介護職を続けたいけど低賃金なので将来が不安。

介護職で待遇を良くしてもらうには、やっぱり資格が必要?

頑張って介護福祉士の資格を取れば、必ずお給料は上がるの?

 

SPONSORED LINK

 

介護の仕事はかなりの重労働ですが、
その割にお給料は低いし、なかなか上がる気配が無い…。

こんな現状に不満を持っている介護職の方は大勢います。

 

資格も持ってないしお給料が低いのは仕方が無いかな、
と思う反面、このままお給料が上がらなかったら、
将来どうなってしまうんだろう、という不安に悩まされますよね。

 

今後も介護職を続けていくのなら、
将来のためにも介護福祉士の資格を取った方が良いのでしょうか。

でも資格を取るには、学費も勉強時間もそれなりに必要です。
もし、頑張って資格を取ったのにそれがお給料に反映されなかったら…
そう思うと、なかなか踏ん切りがつきません。

 

今回は、介護福祉士の資格とお給料の関係について調べてみました。

果たして資格を取れば必ずお給料は上がるのでしょうか?
介護福祉士を目指すかどうか迷っている方は、是非、参考にして下さい。

 

介護福祉士になるための条件とは?

128_01
Original update by : 写真AC

 

介護福祉士は思い立ったら誰でも受験できる資格ではありません。
受験するには条件があります。

まずは次の2つのポイントについて押さえておきましょう。

 

  1. 介護福祉士の受験資格
  2. 実務者研修の費用

 

1.介護福祉士の受験資格

学歴、性別、国籍などに関係なく
実務経験3年以上+実務者研修」で受験資格が与えられます。

 

・実務経験3年とは

高齢者や障害者などの介護施設において、

従業期間3年(1095日)かつ、従事日数540日以上、従事した経験

のことをいいます。

・実務者研修とは

旧介護職員基礎研修と旧ホームヘルパー1級が一本化された資格です。

介護福祉士の試験を受験する前に研修を終わらせる必要があります。

実務者研修を修了するまでには、
無資格の場合、450時間の授業を受ける必要があります。

これには最低でも6ヶ月程掛かる、と言われています。

 

2.実務者研修の費用

実務者研修は、地方厚生局長の指定を受けた
実務者養成施設(スクール)に通って受講します。

当然ですが学費が掛かります。

通信制や通学制で異なりますが、100,000円~250,000円くらいと、
スクールによってかなりバラつきがあります。

雇用保険の教育訓練給付金を使えば、費用を抑えることも出来ます。

 

介護福祉士を受験する前に、
実務経験を積みながら、実務者研修のスクールに通う
という準備が必要となります。

その後も、介護福祉士の本試験に向けて試験勉強をしなければなりません。

 

仕事帰りに学校に通い、休日も勉強するのですから相当の覚悟が必要です。
費用も掛かりますので、資格取得後にお給料が上がるかどうか、
気になっても当然ですね。

 

介護福祉士の資格を取れば給料は上がるのか?

介護福祉士を受験するには、
その前に相当の準備期間とお金が掛かることが分かりました。

では、介護福祉士の資格を取れば、必ずお給料は上がるのでしょうか?

 

答えはYes!と言いたいところですが、
残念ながら全ての介護施設が同じような待遇ではありません。

資格ごとに手当を設けているかどうかは、事業所によって随分とがあります。

待遇の良い事業所と、それ程でもない事業所との違いを比べてみましょう。

 

○ 待遇の良い事業所

  • 介護福祉士の資格手当として5,000円~2万円の手当あり
  • 職員が資格取得しやすいよう、シフトを調整してくれる
  • 実務者研修の費用を補助してくれるケースも!

 

○ 待遇の悪い事業所

  • 介護福祉士の資格を取っても無資格&未経験者と待遇は変わらない
  • 資格を取るための協力体制は特に無い

 

あなたが勤めている介護施設はどちらになりますか?
待遇の良い事業所なら、是非、資格取得を前向きに考えてみましょう。

 

反対に待遇の悪い事業所だったら、
介護福祉士の資格を取ることにメリットを感じられませんね。

そんな場合は資格を取っても無意味なのでしょうか。
そこはあなたの考え方次第です。

 

まず、介護福祉士の前段階である実務者研修を受けることで、
サービス提供責任者」になることも出来ますし、

「たん吸引」や「径管栄養」が学べるので、
出来る仕事の範囲がグッと広がります。

 

また、今後の超高齢化社会において
介護の分野はまだまだ成長が見込まれます。

介護福祉士の需要は高まる一方ですので、取っておいて損は無い資格です。

 

試験勉強には体力も要りますので、年齢が少しでも若いうちに取っておいた方が
飲み込みも早いですし何かと有利です。

 

介護福祉士が良い待遇を受ける方法とは?

128_02
Original update by : 写真AC

 

今働いている介護施設が、
資格取得に協力的で無く、資格を取っても待遇が変わらない、

いわゆる待遇の悪い事業所だった場合、
少しでもお給料を上げるために出来ることは何でしょう。

 

それはズバリ!転職です。

 

介護業界は今、次のような二極化が進んできています。

 

○ 職員の待遇を良くすることで介護の質を上げ、入居者を増やしていく事業所

介護福祉士を優遇しており、研修制度なども充実しています。

 

○ 職員を使い捨てのように扱うので介護の質が落ち、入居者からの評判も悪く、やがて淘汰されていく事業所

介護職員が辞めてしまっても、未経験者OKの求人を出して補充すればよい、
という考えで、職員の研修制度なども特に設けていません。

 

今働いている施設が、後者の 「職員を使い捨てのように扱う事業所」
だったとしても落ち込むことはありません。

無資格で未経験の場合は、最初の職場として、
そのような事業所に当たってしまう確率が高いのです。

 

待遇の良い事業所は、採用時に経験や資格を重視しますので、
今はそのための修行だと思って頑張ってみてはいかがでしょうか。

介護福祉士の受験資格を得るための経験を積み、
実務者研修を受ける準備を始めるのです。

そしてタイミングを見計らって待遇の良い事業所に転職しましょう。

 

転職のタイミングは、介護福祉士の資格を取る前でも構いません。

待遇の良い事業所では、
職員の満足度が高く離職率も低いので、めったに求人が出ません。

常に周囲にアンテナを張って、情報収集をしておきましょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

介護福祉士の資格を取るには、
実務経験3年以上+実務者研修」が必要になります。

時間もお金も掛かりますが、資格を取ったからといって
全ての事業所でお給料が上がるわけではありません。
少しでも待遇を良くしたいと思ったら、

 

  • 資格手当や研修制度が充実している事業所に転職する
  • 転職の時に有利になるように、介護福祉士の資格を取るための準備を始める

 

この2つが大切です。

 

お給料が少ないことを嘆いていても何も始まりません。
今すぐ、行動を起こしましょう。



良く読まれている記事

介護職を辞めたいけど次になにをしたら良いのか分からない方へ

その年収低すぎない!?自分の適性年収を調べる方法!

介護職内で待遇改善をはかるには?

人間関係で悩んでいる方へ

介護職を辞めて他業種へ転職する方法    

介護職の転職にはメドフィットがお勧めです

理由その1.病院勤務から介護施設勤務まで業界トップクラスの求人数!

メドフィットは看護職専門の転職サイトで、求人数は業界トップクラスです。全国含めて幅広い求人を扱っているので、病院勤務や介護施設勤務、在宅など希望の求人を効率よく見つける事ができます。

また、介護施設に関する情報は、転職エージェントが実際に現場に足を運んで収集しているので「生の声」を高い精度で聞くことが出来ます。他の転職サイトでは取り扱っていない優良介護施設の求人を非公開で扱っているので、納得のいく条件の介護施設を見つける事が可能です。

ちなみに、メドフィットを活用して転職を成功させた方の70%が、知人介護士にメドフィットを紹介しているほど満足度の高い転職サポートサービスです。

理由その2.専門エージェントのサポートで最短3日のスピード入職も可

メドフィットの強みは、専門エージェントの手厚いサポートとスピード力。転職エージェントが現場に足を運んで得た生の情報を聞けるので、納得のいく決断が出来ると好評です。

よくある「希望と違う求人ばかり紹介される」「サポートがなくて転職活動の進め方が分からない」「本当に転職すべきか自信がない」などの心配や不安に対して、しっかりとサポートを行ってくれるのがメドフィットのメリットです。

理由その3.夜間・土日対応が可能でサポート利用料はすべて無料

メドフィットは介護施設から運営費用をまかなっている為、サービス利用料はすべて無料です。

また、介護職員は夜勤などの理由で「思うように転職活動が進められない」という問題がありますが、メドフィットは夜勤・土日も対応可能です。

ちょっとした相談から、深刻な相談までいつでもどこでも誰でも相談する事が可能なので、初めての転職の方には特にお勧めです