病院介護職に興味があるから転職しようかな…

でも病院介護の現実って?甘くない?

 

SPONSORED LINK

 

介護士の仕事をしていると高齢者のお世話から障害者の介助まで

幅広く働ける場所があります。

 

その中に含まれるのが病院介護職という方向です。

病院なのでつぶれることはないし、近くに医師や看護師がいる環境は働きやすいと考えて病院介護職に転職を考える人も多いです。

 

しかし本当に良いことばかりなのでしょうか。

 

ここでは病院介護職とはどんなものか、病院介護職の現実を見ていきましょう。

 

病院介護職ってどんな仕事?特別な資格は必要?

1

Original update by:MICHY

 

 

病院介護職とは一体どんな仕事をする場所なのでしょうか。

これは一般的な介護職とはちょっと見方が違います。

 

 

・お世話をする場所が病院であること

・介護というよりは医療という色が強いこと

・老人ホームでは対応できないような疾患を持つ方が対象

 

 

同じ介護保険サービスでありながら、介護施設よりも医療色が濃いのが病院介護です。

サービスを提供するのは主に看護師が中心になります。

 

場所が病院なので、何かしらの病気をもって入院している利用者がほとんどでより医療的なケアを求められます。

 

利用者の目的としては以下のことがあげられます。

 

 

・入院治療中に身の回りの手伝いができる家族がいない場合

・病状が安定したものの長期に渡る療養が必要な場合

 

 

24時間医療関係者の医療サービスを受けることができるので急変の可能性があっても安心して利用することができます。

 

介護士の役割としては、通常の介護施設で行う内容と変わりありません。

 

 

・食事介助

・排せつ介助

・身体介助

 

 

ただ、病状が悪化する可能性を秘めた利用者が多いので扱いが慎重になりますし、細かい注意が必要になるでしょう。

 

介護士が病院介護に携わるには介護職員初任者研修、実務者研修が必要になります。

もちろん、介護福祉士の資格は必要です。

 

病院介護職は楽じゃない!?大変な理由とは?

 

介護の仕事をしていると、仕事がツライ、休んだ気がしないという声をよく聞きます。

そんな中、「病院介護の方が楽だよ」などという甘い言葉につられてしまうのです。

 

私もそのうちの一人・・・

 

病院介護は病院という場所での介護ということでもし利用者に万が一のことがあっても、

すぐに医師や看護師の助けを呼べるのは心強いです。

 

介護施設では看護師が常駐している施設は少ないですし夜勤などで利用者の体調が急変しても介護士でどうにかしなければいけません。

 

最悪、死に至るケースに命の重さや、仕事の重大さを感じるのも介護士として辛い部分ですよね。

そういった部分は医師や看護師が担当してくれるので、一見、気楽に見えます。

 

仕事内容も介護施設とそんなに変わらないと考えると病院介護の方が楽そう、

という感想を抱くのは自然の流れでだと思います。

 

しかし現実は違いました。

 

 

・医療の現場で介護士の出る幕はない

・医師や看護師にとって介護士は「使い走り」でしかない

・通常の介護と病人の世話にはズレがある

・看護師に嫌味や文句を言われ人間関係が悪化する

・病院独特の雰囲気に馴染めない

 

 

病院はやはり医療現場であって、介護職が中心の世界ではありません。

病気の人がいて、それを治療できる医師と、サポートできる看護師の独特の世界があります。

 

そこに医療の知識もない介護士がいても、場違いなんですね。

介護以外は何もできないのですから、ただ立っているだけ、見ているだけという場面もありました。

 

すると、医師や看護師から「使えない人」「雑用係」というような目で見られます。

介護職としての誇りやプライドがズタズタにされてしまうのです。

 

プライドなんてない、楽に仕事ができればいい、嫌味も気にしない

そんな人であれば病院介護は良いのかもしれません。

 

しかし自分の仕事に誇りもプライドもゼロという人は少ないのでは?

「仕事が楽そう・・・」の裏には、そういった大変な現実が待っていたのです。

 

病院介護職の求人には注意が必要?その体験談は?

2

Original update by:acworks

 

 

病院介護の仕事を希望するのであれば「楽そうだから」という理由で転職するのはおすすめできません。

 

実際に楽そうだからといわれて、病院介護士になった人が1年足らずでまた転職していくのを何人も見てきました。

 

以下に病院介護士を経験した方の体験談をいくつか紹介します。

 

病院介護職について|まとめ

いかがでしたか?

病院介護職は一般的な介護というよりも、入院患者のお世話という観点から見て楽そう、というイメージを受けがちです。

 

しかし現実は医療現場なので、知識が少ない場合や経験が浅い場合は看護師の使い走りのようになり、介護士として働いているとは言いにくいでしょう。

 

病院介護職に就くのであれば医療に興味があり、多少の医療知識があることが必要です。

甘い考えを捨てて本当に病院介護がやりたいのか否かで判断するようにしましょう。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです