もう今の会社を辞めたい!

でも引き留められて辞められない・・・

 

SPONSORED LINK

 

勤めている会社を辞めるという決意が固まってもなかなか言い出すのは難しいですね。

良い報告ならいいのですが、退職願となるとどんなタイミングで切りだすべきかも分かりません。

 

また勇気を出して、辞めると伝えても引き留められて辞めるタイミングを失ってしまうケースもあります。

結局何も変わらずにモヤモヤしたままでは意味がありません。

 

ここでは、退職した旨を伝えるタイミングや引き留められた時の断り方など退職までスムーズに進むような流れをまとめました。

 

退職の旨はいつ誰に伝える?

%ef%bc%91

Original update by:Rosegarden

 

 

退職したいと考えた時は、いつ、誰に行ったらいいのでしょうか?

 

 

・いつ → 退職を決断したらすぐ

・誰に → 直属の上司

・どこで言う → 会議室に呼び出す、1人の時を見計らう、人目のない場所で

・どんな方法で → 直接会って口頭で伝える

 

 

まず退職したいという気持ちを上司に伝える前に、その意志が強固なものか確認しましょう。

仕事ができる人ほど、退職を切り出しても引き留められる傾向にあります。

 

引き留められて気が変わったといって、そのまま退職を取り消す場合がありますが一度、辞めたいということを伝えた以上、居心地は悪くなってしまいます。

 

引き留められて気が変わるくらいなら、初めから退職など切り出さない方が良いです。

ですから、退職を切り出す前に、何を言われても揺るがない強い気持ちがあることが重要です。

 

気持ちが固まったら、なるべく早い段階で直属の上司に相談しましょう。

事前に「お話があるのでお時間ありますか」など、口頭でもメールでもいいので時間をあけてもらいます。

 

そして他の人に話が漏れない場所を選んで、直接口頭で退職したい旨を述べましょう。

退職の意志をハッキリと伝えたら、退職日、引継ぎなどを含めた退職に向けてのスケジュールを自分で立てて上司に相談しましょう。

 

退職願は書面で作成し、退職日が決まった後で、直属の上司に提出します。

ポイントは自分の意志をハッキリと伝えることです。

 

引き止められにくい退職理由はコレ!

 

退職したいことを伝えると必ず「理由」を聞かれます。

その理由があやふやだと退職を認めてもらえなかったり、引き留められたりと厄介です。

 

しかし理由によっては相手も納得して引き留めにくい理由があります。

いくつか例にあげて見ていきましょう。

 

  • 事例① 次の仕事が決まっているパターン

 

 

・次にやりたい仕事内容が決まっている

・今の職場ではできない業界へ進みたい

・目標に向かって具体的に行動していることを伝える

 

 

今の職場での仕事は勉強になったので、ステップアップしたいと思い憧れていた○○業界への転職を考えています。

 

○○業界へ向けての勉強やセミナーなどに参加していく中でより、仕事への意欲がわいています。

 

こんな感じで、次にやりたいことがハッキリしている場合は引き留めにくいです。

しかも、今の職場では絶対にできない仕事となると手出しはできないでしょう。

 

さらに既に勉強を始めているなど、新しい道へ進み始めているとより良いでしょう。

 

  • 事例② 自分をステップアップさせるためを主張

 

 

・自分の不備のために実績が上がらなかった

・休日出勤が多くて、家族との時間が取れなかった

・自分を高めるための勉強する時間が確保できる環境に行きたい

 

 

業務実績が上がらず、自分なりに努力はしたものの結果は変わりませんでした。

自分の力量が及ばなかったのは残念ですが、今の経験を他で役立てたいと思います。

 

休日出勤が多く、家族との時間がとれないことにずっと悩んでいました。

自身が成長するための勉強時間などが確保できる業務に就きたいと考えています。

 

思うような成績が残せなかったことや、プライベートの時間が取れないことなどを

理由にして、あくまで成長したい、今後も努力したいという面を押しています。

 

今の会社ではやれることはやった、という達成感のようなものを前面に出してみましょう。

家族との関係などを入れるとより、具体性が増します。

 

退職したいのに引き止められた時の断り方とは?

%ef%bc%92

Original update by:acworks

 

退職を申し出た時に、ほとんどの場合「理由」を聞かれその理由によって引き留める要素があると、引き留められてしまいます。

 

その場合、押しに負けてしまう人もいますが、一旦、辞めると決めた以上断る方向で考えておいた方が良いでしょう。

 

引き留められた場合の断り方の例をあげていきます。

 

①強い意思表示をする

 

辞めるという意志表示が弱いと相手に弱みに付け込まれてしまいます。

ですから、初めからハッキリと意思表示をする断り方が大切です。

 

それは「引き留めには応じない」という姿勢です。

引き留められて残留してしまうと「今後もこいつは引き止めれば退職しない」と思われるだけです。

 

するとどんどん退職が難しくなる可能性が高まるだけになります。

ですから一度目でしっかりと意思表示を行い、退職の意志を明確にする断り方をしてください。

 

②感謝の気持ちと働けない理由をハッキリ伝える

 

退職を引き留められるのは社員が少ないという理由を除いては

あなたの能力を評価している意味なので、全部が悪いとはいえません。

 

しかし退職の決意が固いのであれば、とにかく相手のペースに巻き込まれないことです。

まず引き留めてもらったことには感謝の気持ちを述べましょう。

 

その後に、どうしてもこの会社で働けない理由を簡潔に伝えるのが良い断り方です。

この断り方は相手が最も反論できないといわれる断り方です。

 

③退職までの手順は自分で決めて提示する

 

退職を引き留めようとする側は、どうにかして自分のペースに巻き込んであなたの退職を止めようとします。

 

そこでペースにからめ捕られてはおしまいなので、毅然と退職までのスケジュールなどを考えて「こういった流れで進めさせてください」と自ら提示しましょう。

 

同様に退職日も相談して、なるべく早くに決めてしまい、あとは、スケジュールに沿って引継ぎを行い、会社に迷惑をかけない状態で退職しましょう。

 

あなたの毅然とした態度に、引き留める側も何も言えなくなります。

相手を「仕方ないなぁ」と思わせることが、スムーズな退職へと繋がります。

 

まとめ

いかがでしたか?

 

退職を決めるのは大きな決断です。

だからこそ、ちょっと引き留められたくらいで揺らぐような気持ちでは、退職は叶いません。

 

退職を切り出す際のポイントは…

 

 

・退職の意志が固まったらできるだけ早く切りだすこと

・退職理由をしっかりと述べて、退職の意志が固いことを伝える

・引き留められた場合は、これまでの感謝を述べ上で、働けない理由を簡潔に伝える

 

 

言い出せなくてモヤモヤしているのが1番良くありません。

確固とした意志が固まったら、退職に向けて行動を起こしましょう。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです