病院介護職って今より仕事が楽で高待遇!?

介護職員と何が違うの?

 

SPONSORED LINK

 

介護施設で働いているものの、待遇や上司への不満や将来への不安から転職を考えていませんか?

資格があるなら、介護資格を活かした職につく方が、全く別の職種で一から始めるよりリスクは少ないです。

 

そこで注目されているのが病院介護職です。

病院という安定した場所での介護は、介護施設とどんな違いがあるのでしょうか?

 

ここでは介護施設と病院介護の違いや、病院介護職求人の見つけ方など

病院介護についてご紹介します。

 

病院介護職求人の特徴や仕事内容は?

%ef%bc%91

Original update by:acworks

 

 

病院と言えば医師や看護師が中心に働いているイメージがありますよね。

しかし多くの病院では介護士も多く活躍しています。

 

病院介護と呼ばれるもので、看護師の補助、排泄介助、食事介助、入浴介助、リネンの交換などが主な仕事になります。

 

介護施設とは違って病気で入院している利用者の介護になるので医療の知識も多少は必要です。

 

介護の仕方にも通常の介護施設とは異なる部分が多々ある職場となります。

介護施設とは似ていても、全く異なる現場だということを頭に入れておきましょう。

 

介護施設の様にケアプランやカンファレンスに関わることはほとんどありません。

高齢者が多い病床での食事や排せつの介助が大きなお仕事です。

 

そんな病院介護職の求人はどんな雇用形態が多いかというと…

 

 

・シフト制

・夜勤ありなしは病院による

・賞与・退職金制度の有無

・医療の知識がある人を優遇する病院が多い

 

 

病院介護士として働きたいのであれば、まず医療に興味があることが前提です。

医療用語が飛び交う中、医療の知識を必要とする対応を学ばなければならないからです。

 

ただ給料が良いとか、雇用形態が良いという理由だけで選ぶと就職してから「こんなはずではなかった」と悔やむ結果になるかもしれません。

 

病院介護職求人と施設職員求人を比べてみると?

 

病院介護士と介護施設職員はどちらもお仕事なので、良いことも悪いこともあります。

一概に「こっちの方がいいよ」とは言えないのが「働く」ということです。

 

ではそれぞれのメリット・デメリットを比較してみましょう。

 

  • メリット

 

病院介護士のメリットは介護施設に比べて給料が高いところ。

介護士の多くが給料の低さに将来的な不安を覚えています。

 

病院介護士は入院している患者さんの身の回りのお手伝いをすることです。

介護施設にくらべて仕事内容は緩やかなのに給料が高いのは嬉しいですね。

 

また介護施設に比べると利用者に動きがないのでコミュニケーションはあまり求められません。

淡々と利用者の介護をするというルーティンワークになる場合もあります。

 

寝たきりの人のおむつ交換やベッドの移動介助など基本的に機械的に作業が進みます。

療養型・リハビリ型・精神科・整形外科・認知症専門といった様々なタイプを相手に介護ができます。

 

一方で介護施設職員は介護士としての知識や経験を積むことができます。

利用者とコミュニケーションをとって寄り添う介護をするならこちらでしょう。

 

利用者から感謝の言葉が聞けたり、与えたことに対して何かしらの反応があるのは勉強にもなりますし、励みにもなります。

 

1日中付き添わなければいけないこともあり、重労働には違いありませんが介護士としてのキャリアアップやプライドを守りながら働きたいのであれば介護施設職員が良いでしょう。

 

  • デメリット

 

病院介護士のデメリットはあくまで看護師の助手というところです。

病院では医療の知識がなければ、手を出すことができない場面が多々あります。

 

多少の介護ができる看護師がいればなおさらのこと、介護士まで仕事が回ってこないことがあります。

更にそのことで看護師から嫌味を言われることも。

 

病院介護は病気の人の介護なので、通常の介護とは勝手が違う部分も多いです。

介護資格を取った時に得た知識だけでは太刀打ちできない場面が相当あると思ってください。

 

介護士らしい仕事がしたいのであれば、病院介護士として働くのはおすすめできません。

 

介護施設職員のデメリットは、ほとんどの場合に夜勤があることです。

日勤だけでも肉体労働を強いられ、精神的にもボロボロになっているのに、夜勤はツライです。

 

1人で何人もの利用者をお世話しなければならないので、疲労は蓄積される一方です。

夜間の急変や怪我、転倒などで責任を負わされることもあります。

 

介護士としての仕事はできますが、慣れるまでは精神的にも体力的にもキツイでしょう。

 

病院介護職求人の探し方・選び方とは?

%ef%bc%92

Original update by:acworks

 

働く上で職員が生活に不安を覚えず、職場の人間関係が良好だと

職員は必然的に介護に集中することができるので、サービスを向上させることができます。

 

髙いサービスを提供できれば自然と利用者も施設に来てくれるので

経営も安泰という好循環が生まれます。

 

しかし現実はそう上手くはいきません。

様々な企業が介護業界に潜入してきた結果、競争が始まります。

 

競争で1番使われるのが値下げ競争となるので

介護業界も低価格でのサービスが目立ち始めました。

 

そんな中で好条件な就職先を探すにはどうしたらよいのでしょうか。

待遇の良い介護の仕事のひとつとして「病院介護職」があります。

 

  • 好条件の病院介護職求人を探すのであれば、時間がかかることは覚悟しよう

 

好条件の就職先というのは、やはり辞める人も少ないのが特徴です。

誰もが働きやすいと感じたら、そこで仕事を続けようとするのは当たり前ですよね。

 

またそういった職場はハローワークなどに出回らない非公開求人にしている場合が多いのです。

もし見つけ出せたとしても、しっかり面接が行われるので、面接の対策を練ることも必要です。

 

そうなってくると、1人の力ではどうにもならなくなってきますね。

 

そこで活用したいのが転職サイトです。

しかもCMなどで有名な大手転職サイトよりも、介護職を専門に扱う企業がおすすめです。

 

非公開求人を扱う企業も多く、更にはあなたの希望に合った転職先を紹介してくれます。

そこで病院介護職に就きたいとなれば、闇雲に探すよりも効率よく見つけることができるでしょう。

 

病院介護職では介護の知識の他に医療の知識のある人を優先する傾向にあります。

少しずつでも医療の知識をつけておくと、より多くの求人に応募できるでしょう。

 

その際に転職を紹介してくれる企業のアドバイザーに職場の雰囲気や人間関係など聞けることは確認しておくと良いでしょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

病院介護職も良い面、悪い面があるのは否めません。

あなたにとってどちらが向いているのかを見極めて判断してください。

 

病院介護職に就くためのポイントは…

 

・医療に興味があり、学ぶ姿勢があること

・あくまで主役は医師と看護師なので、その環境に耐えられること

・ハローワークよりも介護士専門の転職サイトを選ぼう

 

病院介護職で好条件な転職先を見つけるのであれば、介護専門の職場をあっ旋してくれる企業を選びましょう。

非公開求人などに良い条件の求人が隠れていますよ。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです