ることができます

登録はもちろん無料です。会員サイトには転職に関するノウハウが多数掲載されていますので、初めての転職の方にはおすすめです。

メドフィットボタン

ケアマネの退職理由について|まとめ

いかがでしたでしょうか。

介護職の中で最難関と言われるケアマネの資格を取っても、実際に仕事を始めてみると、理想と現実のギャップに悩まされたり、より複雑な人間関係に悩まされたりして、精神的に仕事を続けることが難しくなることがあります

そのまま続けることでうつ病などを発症してしまっては、元も子もありません。
正しい判断が出来る今のうちに、現状から抜け出すための行動を起こしましょう

具体的には、

・異業種へ転職する
・別の介護施設に転職する
・ケアマネを辞めて介護士に戻る

などの方法が考えられます。

働きながら転職活動をするなら、転職支援サービスを賢く活用することをお勧めします。
異業種への転職ならリクルートエージェントなど、転職成功実績の多いエージェントを選ぶと良いでしょう。
また、介護業界での転職なら、かいご畑などの介護職専門の転職エージェントにお願いすると、具体的な職場情報などを得ることも出来、希望に近い求人を見つけやすくなります。

転職した方が良いのか留まった方が良いのか悩んでいる方も、コーディネーターからの客観的なアドバイスを得ることが出来ますので、一度相談してみることをお勧めします



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです